森吉山の一ノ腰まで

2012年11月25日(日)
久々に安定した天気のようだったので・・・秋田八幡平スキー場に初滑りに行こうかと思ったが・・・
日曜日で天気が良いからスキー場は混むだろうと思い、森吉山へ行くことにした。一応スキー一式も車に積んで出掛けた。
森吉山ダムに架かる橋の上は白くなっていたが思ったより雪が少ない。妖精の森への道を徐々に登るが車に障害になるほどの雪ではなかった。途中から左折してコメツガ山荘への道に入る。軽トラックが通ったようなわだちがあり、タイヤが雪をかきわけるためにガサガサと音を立てながら進む。山荘下の駐車場に着く。当然ながら、車は無く雪の上に車が走った痕跡もない。
雪の状態を見てスキーは無理だと判断。スノーシューを持って来なかった事が少し心に引っかかったが、つぼ足で出発。ズボズボ埋まり歩きにくい、でもそんなに深い雪ではなかったので順調に進み、樹林帯の登山道ではなく、旧スキー場のゲレンデを登る。次第に雪が深くなり時々立ち止まる。樹林帯から出てきた登山道に合流。ゲレンデを横切って左の樹林帯の尾根道に入る。数日前か?つぼ足で歩いた跡があったが、尾根道になって少し登った所で引き返したようだ。その先が大変だった。ロングスパッツを付け、行動食を食べる。ヅボッと腰まで埋まる。何度も喘いだが、思ったより先へ進まない。スノーシューがあれば少しは楽だっただろうに!っと後悔する。アオモリトドマツの樹の側は比較的埋まらない。11時26分ビッショリ汗をかいて一ノ腰に着く。山頂ドームは雲の中だった。ゆっくり昼のおにぎりを食べた。時々日が指すと気持ち良い!一ノ腰から先はつぼ足ではきついと思い断念!汗が冷たく感じ、寒くなってきたので下山しようと思っていたら山頂部が見えカメラを向ける。下りは比較的楽だ!下りは樹林帯の中のコースを歩いて12時43分無事にコメツガ山荘に着いた。まあ程良い運動だった。今晩から天気が下るようだから、いよいよスキーのメンテナンスでもやろうか・・・

<コースタイム>
コメツガ山荘09:15→11:26一ノ腰(昼食)11:52→12:43コメツガ山荘


歩き始めてコメツガ山荘を振り返った。誰もいない淋しいコメツガ山荘だった。入口は閉ざされているが裏側のトイレは開いていた。
2012112501

1000mを越えるとアオモリトドマツ(オオシラビソ)がブナに代わって優勢になる。
2012112502

一ノ腰に着いていつものセルフタイマー写真。森吉山山頂ドームは雲の中だった。
2012112503

下山しようとしていたら、にわかに山頂部の雲が消えて、慌ててカメラを向ける。
2012112504

下山途中、田代岳の直ぐ横に岩木山がくっきりと見えた。弘前は天気が良さそうだ!
2012112505

下りは余裕があったし、日も指し始めていたから、霧氷が一段と綺麗に見えた。
2012112506

旧ゲレンデを横切って樹林帯の登山道に入ったら、ボスが登山道を横切って行った跡が!かなりでかい!まだ新しい足跡。会いたくない!
2012112507


theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

今シーズンも宜しくお願いいたします

ご無沙汰でしたが、いよいよ空からのお便りが届く季節到来で^^・・・早速の森吉リポート拝見させていただき嬉しい限りです。今シーズン機会ありましたら、田代・森吉ETC同伴させていただければ・・・(足手まといでしょうが^^;;)宜しくお願いいたします。塚本A氏やタロンペ氏も誘ってなどと勝手に・・妄想?_しております m(。。)m

いよいよですね!

ようやく季節到来ですが・・・ゲレンデ以外はまだのようですね!
舗装された林道やデコボコの少ない草地だと滑ることが出来るかもしれません。
昨年は12月10日の田代岳もスキーは無理でした。
12月8日森吉山のスキー場オープンの日に山仲間で登山予定なのですが
滑ることが出来るように祈るだけです。
今シーズンもよろしくお願いいいたしますm(_ _)m

多分、同じ熊?

私は松倉コースでした。登山口手前の鉄塔に車を止めて、久しぶりの青空のもと気持ち良く登って行きました。水場を過ぎて少し行ったところで、真新しい熊の足跡がゲレンデ方向に横切っているのにぶつかりました。
一気に戦意喪失、、、、即、引き返しました。12時丁度でした。
せめて雲嶺峠あたりまでは行きたかったのに、、、、

同じクマでしたか?

そうですね!時間的や向きなどから考えると、ほぼ間違いないでしょう。
私がクマの足跡の写真を撮ったのが12時26分(写真のデータによる)でしたし、樹林帯に入った登山道(標高950m程)を左から右(南西から北東方向)へ進んだようです。そのまま進むと旧ゲレンデに出る方向になります。下の方で樹林帯から旧ゲレンデに出てコメツガ山荘までの間では足跡はなかったので、連瀬沢方面に向けて歩いていったのでしょう!イヤなものですが仕方ないですね。クマも迷惑だと思っているでしょう!雲嶺峠まで行けなくて残念でしたね!リベンジしてください!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード