田代岳は青空だった!

2016年1月13日(水)曇り一時晴れ
天気予報を見ていると気持ちが暗くなる!しかし、今日の予報天気図を見ると日本海に低気圧が発生!等圧線もまばら!そして、日中は日差しもあるという予報。こりゃぁ疑似好天かぁ!天気が下り始めたら即下山ということで・・・出かけることにした。
雪が少ないのが少し心配だった。田代町を進み、林道に入っても雪壁は低い!どうなっているんだろう?大広手登山口に着いて、雪壁が私の腰の下だった・・・大丈夫だろうか?ちなみに昨年の1月18日には、雪壁が私の身長を超えていた!
準備して、チラホラ小雪が降る中、いつもの左側の尾根へ向け出発。ところが、最初の小沢が雪不足で落ちそうなため渡れない!そのまま小さな尾根を登ることにした。やがて造林スギの急斜面になり、ジグザク。沢が消えた所で左寄りに登り、標高730m付近でいつもの尾根に上がりホッとした。ホッとしながらも、今日は9合目雪原まで行けるかな?っと不安だった。雪が重く感じ、体力(脚力)の低下を感じた。尾根の急な所に着き、少ない雪に翻弄される。休み休み、無理せずに歩みを続けた。斜度が緩やかになり大休止!登るにつれて、いつもの田代岳のやさしい雪面になってきた。
1050m付近で、突然前を兎が逃げて登って行った。少し登るとまた逃げて行く。なぜか?私の行く方向へと逃げる兎。私を誘導しているのか?9合目雪原の途中まで、この繰り返しだった。やがて、雪原から右手の斜面へと猛スピードで下って行った。
雪原に出る手前あたりから、急に空が明るくなり、青空が見え始める。山頂ドームには日が差し純白の斜面になっていた。兎とのデットヒートと青空が私を山頂へと導いた。ドームの登りも苦しかった。2時間45分程で、ようやく山頂神社に着いた。不完全な施錠を直し、中に入って白髭大神を祭る神社に初詣をした。いつ下り始めるか分からない天気?南の方には怪しい雲が見え始めていた。昼食は下山後ということにして、行動食を食べて下ることにした。神社の温度計は-8℃だった。
さあ!初滑り!っとドームを下り始めたが、雪が重かった!雪原を戻りながら何度もドームを振り返った。あとはツリーランを楽しみながら、いつものコースの方へと下ったら、やはり最後の小沢でハマってしまいました。脱出に苦労してようやく下山!それでも初滑りはそれなりに楽しいものでした。FOJIさんが来ているのも知らず、昼食を車の中で食べて出発!空は次第に雲で覆われ始めていました。

林道を進んでいるあたりは、小雪が舞い見通しも悪い天気でした。
2016011300

いつもの尾根に取り付いてホッとした。この後、間もなく急な斜面になる。
2016011301

何度となく私の前を逃げて行く兎。9合目雪原の木の陰でたたずむ兎。この後、右の方へ猛スピードで駆け下って行った。後方の斜面は、山頂ドームの一部。
2016011302

兎とも別れ、ようやく落ち着いて山頂ドームを写真におさめた。雪原にも日が差し始めた。
2016011303

何度も喘いで。ようやく山頂の鳥居に着いた。登りの途中では雲がかかっていた岩木山、この時には鳥居の奥に綺麗に見えていた!
2016011304

さぁー下るぞ!登りのトレースあとを下ることにした。南東方向から不気味な雲がひたひたと近づいているようだった。
2016011305

comment

Secret

No title

11時過ぎの登山口到着でしたから会えないはずでした(笑)。
雪が少ないのは一目瞭然ですがこれまで風の強い日が多かったのか風下に張り出したドームの雪庇もどきはあたりまえに成長してましたね。

残念でした!

出発が遅かったですね!
早く雪の下地がしっかり出来て欲しいですね!
ドームの雪庇下と東側急斜面の滑走トレースの写真を拝見しました。さすがです!
私が滑った所は、上部の2ターンぐらいまでで、それから下は表面がクラストしたモナカ状態でした。
それでも、樹林帯上部だけでも満足でした。
山頂まで行けると思わなかったので、行けただけでも大満足でした。
どっかでお会い出来たら!声をかけてください!
Byしょうすけ
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード