怪我からの復活は白神岳へ

2014年6月21日(土)
今月上旬の高校生の大会で、森吉山のコメツガ山荘から山頂往復した。下山後、故障していた脚が少し痛かったが、数日後回復した。復活できるのか?と思って白神岳へ登ってみることにした。ただし、過信は禁物!ゆっくり確実に歩くよう心がけようとした・・・が?
登山口駐車場を8時40分出発。怪我した方の脚のくるぶしが登山靴にあたって少し痛い程度だった。二股分岐から先は、なんとなく二股コースを進んでいた。駐車場の車が多かったので、多くの人とクロスするのがイヤだったからだが・・・急斜面の登りで脚は大丈夫だろうか?っという心配もあった。・・・登りの途中で3人パーティの人を追い越したりして11時49分無事に山頂に着いた。ガスって岩木山は裾野の一部だけ、向白神岳も時々見えなくなる。腰掛けておにぎりを食べ終えたら、追い越した3人の方が登ってきた。12時10分蟶コースを下山開始。故障した脚は、下りで慎重に歩かなければならない。結構、登って来る人が多い。土曜日だからだろうか・・・ほぼ同じ頃、駐車場を出発したマイクロバスで来たパーティと1100m付近ですれ違う。山頂泊なのか?ザックは大きい。そこから少し下った所で、突然犬が現れ、登山道の下から私に向かって吠える!犬に弱い私は立ち往生!しばしにらみ合いが続いたが、犬がヤブに入った瞬間、ドドドーっと下って犬をかわした。しかし、今度は上から追いかけてくる!心臓がバクバク!男の人が一人休んでいる所まで下ったら、犬はそこで止まったが吠え続けた。白神岳で犬に出くわしたのが、これで3回目だ!何とかしてほしい!男の人は、私を見てニヤニヤしていただけだった(>_<
その後は順調に下って14時50分駐車場に着いた。途中、山頂小屋泊のような方々(全部で16人くらいかな?)とすれ違った。今夜の小屋は賑やかだろう。若い男女(男1人女3人)のパーティは装備も服装もバリッと決まっていて頼もしい感じだった。
下山後、脚は少し痛いが、これも徐々に和らぐであろう(希望)っと思うことにした。

二股分岐から二股コースを進んでいたら、樹間から差し込む光に、きらきら光って小さな白いものが舞い落ちてくる。幻想的な雰囲気に、天空の城ラピュタのあるシーンを思い出した。しばし立ち止まって樹の上の方を見上げていた。地面を見たら、小さな花がアチコチに落ちている。何という樹木に咲いた花なんだろう・・・・・?初めての体験であった。
2014062101

二股の最初の徒渉地点を通過後振り返る。丸太のおかげで濡れずにすんだ。2度目の徒渉地点では少し靴が濡れたが防水が完ぺきだった、
2014062102

山頂からの展望はこの程度だった。
2014062103

山頂から下り始め、主稜線上から山頂方面を振り返ったら、ガスがまとわりついていた。
2014062104

以下の写真は、うまく撮れたものを並べてみました。
2014062105
2014062106
2014062107
2014062108
2014062109
2014062110
2014062111
2014062112
2014062113

comment

Secret

無事復帰ですね

 まずは、おめでとうさんです。
それにしてもいきなり二股とは怪物君ですね。
私も白神で犬に吠えられたことがあります。綱から放されてました。つれていたオヤジはタケノコ採りしてました。あそこは禁止なのでは。
こんな人をきちんと指導しないといけませんね。

by オガ文

No title

オガ文さん!
白神岳で犬なんて見たくもないし会いたくもありませんね!
きっと登山ということに対する認識が違うんですよ!
巡視員人達が見たら何と指導するんでしょうね?見てみたいです。
私は3度も会っているんですから・・・(>_<)
前の2回は、今回の犬よりは大きな犬でした。
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード