久々に田代岳山頂を越えて

2016年10月25日(火)晴れ後曇り
雷岳にも、お地蔵さんがあると聞いていた。山頂の位置(つまりは標柱の位置)が変わってから、お地蔵さんの姿が見えないということだったので、気になっていた。木道の整備に行って、作業2日目は参加出来なかったので、その後の様子を見るのと合わせて出かけてみることにした。
荒沢と大広手のどっちから登ろうかと考え、距離の長い大広手登山口にした。荒沢の薄暗い樹林帯も余り好きではない。車を駐めて出発の準備をしていたら、明らかに登山者だと思われる車が通過して行った。8時55分大広手登山口から出発。林道沿いや三合目辺りまでは紅葉も綺麗であったが、更に上はブナの葉も落ちて落ち葉の絨毯であった。天気が良く、風も無く、気温も低くキーンと引き締まった空気感があった。八合目あたりからチラホラ雪が残っていた。10時18分九合目の湿原に出た。木道の上で写真を撮っている女性がいた。横を通り山頂へ向かった。地糖をストックで突いてみたら硬く凍っていたが、力を入れて突いたら氷が割れた。10時33分山頂の神社に着いた。神社は崩壊が進み、屋根が壊れていたのは西側だったのに東側まで及んでいた。天気が良く大パノラマだ!写真を撮って雷岳へ向かった。刈り払いがされているので歩きやすかった。雷岳の山頂部の尾根に着いてお地蔵さんを探しながら山頂の標柱の方へ進んだ。登山道の両脇は背丈くらいのネマガリダケで覆われ、くまなく探すのは困難だった。10時58分標柱がある雷岳山頂部に着いて、その周辺も探してみたが良くわからなかった。あっさりと諦めて、烏帽子岳のお地蔵さんを見るため、烏帽子岳へ向かった。11時19分八方平に着きそろそろ昼食時間かと思ったが、一気に進むことにした。その直後落ち葉が乗って分かりにくくなっていた泥混じりの水溜まりに膝近くまで落ちた。スパッツを付けていないのでビショビショに濡れた。11時30分烏帽子岳山頂に着いてお地蔵さんを拝んだ。まだ新しいあめ玉とお菓子が供えられていた。写真を撮り、あとは一気に田代岳山頂に戻ることにした。12時28分田代岳山頂に戻り、三角点近くで立ったまま昼食を食べた。展望が良く、鳥海山・秋田駒ヶ岳・岩手山・八甲田山そして岩木山がクッキリと見えていた。神社の裏手で男女2人が休んでいた。12時40分下山開始。晩秋の景色を見ながら、清々しい空気をいっぱいに吸って先を急いだ。木道整備で苦労した場所も確認して、高層湿原ともお別れした。紅葉の写真を撮りながら気持ちの良い下りを楽しんで、14時4分大広手登山口に着いた。空には薄い雲がかかり始めていた。林道沿いの紅葉写真を撮りながら帰路についた。

帰宅してGPSデータを見たら、水平距離や累積標高が白神岳山頂往復とほぼ同じくらいであった。
水平距離13.883km 累積標高約1200m、歩数26674歩

九合目湿原から山頂方面。地糖の表面は凍っていた。
2016102501

スギゴケと雪
2016102502

八甲田連峰。左側(北八甲田)の山々の山頂部が白かった。
2016102503

雷岳山頂。奥に岩木山。お地蔵さんは何処へ行ったのかな?
2016102504

烏帽子岳のお地蔵さん。私は、由来など詳しいことはわからない。
2016102505

烏帽子岳山頂から田代岳山頂方面。左奥に八甲田山、右奥に十和田の山並みが見えた。
2016102506

痛々しい山頂神社。右側(東側)の屋根も一部無くなっていた。
2016102507

落ち葉の絨毯を踏みしめて下った。
2016102508

林道を下りながら、時々車を駐めて写真を撮った。
2016102509

神社前で撮ったパノラマ写真。サムネイル表示なのでクリックすると大きな写真が見られます。
左から皮投岳・五の宮嶽・八幡平と奥に岩手山・その連なりの右端に秋田駒ヶ岳・鷹が翼を広げたような形に見える森吉山・右側に白子森と太平山・その右奥に鳥海山。肉眼では左に男鹿半島が見えていました。
2016102510

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード