八幡平は大荒れ!

2014年2月15日(土)
東北地区高体連登山部顧問の研修会が2月14日(金)~16日(日)の3日間で実施されている。
初日は研修会として、「冬山遭難救助について」と「南極観測隊として」というテーマで講話が行われたようだ。お話を聞きたかったが、行くことが出来なかった。
2日目は、実技研修として八幡平スキー場から八幡平山頂を目指す予定であった。私は、その先発隊の一員として依頼があったので、自宅の能代から早朝4時に出発。試しに7号線を大館に向かい、大館南ICから自動車道へ入った。小坂JCTから東北道鹿角八幡平ICへ行き、一般道を八幡平スキー場に向かった。2時間10分ほどで着いた。アスピーテライン手前から吹雪いて視界が悪く、ノロノロ運転であった。着いたら先発隊メンバーと責任者である専門委員長、そして鹿角市山岳会の方々が車の中で待っていてくれたm(_ _)m天気図や予報、そして現地八幡平の状況を考えたら山頂を目指すのは無理という話し合いになった。しかし、色んな意見があり、リフトが動くのであればスキー場の尾根の上までは行ってみようということで、9時のリフト運行時間を待った。
総勢40人余りを班に分け、各班のリーダーに業務無線を持ってもらって、リフトに乗り込んだ。リフトで上部に登って行ったら風が強くリフトが揺れ、履いているスキーがあおられる。リフトを降りようとしたが正面から吹いてくる風で戻されそうになった。こんな状況で良くリフト運行をしてくれたと感心した。全員集結するまでに時間がかかり、その間に色々意見があったが、専門委員長の一声で、進むのは危険なのでゲレンデを滑って下りてください!ということになった。・・・私も賛成した。顧問といえども、力量の差は大きい。無理は出来ない。ゲレンデ脇をワカンで下る人もいて、深雪に苦労していたようだ。
下ってから、各自の責任でゲレンデ周辺で登下降の練習をしてください!ということで・・・20人弱の方が各自で練習をしていた。先発隊の中の我々3人(honntakaさん・tukamasaさん・私)はリフト券を購入し、昼食を挟んで8回の滑走を楽しんだ。午後になったら吹雪は止んだが、風は依然として強かった。良く営業しているなっと感心した。

9時から動くリフト乗り場でしばし待つ。寒い!
2014021501

リフト終点に近づくと、風でリフトが揺れ少し怖い。写真では良くわからないかも・・・
2014021502

風の様子が静止画では良くわからないかと・・・動画を少し・・・リフトを降りて立っていると後方(蒸ノ湯温泉側)からの風で安定して立っていられない。ゲレンデの方へ押されていく!

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード