午前勝負で田代岳へ・・・

2015年3月3日(火)
天気予報では午前中は晴れるが、昼から曇る・・・風は弱い・・・今週はスケジュールがタイトで、週末は荷物を積んで遠出もしなければならず、<じゃー今日でしょ!>ということで田代岳へ・・・
国道7号では出勤するkudotさんとすれ違う。「遊び歩いてごめんなさい<(_ _)>」
林道に入ると、樹に雪が積もり、枝が垂れ下がっている。その先には白い尾根と青い空!これでテンションが上がらないはずがない!誰も居ない大広手口に着いて、準備して9時4分出発。新雪が積もり、思った以上に雪が深い。いつもの左手の尾根へ向かった。日は差しているが、徐々に雲がわいてきて、早めに曇るのか?とちょっと残念に思う。何度も立ち止まりながら喘いだ。我慢出来ず、910m付近で行動食を食べ、テルモスに入れてきた無印良品の「メープル・マロンラテ(カフェインレス)」をゴクリと飲む。1090m付近から右にコースを取り、9合目雪原に出る。前方に山頂ドームが見える。雲がわいてきている。時々日をさえぎり、雪面が見えにくくなる。ドームの登りで喘いで、鳥居をくぐり、山頂神社に着く。風も弱くそれほど寒くない。山頂部の西側に回り込み、烏帽子方面の様子を遠くから観察。神社に戻り、写真を撮り、シールをはずす。今日は昼食の時間には早いので、中には入らず、行動食を食べて下ることにした。やはり!山頂ドームの下りは、ベストな雪面ではないものの、まずまず楽しそうだったが、曇ってきたため凹凸が見えず慎重に下った。雪原を歩いていたら、前方からスノーシューを履いた二人が登ってきた。近づいて挨拶をする。私のトレース通りに登ってきたようだ。樹林帯を下り始めて間もなく、単独のテレマーカーが登ってきた。同じように挨拶をする。
樹林帯に入ったら、しっとり系のパウダーでスキーも走る!気持ちの良い下りだ!天気抜きに、来て良かったと思った。急な尾根の手前で、スノーシューで登って来た単独の方に会った。二ツ井から来たと言っていた。田代岳は能代方面の方が多いのだろうか?私も含めて5人も歩くとトレースもかなり深く(30~50cm)なっていた。
今日は、急斜面の下りも、雪質に助けられて気持ち良く下ることが出来た!12時丁度に下山。楽しかった下りも終了!車に乗って、エンジンもかけずに昼食を食べた。車で移動始めたら、少し下に車が駐車してあった。直ぐ近くにスキーで登った跡があった。尾根の上部ですれ違ったテレマーカーの方が登ったようだった。
このあとは、平日で空いている、いつものユップラへ!暖まって気持ち良いドライブを楽しんだ。あといつ来られるかな?
夜のニュースで、上小阿仁の八木沢集落へ通じる県道で、土砂崩れで通行止め!ということだった。田代岳へ通じる林道は大丈夫だろうか・・・?

<今日のコース通過タイム>
大広手登山口09:04→(左手の尾根コース)→9合目雪原10:35→山頂11:02~11:21→(登りと同じコース)→12:00下山

山瀬ダムの五色湖に架かる田代岳大橋から田代岳方面を見る。すっきり晴れた空に白い峰がくっきりと見えていた。
2015030301

いつもはここで休憩するのだが、今日はもっと下で休んだ。この時は日が差していたが、曇ったり日が差したりを繰り返していた。
2015030302

登って行くにつれて写真のような斜面!こんな斜面でのんびり繰り返し滑っていたら気持ち良いだろうなぁ!
2015030303

9合目雪原になり、山頂ドームが見えてきた!ドームの雪はどうだろうか?気になり始めた。
2015030304

山頂の少し西側に進み、雷岳・烏帽子岳方面を眺めてみた。奥には藤里駒ヶ岳も。なぜか肉眼では白神岳や向白神岳の尾根が見えた。
2015030305

シールをはずす前に、セルフタイマー写真を!着ているアウター上下も何回目だろうか?ゴアだが、もう性能はほとんど失われているかもしれない。でかいチェストバックが、その便利さから手放せなくなってしまった。
2015030306

9合目雪原から下ろうとする所で、スノーシューのお二人とすれ違った。この時には、空は全面雲に覆われていた。
2015030307

私の登ったトレースを、皆さん忠実にたどっていたため、結構しっかりしたコースになっていた。それにしても気持ちの良い下りだった!
2015030308

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード