9月の白神岳

2014年9月6日(土)
8月27日の白神岳でマインドルの靴底が少し剥がれたので、修理と張り替えに出した。そのために購入したスカルパのミラージュを今回試し履き。本当はシャルモが欲しかったが合うサイズがなかった。
今回の目的はもう一つあった。崩壊しているとされている二股コースの確認だった。
青森県自然保護課では「二股コースは登山道の一部が崩壊しており、現在通行できません。マテ山コースをご利用ください。」という案内を示してある。一方、地元警察の大間越駐在所では「(二股コース)危険防止のため現在コースを閉鎖しています。(マテ山コース)分岐点から最後の水場までの間に崩壊箇所があります。崩壊箇所にはロープを設置してありますので注意して通過してください!」っとある。これをどう理解すれば良いのか?前回は素直にマテコースを往復した。今回は、タロンペ氏ナリユキ氏のブログにあるように、それぞれ二股を歩いている。タロンペ氏は調査のあと二股経由で山頂に登っている。じゃあ私も良いのかな?っと思って二股経由で登ってみた。
率直なところ、斜面や沢の崩壊は仕方が無いのかと思った。前から、非常に崩壊しやすいところだと思っていたし、沢や斜面もそうした自然の営みで出来たものだから、今回もその1つだと思えば当然なことであろう。それと1000m~1100m付近では、一部登山道がわからないほどヤブに覆われ始めている。人が通らなくなればヤブがもっと濃くなりそうな気がする。今日は、期待に反して天気が良くならず、雨の後だったのか?ヤブの中をもがきながら登ったためか山頂に着く頃には、全身びしょ濡れで寒かった。
さて、新しい登山靴だが・・・一の沢に着く前に踵に違和感を覚えた。山頂まで我慢したが、山頂で靴を脱いだら、踵の皮がめくれていた。大きめのカットバンで覆い、何とか下りは順調だった。ただ、帰路の途中、ハタハタ館に寄り、入浴した際は痛くて、慣れるまで顔をしかめていた。ご褒美にサルナシのソフトクリームを食べた。

<通過タイムの記録>
登山口駐車場07:29→記帳所07:38→二股分岐08:06→一の沢08:29→二の沢09:04→三の沢09:17→二股09:25→872m標高点10:17→11:12山頂(昼食)11:50→大峰分岐12:05→マテ山分岐12:58→最後の水場13:15→二股分岐13:36→記帳所13:55→14:02登山口駐車場

新しい登山靴。もしかして旧モデルか?その割には泥んこだらけのスパッツは何だぁ?
2014090601

地元警察(大間越駐在所)が掲示したもの・・・
2014090602

青森県自然保護課で掲示したもの・・・
2014090603

最初はいつもと変わらない二股コース・・・
2014090604

小さな沢もこのようにえぐられていた。でも、しばらくの間はこのままで落ち着くのだろう!
2014090605

一の沢は少し沢幅が広くなったかな?っという程度。踏み跡をたどれば問題ない。コースは赤線で示したところ。
2014090606

二の沢は、以前から崩れやすいな!っと思っていた所が崩れていた。写真は、登山道がなくなった所から前方を撮したもの。赤い線が元の道があった所。黒線が今回歩いた所。右下の沢へ下ってから沢の中を登ると、やがて元の道の所へ着く。2枚目の写真は、元の道の徒渉地点。二の沢と書かれた標柱が寝ていて文字が見えない。以前から、少し傾いていた。
2014090607
2014090608

二股の2回の徒渉地点は、以前とそれほど大きく変化したわけではない。沢の中に、流木が堆積している程度だった。
2014090609

標高1000m~1100m付近の一部で登山道がヤブで覆われ始めている。これがもっとひどくなるとちょっと大変になると思うが・・・
2014090610

私がいた間には、一度だけ、一瞬岩木山が見えた!逃さずシャッターを切った。登山口で一緒になった宇都宮の方が付く頃には、周囲がガスに覆われていた。
2014090611

少しは秋の気配も!そして、少し溶けかけているが、おまけの写真も!風呂上がりだったので美味しかった!サルナシのソフトクリーム。車の窓に映っている空のように、このときには秋の青空になっていた。
2014090612
2014090613
2014090614
2014090615
2014090616
2014090617

comment

Secret

私も白神岳

私も白神岳登ってました。下山中にすれ違ったのではないでしょうか?また、どこかでお会いすると思います(≧∇≦)よろしくお願いします❗️

YamayaさんのFBのコメントで知りました!

Yamayaさんのフェースブックのコメントで、あ!そうだったのか~!と・・・
下りで、登って来る女性とは3人すれ違いました。山頂の主稜線上でお一人、大峰分岐手前の急登直下でお一人、更に下の尾根の上でお一人でした。多分最後の方かな?っと・・・
でも、歳取ると眼も悪くなるし、しっかりと覚えていません。ごめんなさいm(_ _)m
今度お目にかかったら「やあ!ジジー!まだ生きてたか~!」とかと檄を飛ばしてください!
旦那さんにもよろしくお伝えください!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード