やっぱり田代岳!

2013年2月26日(火)
朝、自宅を出る時には森吉山か?田代岳か?決めていなかった。国道7号線の鷹巣通過時に、森吉山が見えたら森吉山へ!見えなかったら田代岳!と思いながら、出勤するTK氏とすれ違いメールをして鷹巣に入ったら、森吉山は全く見えず(^^;ハンドルはそのまま・・・7号線を進んだ。
岩瀬ダム方面へ左折したら雪が多い!ダムを過ぎ林道を進む。良く除雪されている。感謝!感謝m(_ _)m
大広手登山口に着いて準備。O尾根か?S尾根か?迷ったが距離の短いS尾根にした。沢山雪が降った割には沈まない。S尾根をいつもよりは気を抜いてゆっくり登った。ブナの樹に雪が大量に積もっている。落ちてきたらアウトだ!そのような場所は避けて登った。雲の流れが速い!山頂に行けるかどうかは?
九合目雪原に出る前の緑の看板に着いたが・・・いつも見上げる位置なのに、見下ろす位置になっていた。それだけ積雪量が多いのだろうか?雪原が近づいたら風が強い!山頂ドームが見える。行くべきか迷ったが進んでしまった。もう止まられない。時々、風が強く地吹雪のように雪が舞い飛ぶ。アウターのフードをかぶりドームの斜面を登り始めていた。神社へ入るか?は戸の状態で決めることにした。寒くて戸の開け閉めと格闘する気にはなれなかった。11時10分、神社の戸は雪に埋もれていたがスーッと開いた。入るしかない!中に入ってジェットボイルでお湯を沸かし、カップラーメンで身体を暖めた。神社内の温度計は-9℃を示していた。戸を閉めるのにも余り苦労は要らなかった。気温が低く雪がサラサラで固まらなかった。
11時41分深雪だと思ったドーム東面の下りは風で雪が飛び、浅く表面がサラサラの雪だった。クラストした所も無く引っかかりもせずにスムーズに下ることがで来た。雪原を進んだが登りのトレースは消えて無くなっていた。樹林帯に入ったら気持ち良い下りになった。程良い深さの雪で順調に870m付近(GPSデータ)まで下り、シールを付けて登り返すことにした。1080mの看板まで休み休み登ってシールをはずした。同じコースを下ったが、下手なテレマークでも気持ち良い下りになった。急斜面の尾根も快調に下り13時11分車に着いた。今日も独りだった・・・あ!兎には数匹出会いました。でも、スキーも履かずに走り回っていました・・・
あ!下りの途中で音楽が聞こえました。ロケット実験場の方から・・・?
雪の回廊になった林道を一路、ユップラに向かった。焼き餅を買ったらなぜか?「いつもどうも」と言われた?
帰宅して、天気予報を見たら明日は晴れマーク!何も言葉にならなかった。でも最高気温が6~7℃なんて上がり過ぎだ!・・・悔しいからこんなことを言っています!

昨日・一昨日と大量の雪が降ったのに!埋まらない?
2013022601

山頂ドームがくっきりと見えた。風が強く寒い!手が・・・
2013022602

山頂の鳥居に着いた。風が強くヨタヨタしながら進んだ。地吹雪が舞っていた。
2013022603

山頂ドームの下り・・・ほとんど埋まらないが引っかかりも無し!スムーズに下ることが出来た。ゲレンデにフワーと粉雪が積もった感じ!
2013022604

九合目雪原ともお別れ。振り返った雪原は地吹雪が飛び山頂ドームを覆い隠そうとしていた。
2013022605

870mから登り返して1080mの看板まで来た。積雪量が多く、いつもは見上げる看板が見下ろすような状態になっていた。下った時のトレースが消えようとしていた。
2013022606

ブナの木々に乗った雪は大量!重そうだった。登りの途中で、一度だけ「バリー!」と音がして枝が折れた。そしてドドーっと雪が落ちてきた。
2013022607

下山後、林道を下りながら、所々で大川目川を覗いてみた。上流部は雪で埋まっていた。いつも流れているこの場所も雪が覆い隠そうとしていた。
2013022608


theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード