映画「剱岳・・・点の記」

2009年6月28日(日)
今日は、映画「剱岳・・・点の記」を見てきた。新田次郎の原作を読んでストーリーを知っていたので、ストーリーの先がわかり映画を見ていて話の展開に驚いたり感動したりということが余りなかった。最近はCGで作られた映画に慣らされているためか、実際に剱岳での撮影で苦労したということが迫るようには感じられなかった。また、せっかく地図を作るための測量なのだから、当時(明治時代)の地図にこだわらずに、現在の地図をもとにした解説が挿入されていたらわかりやすく面白くなったのではないだろうか?剣岳へ何度か登った人にとってはわかっていることでも、登ったことのない人にとっては、地名を言われても、一体どこから登り、どこの風景なのかさっぱりつかめないと思う。ただ、室堂、仙人池、剱御前、天狗平などでの紅葉や雲海の風景は素晴らしかった。登山技術では時代が時代だけに面白いこともなく、ただ1つ面白いと感じたのは、棒ズリ(グリセード)で雪の斜面を下るシーンだけだった。岩から転落してロープが切れ雪面に落ちるシーンは、もっと撮影技術を駆使しても良いのではないかと思った。その点では、映画「クライマーズハイ」での谷川岳・一の倉沢でのクライミングシーンの方がリアリティがあって面白かった。VFXを駆使したからか?映画館のホールにいる人達は私と同じような世代(中高年)ばかりで若い世代が全くみっられなかった。ちょっと淋しく思った。きっと今年の夏は、剱岳へ登る人が多いに違いない!

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード