秋田駒ヶ岳山域(高校生の大会に同行して)

2009年6月6日(土)~9日(火)
秋田県高等学校総合体育大会登山競技大会に審査委員として同行しました。日程など詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。
大会期間中は雨の天気が続き、展望は全く出来ませんでした。1日目の夜半から2日目の早朝にかけ強風も吹き、五百羅漢から男岳直下までの間が危険と判断し、出発を遅らせて風が弱まるのを待って、荒天対策のコースを歩くことになりました。1988年(昭和63年)の大会も荒れた天気で、車道を八合目まで登り笹森を下ったことを思い出していました。今回は審査委員として、読図とキャンピングを担当させてもらいました。ドロドロになって鶴の湯温泉近くの林道に着き、赤沢に入ってジャブジャブと靴やスパッツ、雨具を洗いました。それでも選手達は良く頑張り、思った以上に故障者も少なく感心させられました。


男岳から阿弥陀池の木道分岐を横岳へ向かう役員。読図審査は常に選手の前方を歩くことになる。この通りガスって周りは良く見えない。
阿弥陀池


横岳と湯森山の鞍部にある沢で、トップで来た大曲高校Aパーティに追い越され、体力審査のゴール地点である湯森山頂まで必死について行く。写真は大曲高校Aパーティの4人!
湯森山直下



荒天対策のコースに入る。湯森山山頂から笹森山の肩にある分岐へ下る。前方は笹森山。笹森山を右へ斜めに下り乳頭キャンプ場を目指す。分岐から右へ曲がって間もなく、土砂が崩れ残雪もあり沢状になった所を横切らなければならない危険箇所が3カ所ほどある。写真の笹森山腹に右へ延びるコースが見える。
笹森山へ


3日目、蟹場から登り、ようやく大白森山頂への木道に着くが何も見えなく、休んでいると寒い!写真は木道を山頂へ向かう役員。Tさん!顔のモザイクが汚くてゴメンm(_ _)m
大白森山頂



3日目鶴の湯温泉に下り、更に1.3kmほど歩くと山の宿キャンプ場だ。写真はキャンピング審査中の男子審査パーティのテント。
山の宿キャンプ場

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード