八幡平!紅葉はもう少し!

2009年9月25日(金)
いつもアスピーテラインを車で上り、パスしていたルートを歩いてみた。
八幡平ビジターセンター(大沼)→大谷地湿原→長沼→草の湯分かれ→八幡平頂上→見返峠→鏡沼→蒸ノ湯登山口→大深温泉→後生掛温泉→焼山への登り標高1110m付近でUターン→(道迷い)→後生掛(大沼)キャンプ場→八幡平ビジターセンター(大沼)

歩いた距離
21km余り(道を迷ったのを含め)

標高差アップダウンは考慮無し、最初と最後の標高差のみ
ビジターセンター→山頂<登り650m>
山頂→御所掛温泉<下り630m>
後生掛温泉→焼山の登りUターン地点<登り130m>
Uターン地点→ビジターセンター<下り150m>

8時半過ぎ大沼のビジターセンターを大谷地方面へ出発して間もなく泥火山がある。しばらく留まって観察。白っぽい泥の成分は何だろう?熱源は何だろう?熱源に地下水が熱せられたんだろうが、それにしても不思議?



しばらく登り少し下ると大谷地に出る。草紅葉が進み綺麗だ!日が差さないので写真にコントラストがない。残念!
大谷地湿原


更に標高にして60m登って30m下ると長沼に出た。静かな湖畔でゆっくり写真を撮る。紅葉はまだまだだなあ!
長沼


更にフジ谷地を通過し、草の湯分岐を過ぎ11時40分頃八幡平山頂に着く。展望台に登り老夫婦がセルフタイマーで写真を撮ろうとしていたのでシャッターを押してやる。山頂は人が多くイヤになり、八幡沼とガマ沼の間を通り見返峠へ移動する。写真の左端を見るとわかるように沢山の人がいる!何だろう?
八幡沼


見返り峠のトイレ前のベンチで景色を楽しみながらおにぎりを食べる。この時は多くのハイカーの存在は気にならなかった。今日の岩手山は雲の中に隠れていた。
見返峠


この後はアスピーテライン側の登山道を下り蒸ノ湯登山口で車道に出て大深温泉へ下り、山道を2.2km程歩いて後生掛温泉に出る。焼山へ登るには時間が遅い!15時過ぎを目処にUターンと考えて焼山へ向けて登り始める。しかし標高1110m付近で時間切れ、少し休み水分補給。下って大沼を目指す。ところが澄川を徒渉してベコ谷地へ登って行ったりして、何度も道に迷いながら、ようやくキャンプ場に着き、大沼を通りビジターセンターの駐車場に16時13分着。ビジターセンターに寄り、大場谷地ルートや積雪期の柴倉岳や三方高などのルートについて聞く。この後向かいのレークインで温泉に入る。写真はレークイン前の檻に入っているツキノワグマ!山では絶対会いたくない!
ツキノワグマ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント非公開のお嬢さんへ!

お父さん(はっつぁん・・・ある人がこう呼んでいます)を誘うなんて!とても私には出来ません!山に関しては雲の上の人ですから・・・m(_ _)m
二ッ井に勤務していた頃には、息子さん(ご兄弟かと・・・)が良く職場に本の注文などで、いらしていたので「お父さんは元気ですか?・・・」などと話していました。決まって「商売投げて、山へ行ってばかり・・・」などと話していましたが、全然困った様子は感じられませんでした。許されていたのですね!羨ましい!
お父さんから山などのアウトドアを取り上げないように・・・山にも行かなくなると老けますよ!山と渓谷の9月号を見ましたか?元気なお父さんが載っていますよ!写真の姿が本当のお父さんですよ!
激励してやってください!

また私のブログに来てください!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード