甑山への山旅

2008年10月22日(水)
前日の丁岳に続き、少し移動して甑山に挑戦!ここでは以前県民体育大会の山岳競技が実施されたことがある。
朝、丁岳の麓にある大平キャンプ場から移動し、甑山登山口に着く。登山ルートがいくつかありどのコースをとるかまだ決めていなかったが、男甑山→女甑山という順序は決めていた。男女のコルから両方へ往復ということも出来るが、名勝沼との分岐の所で、右手の県境の尾根から男甑山へ登るルートに決めた。男甑山に登り、男女のコルに下り、女甑山に登った。その後、男女のコルに下り、山形側の「女甑のオオカツラ」の方へ下った。オオカツラの所から更に下って、甑峠への道を登り返し秋田側へ戻り、名勝沼を通って登山口へ戻った。詳しい記録や地図は「山へ行こう!」のサイトをご覧ください。

二等三角点のある男甑山山頂。右に女甑のピークが見える。なぜ、男の山なのかは別の写真を見るとわかるのだが、それが本当かどうなのかはわかりません!だから写真は載せませんm(_ _)m
男甑山山頂


男甑山から女甑山へ向かう途中の尾根の上から女甑山を見る。左下に名勝沼が見える。紅葉が綺麗だった!
男甑山から女甑山

女甑山山頂から昨日登った丁山地とその奥にうっすらと鳥海山が見える。気持ちの良い天気だった。
丁山地と鳥海山


女甑山から男甑山を望む。奥は山形県の真室川町になるのか?
女甑山から男甑山


山形側に下り、「女甑のオオカツラ」を見学!看板には「森の巨人達100選」のNO.22とあった。樹齢不明、樹高25m、幹周13.40mとあった。ここから綺麗なブナ林の中を少し下り、三角の屋根の山小屋のある分岐点から、甑峠へ向け登り返した。この道は参勤交代の折、大名が通った道だといわれているようだ。
女甑のオオカツラ


秋田側に戻り、名勝沼の山側の岸を辿り、登山口へ戻った。対岸から、水面に映る女甑山をとりたかったが、なぜかその思いだけで足は向かなかった。
名勝沼




comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード