萩形から太平山を目指したが?

2014年10月19日(日)

先日、上小阿仁村の八木沢集落を訪れた時、40年以上前に生徒を連れて萩形から太平山へ登った事を思い出した。
調べたら、当時使った沢コースは崩壊して使われていないが、峰コースがあることを知った。
当時、一緒に顧問をしていたナリユキ氏にメールしたら、日曜日に!っということで決まった。更に、タロンペ氏も一緒することになり、車2台で午前6時能代を出発。
三種町から上小阿仁に抜け、八木沢集落を通り萩形ダムを越え更に奥へ。小阿仁川沿いの林道を進み、途中から萩形沢への林道に入る。ここまでで、最低地上高20cmの私の車は2度ほど腹を擦る。林道を進むがどうしても無理な所があり断念。そこへ車を駐車して、8時32分徒歩で進む。
しばらく歩くと車が3台駐車していた。ジムニーや軽トラだった。さすが!そこから先は林道が崩壊して車で進むのは無理だった。9時13分登山口の案内の標柱から登り出す。間もなく沢の中の道。その先が決定的な失敗だった!沢から右尾根に取り付く所が分からなく、そのまま沢の中を登る。おかしいと思ったが、尾根に取り付けそうな踏み跡がない!かなりやばい所もあり、もしここを下るのであれば・・・ザイルは無いし・・・標高670m付近から右手の尾根へ無理矢理取り付き、比較的緩やかな尾根の上を藪漕ぎして、標高720m付近で尾根の上を右へルートを取ったら、突然目の前に登山道が現れた!ここからは順調に進んだが、沢登りや藪漕ぎや読図に時間を費やし、尾根の上の冷水に着いたのは10時48分だった。あとで計算したのだが、登山道を順調に登ったとしても、登山口から冷水まで1時間と考えると、太平山山頂まで往復するのは無理だった。
結局、笹森までも行けず、途中の916mピークで断念することにした!昼食を食べ、下山開始。すばらしいブナの紅葉のの中を歩を進め、順調に登山道を登山口へ下り。林道を歩いて14時47分我々の車の駐車場所に着いた。
途中で断念したこの思いは、いつか達成されるのか?再挑戦があるのか?はわからない・・・

今日のコースタイム
萩形沢林道の駐車場所08:32→登山口(峰コース)09:13→冷水10:48→土地見平11:46→11:58標高916mピーク(昼食・休憩)12:30→土地見平12:38→冷水13:19→登山口14:06→14:47車の駐車場所

萩形沢林道を進むふたり。
2014101901

峰コースの登山口を示す標柱。ここから急斜面を登る。
2014101902

沢の中を登るふたり。ここは緩かったので、ホッとして写真を撮る。
2014101903

ヤブの中でルートをどう取るか協議中!
2014101904

ようやく冷水に着く。標柱には、ここから太平山まで6.3km、土地見平まで2.0kmと書いてあった。
2014101905

土地見平を示す標柱。沢コースはここに登って来ることになるが、崩壊しているためか、通行止めを示す黄色いテープが張られていた。ここから笹森まで2.1kmと示されていた。
2014101906

Uターンした標高916mのピークで3人そろって記念写真!
2014101907

土地見平付近から紅葉した山並みを撮ってみた。一番奥のピークが白子森のようだ。
2014101908

紅葉を撮した写真を3枚ほど並べてみた。3人で「綺麗だな~!」「イヤーすごい!」何度言っただろうか?ブナの巨木が林立して、ここは手つかずの山域なのだろうか?
2014101910
2014101911
2014101912

萩形分校跡や萩形部落跡、離村記念碑なども気になったが、泊まったことがある萩形キャンプ場の写真にした。ここで高校生の大会をやった時に、他校の顧問の先生の要望で、ナリユキ氏と上小阿仁まで刺身を買いに往復したことは忘れられない。
2014101913

下の地図の赤い線が今回歩いたコースのGPSによるトレースです。少しコメントを入れておきましたが、登山口から少し上で道を外してしまったのは、沢の中から右尾根へ上がる場所がわからなかったからです。ピンクテープがありましたが、大変わかりにくかったから、そのまま沢を登ることになってしまいました。
下の地図はサムネイル表示にしてありますので、地図をクリックして拡大してみてください。
20141019tizu

comment

Secret

No title

村主催の山開きに参加した時は、傾いた小橋があったり大滝を巻いてから橋を渡ってようやく尾根道に取りついたり・・というような記憶があるんですが、今は全く違うルートなんですね。

No title

昔は沢コースしか無かったと思うのですが、後になって峰コースを作ったんでしょうね。村民による登山を続けて欲しいですね!
ただ林道が荒れていて、私の車ような地上高20cmでもフロントオーバーハングが長いのはダメですね。コンパクトなスズキのジムニーや軽トラだったらもう少し奥まで入れたかと思います。
それにしても、すばらしい原生林でした。
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード