爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五龍岳・唐松岳・・・その4(8/1)

2012年8月1日(水)五龍山荘→八方尾根下山
ようやく最終の下山日。6時出発だったが少し遅れて6時22分五龍山荘を出発。今日も最高の天気だ!遠見尾根分岐まで少し登り、大黒岳手前の鞍部(2310m)まで下りになる。大黒岳を通過すると徐々に登りになり、辛抱して歩みを進める。岩場を登り回り込んだ所で目の前に唐松岳頂上山荘が現れる。山荘の日陰で休憩する。長男は唐松岳が初めてだったので山頂往復することにして、ザックをデポして軽装備で15分程の登りで山頂に着く。白馬岳への厳しいルートが見える。山頂では多くの人が展望を楽しんでいる。写真を撮って山荘に戻り、9時54分八方尾根の下りに入る。登って来る人が沢山いて賑やかになる。中学生や幼稚園の集団が登って行く。家族連れが多い。丸山ケルン下の雪渓上で休む。下るに従って、人は多くなり気温も上がってきた。八方池付近は混雑していた。八方池山荘に着いてザックをおろしてソフトクリームをほお張り、グラードクラッドリフトに乗って下り、更に黒菱第3ペアに乗って黒菱平に降り立ち、無事に今回の山行を終えた。長男の車が無事にあったが、ドアを開けたら強烈に暑かった。カフェテリア黒菱で昼食を食べるか迷ったが、下って白馬のガストでドリンクバーのがぶ飲みをした。その後、扇沢へ私の車を取りに向かい、この日はファインビュー室山に泊まることにした。宿泊者専用の温泉に入り、夕食を食べながら生ビールをグビグビと飲み干した。翌朝、長男は用事があって松本市内へ、私は長野道を山並みを見ながら秋田へと向かった。


<コースタイム>
五龍山荘06:22→06:28白岳(遠見尾根分岐)→06:54大黒岳→08:36唐松岳頂上山荘08:52→09:08唐松岳09:24→09:39唐松岳頂上山荘09:54→10:31丸山ケルン→11:38第3ケルン(八方池)→12:13八方池山荘12:23→(リフト2つ)→12:40黒菱平


6時出発予定だったが、6時22分になって出発。一緒だった千葉の人はとっくに出発して行った。山荘の方に突然「行ってらっしゃい!」と言われて、返事をする気持ちの余裕がなかった。
2012080101

白岳(遠見尾根分岐)に着いて、前方の唐松岳までのコースを眺める。
2012080102

鞍部近くには地図に無い小さな水たまりがあり、近くにキヌガサソウが群生していた。
2012080103

上の写真の岩場を回り込むと、下の写真のように目の前に唐松岳頂上山荘が現れた。上の写真のバックは五龍岳。下の写真に唐松岳山頂部と白馬岳方面が写っている。
2012080104
2012080105

五龍岳をバックに唐松岳山頂で写真をパチリ!日差しが強く暑い!
2012080106

唐松岳山頂から見た白馬岳方面。懐かしい手前の不帰嶮や天狗ノ大下り、天狗ノ頭、白馬鑓ヶ岳などが良く見えた。
2012080107

八方尾根を下り、ようやく八方池(上の写真)が見え、更に八方池山荘とリフト乗り場(下の写真)が見えた。この辺はすごい人だった。
2012080108
2012080109

八方池山荘・リフト乗り場に着き、もうこれしかないだろう!ニコニコしてソフトクリームを買ってきた。
2012080110

黒菱第3リフトに乗り下ると黒菱平に駐めてあった車が見えてきた。白馬村方面も良く見えている。もう歩かなくても良い!でも、鹿島槍ヶ岳を越えて五龍岳までのコースのすばらしさに対し、人の多いこの辺は別の世界のように思われた。また来てみたいと思わせるコースだった。今度はキレット小屋に泊まってみたい!
2012080111

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード