FC2ブログ

初めての雨飾山

2017年9月9日(土)快晴
ある事情で白山に行くことになったのだが、行く途中にある雨飾山に是非登ってみたかった。深田久弥が百名山を選ぶのにかなりこだわった山のようだった。3度目にしてようやく小谷村側から沢をつめて登頂。そして、その後の彼の人生に大きく変化をもたらした山でもあった。
それはさておき、次から次へと登山客の車がやってくる中を、雨飾高原キャンプ場のある登山口から6時ちょうどに出発。、最初の800m程は大海川が流れる近くの平坦な道を進む。それを過ぎると尾根の斜面を登ることになる。出発して40分程したらブナ平というブナ林の比較的平坦な場所に着いた。そこから更に右へ右へと斜面を登っていくと沢の音が徐々に聞こえ始めて荒菅沢への下りになる。60m程下ると荒菅沢に下りた。青空の中に雨飾山の大岩壁が見えた。先行する2人組の登山者が沢を登って行く。それにつられて私の前を行く男性が登って行く。それを見て私も沢を登り始める。前を行く男性が疑問に感じて立ち止まり、私が追い付き地図を出して確認すると、沢を横切って右の尾根に取り付くことになっている。沢をつめるのは深田久弥が登ったコースのようだ。男の人と相談して少し下り右の尾根に入る道を発見。また尾根の急な登りが始まった。登って行くと、徐々にフトンビシの大岩壁が見え始める。何度も喘いで、ようやく8時12分笹平に着いた。急に展望が開け、山頂方面も見えた。少し進むと新潟県側のコースと合流して、間もなく8時36分山頂に着いた。先行していた男性が写真を撮っていた。眼下には糸魚川の街が見え、反対側には北アルプスの連山が延々とつながっていた。行動食を食べて、少し休み大展望を目の奥に刻んだ。
9時4分下山開始。急斜面では登って来る大勢の人達とすれ違った。少し時間がかかった。10時16分荒菅沢に出てホッとした。この先では、誰とも出会わなかった。11時19分登山口に着いたら、先行していた男の人が車に汗で濡れた衣類を干していた。私は、ザックを積み靴を履き替えて、村営雨飾荘近くの村営の露天風呂(無料)に向かった。
入浴後、糸魚川に向かいフォッサマグナミュージアムを見学してから北陸道に乗り、白山の登山口に向かった。

駐車場側から登山口を撮す。建物の真ん中は休憩所になっていて、登山届けもここにある。左は女子用、右は男子用トイレになっている。建物の直ぐ左に登山道があり、その更に左はキャンプ場への道になっている。駐車場は広いが、更に下の方にも大きな未舗装の駐車場がある。
2017090901

最初の800m程は写真のような平坦な道が続く。
2017090902

尾根の急な登りがしばらく続くが、やがてブナ平という比較的平坦なブナ林に着いた。
2017090903

荒菅沢に着いたら、山頂方面の大岩壁が見え始めた。
2017090904

荒菅沢を横切り、右の急な尾根を登り始める。
所々にこのような看板がある。400m間隔に設置されていて、11番まであった。ということは、山頂まで4400mということなのだろうか・・・?
2017090905

徐々に急な登りになり、所々梯子もあった。青空が眩しい!
2017090906

笹平に着いて山頂方面を見る。ようやく山頂が見えた!
2017090907

山頂部は双耳峰になり、写真は長野県側の山頂(こっちが三角点のある山頂)から新潟県側の山頂を見るように撮った。向こうのピークには、左に人がひとり立っている。右には私の前をずっと登ってきた男性が座っていた。新潟県側の山頂には、風化した数体の石仏と祠があった。
2017090908

三角点のある長野県側の山頂。背後には妙高山や火打山が見えた。
2017090909

北アルプス方面の山並み!時間があれば、山座同定が楽しそうな大展望だった。
2017090910

糸魚川の街と日本海が直下に見えた。かつて、この辺の日本海で漁をしていた漁師達は、雨飾山の双耳峰を目印にしていたようだ。
2017090911

下山後に入った露天風呂を道路から撮す。直ぐ近くに駐車場もあり、写真の階段を登って左がトイレ、真っ直ぐ進むと女子用の露天風呂、正面の看板から右に進むと男子用の露天風呂があった。写真撮影禁止とあったので、写真はないが、脱衣場もあり素晴らしい露天風呂だった。ツルツルしたやさしい泉質で気持ち良かった。無料だったが、箱があったので100円だけお礼に置いてきた。近くにあったら毎日入りに行きたい!
私が入った時はひとりだったが、駐車場で昼ご飯を食べていたら、家族連れが何組か来ていた。お勧めだ!
2017090912

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード