年を越えてまた田代岳

2018年1月7日(日)曇り
天気と雪を期待して出発・・・
どんよりとした空を見ながら国道7号を進み、岩瀬方面へ進む・・・最初の部分が例年になく林道が荒れている。大広手登山口に着いたら山谷さんのパーティが出発の準備をしていた。私が準備していたら、左手の尾根へ向けて登って行った。私は、前回と別コースということで、9時49分に出発して少し先にある林道のへピンカーブから登り始めた。雪が深く少し重い!太ももに来そうだ!何度も休みながら徐々に登った。結構深い雪に喘いだ。やっとの思いで九合目雪原に出た!山頂がうっすらと見え、山谷さんパーティらしき人達が、山頂ドームを下ろうとしていた。雪原を横切って進む6人パーティの人達もいた。私もようやく山頂に向かった。山谷さんパーティは下って行ったが、後続の6人パーティとはほぼ一緒になった。山頂で、神社も主もいない鳥居の前でお参りをして、下る準備をした。下ろうとしたが、雪面が良く見えない。まあ適当に下ってみたら深雪に突っ込んでしまった。愛嬌!あとは下るだけだが、緩斜面になると雪が深くて進まなかった。少し傾斜があった斜面の方が良かったようだ!13時16分大広手口に着いたが、誰も下って来ていなかった。きっと上の方で楽しんでいることだろうと思いながら・・・ハンドルを握って林道を下った。


雪が多そうだ!空も明るい!
2018010701

ヘアピンカーブにあるカーブミラーも埋まりそうだ!
2018010702

いつもは余り見ない所で、クマ棚が沢山あった。
2018010703

自分に似せようと思って頑張ったが、あごが長くなりすぎた!
2018010704

ようやく山頂が見えた。ポツンと山谷さんパーティが見えた!
2018010705

神社も主もいない山頂!鳥居だけが淋しく立っている!主はどこに行ったのだろうか?
2018010706

6人のパーティが雪原を横切って下って行った。
2018010707

初スキーはやはり田代岳

2017年12月23日(土)晴れ
少し遅めに大広手登山口に着いた。準備して9時50分出発。今日のブーツは、テレマークを始めた10年程前に買ったクリスピーのCX-Pにしてみた。踵が少し痛いが、何も問題ない。気温が高いためか雪は重いが沈まない。どこを登るか迷ったが、登山口から左手の尾根を目指した。日が差し始め、青空が見え始めた。初スキーだったが、12時に何とか神社が解体され鳥居しか残っていない山頂に着くことが出来た。シールをはずして下り始めるが、山頂ドームの雪は硬い!一部モナカ状態。何とか無事に下って、九合目の雪原を辿り、1080m付近で、いつもの粗末なランチタイムにした。誰も登っていないような雰囲気。この天気がもったいない!食事後下り始める。気持ちいい~♪(/・ω・)/ ♪
下るにしたがって、気温が上昇したためか?雪が重くなり、樹から落ちた雪がアチコチにあって滑りにくい!これも試練!慎重に下って、13時15分大広手口に着いた。
田代岳大橋の近くにある五色湖ロッジでは、改修工事が行われていた。

大広手登山口から登り始めて尾根が近づくと、青空が見え始め日が差してきた!
2017122301

尾根を登って、急なところを登りながら下の方を振り返ってみた。
2017122302

1000mを越えると、樹には霧氷が付き、青空に輝いていた。
2017122303
2017122304

ようやく山頂ドームが見えてきた!
2017122305

山頂ドームの基部付近から岩木山を撮した。
2017122306

神社が解体され鳥居しか残っていない。雪の間からブルーシートが見えていた。来年は避難小屋が出来るはずだが・・・
2017122307

下るぞー!っと九合目の雪原を見たが、決して雪質は良くなかった。
2017122308

下って雪原を歩きながら、山頂方面を振り返った。誰もいない!もったいないなぁ!
2017122309

天気に促されて白神岳へ

2017年11月28日(火)晴れ後曇り・風弱く穏やか
久々に天気が良いのだからと白神岳へ行くことにした。
白神岳へ行く時には朝ゆっくり出掛けるのだが、今回は雪が少しありそうだということで、いつもより1時間程早めに出発。国道101号を北上すると、前方の奥に白い白神岳が見えた。8時頃登山口駐車場に着いて準備する。駐車場には私の車のみだった。こんなに天気が良いのに・・・と思いながら8時21分出発。登山届けを出す記帳所に着いたら、何とナリユキさんの車があった!彼のことだから、早朝に登っただろうと思った。
チラホラ雪があるが、歩行に問題は無い。無積雪期に履くマインドルの靴を履いてきた。一度ビブラムを張り替えたが、かなりくたびれてきた靴だ。二股分岐を過ぎて徐々に雪が増える。最後の水場に着いて、先行するナリユキ氏のトレースを見たら、スノーシューを履いたようだ。私は持って来ていなかったので、そのままつぼ足で進んだ。蟶山分岐を過ぎると徐々につぼ足では辛くなる。雪の残っている春の山で良くあるように、時々ズボッと埋まりバランスを崩す。標高1000m近くからは、腰近くまで埋まることも度々。スノーシューのトレースを見ると羨ましい!時計を見たら11時25分だったので、11時半頃まで頑張ろうと思って、頑張ったが、余り進まない!11時40分まで頑張ったところでギブアップ!ランチタイムとすることにした。同時にナリユキさんにメールを出したが、返事が来ない。どうしたんだろう?いつもの粗末なランチを食べて、12時28分下山することにした。ナリユキさんは下って来ない。どうしたんだろう?
下りは足が取られるが、それでも楽だ!しばらく下ってから、後方からチリンチリンと鈴の音が聞こえてきた。視認出来るようになってから声をかけたら、ビックリしていた。そこからは一緒に下った。結局、我々2人だけの白神岳だった。14時52分記帳所で、ナリユキさんと別れ、私は下の駐車場に向かった。帰る準備をしていたら、車で下って来たナリユキさんが手を振って行った。穏やかだったが空には曇が出始めていた。

登山届けを出す記帳所の所まで登ってきたら、ナリユキさんの車があった。
2017112801

二股分岐のところではほとんど雪が無い。
2017112802

最後の水場の所で、ナリユキさんがスノーシューを履いたようだった。
2017112803

蟶山分岐付近は、結構雪が多くなった。
2017112804

標高1050m付近の展望の良い所で、艫作岬方面を撮す。
2017112805

標高1090m付近で前進を断念!上部を撮ってみたが、樹が邪魔して良く見えない。
2017112806

断念したところで、ドカッと座っていつもの粗末なランチタイムとした。天気が良くて気持ち良い!
2017112807

下りの途中、後方から鈴の音が聞こえて写真を撮ったが、姿が見えない。少し下って待っていたら、ナリユキさんが現れた。
2017112808

1カ月ぶりの山は白神岳

2017年11月10日(金)曇り
10月14日に左脚ふくらはぎの肉離れ!予定していたきみまち二ツ井マラソンも断念!
1カ月近くなったので、天気も良さそうだし、そろそろ良いか?と白神岳へ出掛けることにした。
自宅を7時頃出て、途中でコンビニに寄って食糧を調達。国道101号を北上、県境を越え青森県に入り、7時50分に登山口駐車場に着いた。秋田ナンバーの車が1台あった。
準備して8時10分出発。記帳所で登山届けを出して登山道に入る。脚の痛みはないが無理はしないようにと、いつもよりは少しスローペース。ブナの葉も落ちて冬のたたずまい。蟶山分岐に近づいたら、下山してくる男の人が!昨晩、山頂の避難小屋に泊まっての下山だということだった。大館の人で、しばらく山の話が続いた。お別れを言って登り始める。思った以上に脚は順調だった。むしろ右脚の膝が痛い!歳だな(-_-;)・・・視界が開けると主稜線上の低灌木に霧氷が付いているのが見える。その中を歩いて、11時15分山頂に着いた。時々風が吹くが思った程寒くない。写真を撮って避難小屋に入り、昼飯にした。寒いがダウンを着る程でもない。
12時ちょうどに下山開始。霧氷も徐々に落ちて、登ってきたときの景色は無かった。順調に下って、14時20分登山口の駐車場に着いた。今朝とは別の秋田ナンバーの車があり、男の人が着替えをしていた。どうも途中で引き返して来たようだった。比較的穏やかな天気で良かった!明日から荒れるようなので、次の山はいつになるだろうか?

標高1000m付近。木々の葉が落ち、雪が降るのを待っているような風景。
2017111001

主稜線上を山頂へ向かって歩きながら、振り返って艫作岬方面を見る。次の写真は、少し進んで山頂方面を見た。低灌木に付いた霧氷がキラキラ輝いていた。
2017111002
2017111003

山頂で久し振りに自撮りしてみた。ストックにカメラを固定し、セルフタイマーで撮ってみた。じいさんになった自分を再確認!ほうれい線も深くなって歳相応だな!
2017111004

避難小屋に入ってランチタイム。いつものように手作り感の無い粗末なランチだ!
2017111005

山頂で能代方面を撮ってみた。火力発電所の煙突から白い煙(水蒸気?)が出ていた。
2017111006

岩木山はいつもよりクッキリと見えていた。八合目付近から上は白かった。
2017111007

白神岳紅葉情報

2017年10月6日(金)曇り
あちこちの山では初冠雪のようだ。白神岳の紅葉は?っと出掛けてみた。天気予報では晴れ後曇りだったが、朝から全天雲!日差しは無い。
登山口駐車場には10台以上の車!いつもの遅い9時31分の出発。記帳所で登山届けを出して出発しようとしたら、距離などを示している看板が新しくなっていた。風も無い静かな道を淡々と歩いた。蟶山分岐を過ぎるまで誰とも会わなかった。ブナの葉は青々として紅葉の気配は無い。それでも、蟶山分岐を過ぎると少しずつ紅葉した樹が散見されてきた。大峰分岐の手前の急斜面を上がったら紅葉した斜面が見えてきた。やはり例年のように10月中旬がピークになるような気がした。全天に広がる高層雲の下で12時10分誰も居ない山頂に着いた。ところが山頂からは延々と広がる大展望が待っていてくれた!展望を楽しみながらゆっくり昼食を食べた。12時40分一眼カメラを持ってくるべきだったと後悔しながら下山開始した。下りながら艫作岬の方を見たら、その奥の方に島らしきものが見える。帰宅して調べたら、奥尻島の南にある松前町の大島だった。白神岳からは初めて見た景色だった。途中、避難小屋泊のパーティとすれ違ったりしながら順調に下って、14時56分登山口駐車場に着いた。

記帳所のある登山口の看板が新しくなっていた。英語表記も!
2017100601

二股分岐では、古いままの看板の横に新しいものが横たえてあった。蟶山分岐までこのように運ばれた新しいものがあった。
2017100602

最後の水場から蟶山分岐までの間のブナ林は青々として紅葉はまだだった。
2017100603

蟶山分岐付近のブナの樹を見上げたが写真の通りだった。
2017100604

1000mを越えると、写真のように紅葉し始めていた。
2017100605

大峰分岐を過ぎて、蟶山への尾根を見下ろすと、なかなかきれいな紅葉だった。
2017100606

光の関係だろうか?二股コースのある尾根の方がきれいに見えた。
2017100607

山頂からの景色。向白神岳方面の尾根はきれいな紅葉だった。岩木山も八甲田もクッキリと見えていた。
2017100608

能代の街の前方に大潟村が!その奥に鳥海山が見えていた。
2017100609

矢印の位置に松前町の大島が見えていた。別の場所からは、大島の右に小島が見えた。カメラがカメラだけにすっきりとを写っていません!悪しからず!サムネイル表示にしたので、画像の上でクリックして大きな画像を見てください!
2017100612


最後の1枚は、左端の岩木山からスタートして右へとパノラマ写真を撮ってみました。サムネイル表示になっているので、クリックして拡大!してからご覧ください!
八甲田は直ぐわかるかと思いますが、岩手山・森吉山・太平山がわかるでしょうか?拡大して良ーく見てください!
2017100611
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード