森吉山:桃洞渓谷~赤水渓谷

2015年8月30日(日)
桃洞渓谷から赤水渓谷の周回コースを歩くのは2011年以来だった。久々の緊張を感じながらの遡行となった。
天気は余りパッとしなかったが、タロンペさんナリユキさん、私の3人で出かけた。能代市の自宅から森吉の鳥獣保護センターまで約85kmある。鳥獣保護センターには8時前に着いた。ICI石井秋田店主催のトレラン講習会があるらしく、多くの人がいた。我々は準備して8時20分出発した。
曇っているためかブナ林の中は少し暗い。桃洞赤水分岐を右に曲がって、桃洞の滝へ。桃洞の滝に着いて右の斜面にステップが刻まれている所をを登る。その後は、二股を左の沢へ入る。間もなく中ノ滝がある。中ノ滝は左斜面を、次の男滝は右の斜面を登る。順調に進み、その後は枝分かれしていく沢を間違えないようにして、読図しながら進む。幸い、予定していたコースを順調に進むことが出来、小さな尾根を越え、赤水渓谷側の小沢を下ることになる。赤水渓谷に合流した所で、昼食タイムとする。ゆっくり座って各自昼飯を食べる。
いよいよ赤水渓谷の下りを始める。早速大きな滝の上に出て、ザイルを出す。捨て縄にザイルをかけて下降する。ハートマークの滝も同様。兎滝の上の滝も同様。兎滝で最後のザイルを使い、ホッとしてザイルを巻いた。何だか2011年の時と沢の様子が違う。兎滝の下でに休む所は水没して無かったし、以前は上部の滝でザイルを使用しなかったのだが、今回は使用せざるをえなかった。
この後は赤水渓谷をのんびりと下り、鳥獣保護センターに向かった。途中からポツポツ落ちて来た雨が、下るにつれて少しずつ強くなってきた。鳥獣保護委センターに着いたら、我々の車とNPO法人・冒険の鍵クーンの会長さんの車だけしか無かった。会長さんから少しお話を聞いてから帰路についた。
今回歩いたコースの地図はこちらのページにあります。ご覧ください!

<今回のコースタイム>
鳥獣保護センター08:20→桃洞の滝09:18→中ノ滝09:56→男滝10:07→尾根越え11:26→11:57赤水沢と合流(昼食)12:37→兎滝下降終了13:52→桃洞赤水分岐14:55→15:28鳥獣保護センター


久々にお会いした桃洞の滝!滝の右斜面の岩にステップが刻まれている。そのステップを登ることになる。
2015083001

桃洞の滝を登り、沢の中を登って行くと、間もなく右手に十二段滝が現れる。この滝は登らず、ここで左に曲がって進むことになる。
2015083002

中ノ滝に着いた。この滝は左端の斜面を登ることになる。以前、それを知らず、中央突破を狙ったが、苔が滑り危うく滑り落ちるところだった。
2015083003

いよいよ男滝が現れる。なぜ男かと言ったら、少し手前で男が天を突いているからだそうだ!この滝は、右側にステップがあるからそこを登れば良い。
2015083004

少しずつ沢の幅は小さくなり、枝分かれする沢を間違えないようにして進むと、尾根越えとなり越えたところにある小さな沢を下れば良い。
2015083005

小沢といえども急なところもある。そんな時は、樹木の枝やネマガリダケに助けてもらえば良い!
2015083006

ようやく赤水沢本流に合流!お疲れ様でしたm(_ _)m
2015083007

ドカッと座って昼ご飯を食べた。3人ともカップ麺付きの昼食だった。
2015083008

最初の大きめの滝でザイルを使用。捨て縄がセットされていたので、強度を確認して使用させていただいた。
2015083009

兎滝も同様に下降。以前より滝に着いている苔が増えたように思った。
2015083010

ホッとして、兎小滝の前で1人での写真!
2015083011

あとは赤水渓谷を淡々と下るだけだった。時々雨が落ち始めていた。
2015083012

今日のフルメンバーです!皆さん緊張しています!だってこれから緊張の下りだったからです!特に真ん中の私は緊張していました(^^;)この写真は、ナリユキさんのカメラで撮ったので、帰宅してからメールに添付して送ってもらったものです。
2015083013

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード