FC2ブログ

再び田代岳へ

2018年7月20日(金)曇り時々晴
山頂の神社を解体し、避難小屋を建てることになり、モノレールが山頂まで敷設され、その後どうなっているのか気になって出掛けてみた。
少し暑いかな?と思っていたが、やはり暑かった。プレハブを積んだ大型トラックや空の大型トラック数台が林道をゆっくり登って行った。大広手登山口の日陰になっている所に車を駐め、9時57分出発。余り汗をかかない程度にゆっくり登り始める。少し草が登山道を覆っている。上荒沢登山口からモノレールが登って来ている五合目に10時59分に着く。誰とも会わないし静かな田代岳だ。七合目を過ぎた頃、上の方からエンジン音が聞こえる。なかなか近づかない。モノレールの上を移動する台車は歩くスピードより遅いかも?八合目が近づき、ようやく台車の上に人が乗って下りて来た。神社を解体した資材を積んでいる。その後にもう1台台車が下って来た。人が乗る座席が数人分付いていた。2台の台車がゆっくり下って行った。私は九合目の湿原に着いて、湿原全面を覆っていたワタスゲからキンコウカに変わった風景に、季節の移ろいを感じた。11時53分山頂に着いて、避難小屋の建設には着手していないことに、ちょっとがっかりしたが、秋にはきっと完成するだろうと思った。少し山頂部をウロウロして、下って湿原でランチタイムとした。風がそよそよ吹くが日が差すと暑い!12時55分下山開始。下るにつれて暑くなる。七合目を通過したら、下からエンジン音が聞こえてきた。六合目の手前で空の台車に人が乗って登って来た。建設用の資材はまだ来ていないようだ。あとはダラダラと下るだけだった。登山者は私1人だったようだ。14時24分大広手口に着いた。日陰だった車の位置は、日が当たっていた!ドアを開けた車の中は火傷するような暑さだった。クーラーボックスに入れたアイスコーヒーだけは冷たかった!

九合目湿原は、真っ白なワタスゲから黄色のキンコウカに変わっていた。山頂ドームの登山道右側に、モノレールが敷設されていた。
2018072001

山頂の神社跡は立ち入り禁止になり、テントが張られ、モノレールがテント脇まで伸びていた。
2018072002

下って来た台車。2人が乗り、その前に解体した神社の廃材が載せられていた。
2018072003

登って来た台車には何も積んでいなかった。前方の日の当たっている所に1台、後方の日陰の所にもう1台。2台並んで登って行った。
2018072004

九合目湿原全面を覆っていたキンコウカのアップ写真。
2018072005

湿原のキンコウカの中に、所々タチギボウシが咲いていた。これがタチギボウシなのか?コバギボウシなのか?それともエゾギボウシなのかは、素人なのでわかりません!
2018072011

登山口から三合目までの登山道脇には沢山のアジサイが咲いていました。これはガクアジサイで良いのでしょうか?植物は調べれば調べる程わからなくなります。学生時代分類学は不得意でした。分類学や地質学などは、はったりが半分だ!っと友人が言っていたのをおぼえています。
2018072012
2018072013

白神山地世界遺産センター(藤里館)のフェースブックで紹介されていたオニノヤガラ(鬼の矢柄)が突然登山道脇に現れビックリしました。高いものは1m以上ありました。リンク先にフェースブックで紹介された記事があります。同じような仲間のツチアケビは何度か見たことがありますが、オニノヤガラを意識して見たのは初めてです。

2018072014
2018072015

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード