2月の最初は田代岳

2014年2月9日(日)
1月7日の田代岳から、しばらく間をあけてしまった。そして、今日(2/9)は予定していたメンバー(honntakaさん、tukamasaさん、sekimotoさん、私)で田代岳へ!東京に大雪を降らせた低気圧が進んでくるのでは?と心配していたが、北の高気圧にブロックされているからか?進むスピードが遅い!予想より良い天気にならないかと祈るだけ!白鬚大神様は大館のアメッコ祭りに行っているから不在。それが良く出るか悪く出るか?
ユップラに4人が集合して、2台の車に分乗して大広手登山口へ・・・途中、富士タクシーが先導していた液体水素を積んだ大型タンクローリーが道を譲ってくれた。登山口に着き、準備して10時9分出発。左手の尾根コースを進む。融けて固まった雪の上に10cmほどの新雪が乗った斜面だったのでラッセルはほとんど無し。途中、急な尾根を登り切ったところでひと休み。1000m辺りから霧氷や更に雪の付いた樹木の枝が垂れてきれいな造形。風が弱いのが少し不思議であり不気味であった。ゆっくり登りを楽しみながら雪原に出たら、いつものように風が強くなった。山頂ドームは良く見えないまま雪原を進み、右から吹く風に寒さを感じる。バラクラバを出すほどでないがアウターのフードをかぶる。山頂ドーム基部に近づいたところで、右手から登って来る4人のパーティが見えた。我々が少し先にガリガリのドーム斜面を登り、ほぼ12時に山頂神社に着き、神社内に入る。室温は-9℃であった。間もなく4人の方々が入ってきて、後から更に2人が入ってきた。それぞれがバーナーに火を付けたら室温は-4℃まで上昇していた。話をして矢留山岳会の方達であることがわかり、同時に私のこともバレてしまった!各々昼食を食べ、我々が少し先に外へ出た。オー寒い!良く見えないながら、ガリガリのグレーの雪面を慎重に下り、雪原を来た方向へ急いだ。樹林帯に入り風も無くなり、ホッとして立ち止まり、それぞれの仕事の立ち話が始まったら少し長くなってしまった。あとはパウダーを楽しみながら下るが、徐々にパウダーの下にガリガリの雪面を感じ、何度も撃沈しながら、ようやく13時57分登山口に着いた。
その後ユップラに向かうが、混雑していた。矢留山岳会の方達も入浴していた。秋田まで帰るには時間がかかるが、我々が先に、1台は大館へ、私は能代へと帰路についた。7号線の道の雪が解け、日本海の方は日が指しているように明るく見え、春の気配を感じながらしばしのドライブを楽しんだ。さあ次は・・・15日(土)は八幡平へ行かなければならない・・・仕事のような感じだが、楽しもう!前日の午後、国立極地研究所職員の方の講演を聞けないのがすごく残念!

急斜面を登り切り小休止。深雪のラッセルもなく、比較的楽に登ることが出来た。
2014020902


登るにつれて霧氷と雪の付いた樹木がきれいだった。1000mを越えた辺りだろうか?
2014020903

山頂ドームのガリガリ斜面を慎重に登る。右からの風も幾分冷たく感じる。
2014020904

ドームを登り切り、鳥居の所に着くと神社が霞んで見えた。
2014020905

神社内でゆっくり食事をして外へ出てスキーを履く。オーサミ!サミ!早く下りたい!
2014020906

雪原を進みながら山頂ドーム方面を振り返る。昨年より雪が少なく、雪面から出ている樹木が多い。
2014020907

樹林帯に入りホッとした。そのためか、立ち話が長くなってしまった!
2014020908



theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

ガリガリドームでしたか・・。
風で新雪が吹き飛ばされてるんですね、う~む。

田代岳

雪が飛ばされて融けて固まった部分が出てガリガリでした。
下の方では、倒木などが十分な雪に被われたいないため、雪面の凹凸に突き刺さったりして撃沈しながらの下りでした。
それでも、尾根の急斜面から上は十分に楽しむことが出来ました!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード