爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五龍岳・唐松岳・・・完結(出会い)

2012年7月30日~8月1日
今回の山行は2006年以来の北アルプスだった。ちょっと間を空けすぎたと反省したm(_ _)m
長男に誘われたのがきっかけであったが、大きなザックを背負ってもまだ行ける!っと思うことが出来たのが少し嬉しかった。
そんな中、扇沢から八方尾根までずーっと一緒だった千葉から来た単独行の方にはいろいろとお世話になった。最終日の下りで一緒出来なかったのが少し心残りだったが良い出会いがあるものだなっと心が温かくなった。
また、冷池山荘から五龍岳にかけて見かけた、でかいザックを背負った赤シャツの青年が気になった。偶然、五龍山荘前のテーブルで一緒になり、話を聞いたら、今日で7日目だということだった。彼の足跡をたどってみたら次のようだった。
焼岳→西穂高岳→奥穂高岳→北穂高岳→南岳→槍ヶ岳→双六岳→三俣蓮華岳→鷲羽岳→水晶岳→真砂岳→野口五郎岳→烏帽子岳→船窪岳→蓮華岳→針ノ木岳→鳴沢岳→爺ヶ岳→鹿島槍ヶ岳→五龍岳→五龍岳山荘(ここで一緒になった)
明日(8/1)は白馬岳まで行くということだった。そして8/5の日曜日には親不知に下山予定だということだった。日々の会社勤めの厳しい勤務の中、会社側から指示されて2週間の休みを取ることになり、今回のことを考えたようだった。色んな話をして私も刺激をいただいた。下山後のお祝いは?っと言ったら、ちょっと間を置いて日本海に飛び込もうかな?っと言っていた。30歳前後のちょっとシャイなところもある好青年だった。彼も千葉から来たと言っていた。ザックの中は食事後のゴミだらけだし、雨が降ったらいつでも下山したいと言っていたが、天気予報には雨はないようだった。無事に親不知に着くことを祈った。
西穂山荘で行き先を「親不知」っと書いたら、「今日で2人目だ!」と言われたそうだ。ネット上を見ると定年退職を機に挑戦する人もいるようだ。
このような方達から刺激をいただいたことは今回の山行の大きな収穫であった。

缶ビールを持っているのが私、背景の山は五龍岳。そして赤いシャツで頭にタオルを巻いた青年が親不知まで行くと言っていた方だ!
20120802

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

素晴らしい景観

素晴らしい写真拝見しました。
高度感あります。ケツがムズムズしてます。心臓がバクバク。
実際には行けないので写真で素晴らしさの一端を味わってます。
親不知まで縦走する人が居るんですね。唖然としてます。

また行きたくなっています・・・

定年退職してから行ってませんでしたv-292
今回挑戦して、帰宅後また行きたくなりました。
この辺のヤブ山ばかり歩いていると北アルプスは別世界ですね。
今度は時間を作って出かけます。
色んな人に出会い、刺激を沢山もらいました。
親不知までと言うのはまた別次元の話しですよね!
若い時にやっても良かったかな?
五龍岳で会った彼は太平洋も狙っているかもしれませんね!

うらやましい

私は北アルプスの山は2回しか経験していません。その2回目も8年程前になります。
先日トムラウシに登ってきて久々に北海道の山を少しだけかじってきました。
でもこれを見るとやっぱり北アルプスに行きたくなります。
そして何よりもうらやましいのが、息子さんと二人で登っているという事。
自分も将来そんな事ができるのかなあ( ̄ー ̄?)

すみません!

すみませんm(_ _)m退職して初めての北アルプスでした。
やはり良いなーっと思いました。
この辺の山は何だかつまらなくなってしまいました。
また、気持ちが変わるでしょうが・・・

長男はnariyuki氏に3年間指導していただきました。
次男はnariyuki氏の強い勧誘にもかかわらず拒否し続けました。
nariyuki氏には頭が上がりませんm(_ _)m

びんちゃんも北アルプスにGO!です・・・
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード