鳳凰三山(2日目)

2015年8月9日(日)晴れ
朝起きたら今日も晴れ!前日、尾根から鳳凰小屋まで350m余り下ったので、それを登り返さなければならない。体調もまずまず(^^)/
6時28分に小屋前を出発して、樹林帯を登る。やがて砂地の急斜面になった。空は青く気持ち良い!やがて地蔵岳と書かれた看板前に到着。その直ぐ近くが賽の河原と呼ばれている場所で、お地蔵さんが沢山並んでいた。子供の欲しい夫婦が沢山並んでいる石地蔵「子授け地蔵」の一体を持ち帰り、家に祀っておくと子宝に恵まれるという。子供が授かったらそのお礼に石地蔵を二体にして賽の河原に返すという風習があったようだ。不思議な雰囲気の場所だった。背後には北岳が凜としてそびえ、脇には地蔵岳のオベリスクが天を突き刺していた。
空身でオベリスクに挑戦したが、一緒に登ってきた京都から来た高校生が最後の岩のところで断念した。我々もほぼ同じ所から下ることにした。下ってアカヌケ沢ノ頭(尾根の上の分岐)に登り、広河原を目指すことにした。下る前に高峰を超えなければならない。他の登山客と相前後しながら、9時14分高峰に着いて休むことにした。ここからは、広河原まで標高差1200mをひたすら下ることになる。先程オベリスクで会った高校生とは別の高校生達が我々を越して、アサヨ峰の方へ縦走して行った。高峰から標高330m程を下って、白鳳峠に着いた。だんだん暑くなってきた。白鳳峠から広河原までは標高で920m程を下らなければならない。上部は岩が折り重なったガレ場を下ることになる。途中から樹林帯に入り、徐々に傾斜がきつくなる。梯子の部分もあった。上部を下りながら、奥穂高岳の白出のコルから白出沢を下った時のことを思い出した。少しだけ似ている。12時21分脚をカクカクしながらようやく車道に下りた。車道を10分余り歩くと広河原のバスターミナルに着いた!12時45分発のバスに間に合ったぁ!並んでいたので、我々も並び乗車。甲府行きのバス3台が連なって出発。時々対向車とすれ違うのに苦労しながら、45分ほどで夜叉神峠に着いた。下りたのは我々だけのようだった。ザックを車に積み、芦安温泉までジグザグの道を下り、韮崎ICから中央道に乗った。諏訪湖SA内の温泉で汗を流して着替えた。気持ち良くなったところでスターバックスのWi-Fiを利用して乗鞍岳のバス時刻の確認をした。タブレットをいじっていたジュニアが、「ご来光バス」というのがあるよ!乗鞍高原の観光センター発が3時40分だということだった。どうせなら「ご来光バス」にしようということに決まり、SA内で夕食を食べた。
その後は、松本ICで一般道に出て、乗鞍高原を目指した。松本に7年も住んでいたジュニアに、ここだけは運転してもらった。コンビニで買い出しをして、暗い道を登って乗鞍高原観光センターに着いたら広い駐車場に車が沢山あった。エンジンをかけたままのキャンピングカーもあり、センターの広いテラスで飲み会をやっている人達もいた。これって、もしかしてご来光バス待ちの人達?少し不安になって、車の中でうたた寝をした・・・

鳳凰小屋から登り、樹林帯から砂の急斜面に変わると、地蔵岳のオベリスクが見え始める。
2015080901

朝日を浴びる賽の河原の地蔵群。
2015080902

地蔵岳のオベリスク。北岳から見て気になった尖塔のような岩はこれだったのだ!
2015080903

てっぺんを目指して登る高校生。しかしそう簡単には登らせてくれなかったようだ。断念して下ることになった。下で、引率してきた先生が「速く下りて来~い!」と叫んでいた。我々も同じ位置から下ることにした(>_<)
2015080904

南の方を見たら、昨日通過してきた観音岳(右)と雲海の上に頭を出した富士山が見えていた。
2015080905

高峰に着いてゆっくり休んだ。尾根の下の方を覗くと白鳳峠の位置がだいたい分かった。尾根の先にはアサヨ峰がそびえていた。更に奥に、甲斐駒ヶ岳(右)と仙丈ヶ岳(左)がそびえていた。どちらも正月にhontaka氏と2人で登った懐かしい山だ!
2015080906

白鳳峠からは、写真のような岩の折り重なった斜面を下った。正面には北岳がそびえていた。
2015080907

途中から樹林帯に入ると、斜度がきつくなり、写真のような鉄の梯子の部分もあった。
2015080908

12時21分ようやく、土砂崩れ防止のネットの隙間から車道に下りた。この時点で、12時45分のバスに間にあった!っと思った。
2015080909

前方にバスターミナルが見え、身体の力が抜けた・・・
2015080910

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード