山仲間と田代岳

2016年1月17日(日)曇り
hontaka氏よりメールを頂き、16日か17日に山へ!っということであった。takamasa氏とharatamo氏とも連絡をして日程調整したら、17日に決定。17日が徐々に近づき、天気予報を気にしていた。天気図を見たら沿海州(古い表現ですみません)付近にある高気圧の細めの尾根が北東北地方を覆うようだ。これは当たった!っと思った。
当日は、遅めの出発。大館市田代町のユップラに集合し、登山口に向かった。登山口から10時過ぎに出発。13日に来た時よりは少し雪が増えたような気がした。硬雪の上にフワーッとパウダーが数十センチ乗っかっている。いつもの左手の尾根を登ることにした。能代の塚本氏がお一人で来て「この先から登るから!」っと言って車で通過して行った。登り始めたら意外に雪は深い。ラッセルを交代しながら登りで喘いだ。何度か休憩を取りながら、12時を回って9合目雪原に着いた。曇っているが風も弱く穏やかだ。山頂のドームも良く見える。ドームを登り始めたら、同じ所に車を駐めたお二人が追い付いて来た。12時30分山頂に着いて神社内に入った。神社内の温度計は-9℃を示していたが、それほど寒いとは思わなかった。お二人はシールをはずして直ぐに下って行った。神社内で休んでいたら、大館の方達4人が到着した、更に塚本さんも到着して神社内は賑やかになった。ゆっくり休んで13時18分我々は下り始めた。気持ち良く深雪のドーム斜面を下り、雪原を進んでいたら、大館の人達が下っている様子が見えた。更に、その後塚本さんが下っていた。我々は登ったコースを下った。上部は見事なパウダーだった。急斜面の尾根からは、我々にとっては修行の下りだった。私は、雪の小山に突っ込んだり、低灌木に絡まったりして2度ほど雪に埋まった。それでも楽しい田代岳だった。それぞれお別れを言って、余韻を楽しみながら帰路についた。
ユップラに寄っても良かったが、100円で入れる二ツ井の「ゆっちゃん」に向かった。100円で入浴券を買い、中に入ったら森吉山帰りの高松さんが入っていた。「森吉山はガスで・・・」っということで山頂方面へは行くことが出来なかったようだ。そういえば、帰る途中の鷹巣から見た森吉山は、一の腰は確認できたが山頂部方面は雲の中だった!

1000m付近を登る様子。結構雪が深く交代でラッセルをする。単独で登る時よりはるかに楽だった。
2016011701

9合目雪原に着いてドームを見ながら山頂へ向かった。曇っているが風が弱くこの時期としては穏やかだった。
2016011702

ドームを登りきろうとして振り返ったら、後発のお二人が我々に追い付いて来た。見事なスピードだ!
2016011703

さぁ下るぞー!っと下って振り返ったら、3人が下り始めていた。この頃には青空もいくらか現れ始めていた。
2016011704

9合目雪原の末端に着いて振り返った。ドームの斜面を大館の方達4人が下っているのが見えた。この後間もなく、塚本さんも下って来たのが見えた。この時は、風がピタッと止み無音に近い静けさが不気味だった。
2016011705

急な尾根の斜面を下る途中。どうコースを選んだら良いだろう?登りのトレースと先行したお二人の下ったトレースに、更に我々が落書きをした。その後に、大館の方達がコースを変えてここを下ったようだ。だが、明日から天気が荒れ模様だから、このトレースも消えることになるだろう!
2016011706


comment

Secret

thanks

トレース最後までありがとうございました。お手伝いするべく追いついたのですが、結局最後まで、感謝です。

いいえどういたしまして!

いいえどういたしまして!
こちらこそ脱輪状態の車を無視したようにして通過したことをお詫びします。
JAFでも呼ばないと無理かな?っと思っていましたが、良く脱出出来ました!
牽引ロープ必携ですね!
トレースは、先に登ったのですから仕方ないですね。
またいつかお会いしたら声をかけてください。
歳のせいか人を覚えるのが苦手になりつつあります。
Byしょうすけ
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード