ボランティア登山で田代岳へ

2016年9月21日(水)晴れ
秋田県の自然保護課による登山道搭載整備事業ということで、お手伝いをすることにしました。
秋田県の他、大館市の田代総合支所、田代岳を愛する会、県北地区高校山岳部(能代工業高校山岳部)などが力を合わせ、田代岳九合目湿原の木道を再整備した。
当日の朝、大広手登山口に集合し、整備用の道具を背負って登山開始。途中の五合目で小休止をして九合目湿原に着いた。到着後、早速作業を開始した。3年程前に荷揚げした材料は九合目看板の直ぐ下にブルーシートに包まれて保管されていた。そこから必要なだけの材料を運び上げた。湿原の泥炭層下部まで食い込んだ丸太の支柱を抜く作業から開始。1m程泥炭層に食い込んだ支柱はなかなか抜けない!渾身の力を振り絞って、ようやく抜くことが出来る。泥炭層に食い込んだ部分は余り腐っていないが、上部の地面から出た部分はボロボロであった。歩く板の部分はそのまま利用し、板を支える支柱と板を支える横木の部分を交換することにした。作業をするベテランの3人の方達の作業振りを見ながら、素人の私も少しは習熟した。昼食をはさんで作業は進み、徐々に私を「大将!そっち持って!」などと檄を飛ばされるようになる。午後2時頃までに整備した部分は、木道全体から見るとごく一部分だったが、出来た部分を見て満足した。それにしても、力と工夫のいる仕事だった。14時を過ぎて下山開始。四合目の看板も少し修理して下った。大広手口でいただいたノンアルのビールは美味しかった!
翌22日も作業をすることになっていたが、私は私用があり参加出来なかった。自然保護課の皆さんのご配慮で、五色湖ロッジに宿泊し、22日の朝帰ることにした。
21日の夜、能代工業の山岳部が到着し、県職員の皆さんが作った手料理を頂きながら遅くまで楽しいひとときを過ごすことが出来た。
私は、22日朝に作業に向かう方々をお見送りして、自宅へ向かった。

初日の21日は、8人で作業することになった。作業用の道具等を背負ったり手に持ったりして登った。
2016092101

作業の最初は、10cm程の厚さの板(重い!)をはがしてよせる事だった。その後、湿原の泥炭層に食い込んだ支柱を抜く作業になる。写真は、抜いた所に新しい支柱を差し込んだり、支柱の高さ調整をしている場面です。
2016092102

新しい杭を打ち込んで板を戻し、高さ調整をしながら板の下に横木を支柱に固定する作業の場面です。支柱と横木は長いボルトで固定します。
2016092103

結局21日は3スパンしか作業することが出来ませんでした。登ってきて湿原に入り直ぐのところです。
2016092104

10人以上の登山者が登って行きましたが、山頂を踏むことは出来ませんでした。壊れかけている山頂神社の様子が気になりました。
秋田県の事業として、山頂に避難小屋を設置する事業が数年内に始まるようです。その際神社はどうなるんでしょうか・・・気になるところです!
2016092105

翌日(22日)の作業で使う道具は湿原にデポして下りました。写真の場所は五合目です。
2016092106

四合目では、朽ちて倒れている県で設置した案内用の標柱から、金属部分のプレートを外して、金属製の標柱にネジで固定しました。
2016092107

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード