白神山地の天狗岳へ

2011年10月13日(木)
nariyuki氏に影響されて天狗岳へ行くことに・・・
天気も良さそうだ!紅葉はどうかな?朝7時頃能代市の自宅を出発。約1時間で深浦町岩崎地区の白神ライン入口交差点。更にそこから約1時間で天狗峠にある天狗岳登山口。この峠は深浦町と鰺ヶ沢町の境界にもなっている。着いたら、既に3台の車が駐まっていた。1台が名古屋ナンバーで後の2台が青森ナンバー。
準備をして9時23分出発。登山口には「天狗岳まで5.154m」という案内板があり、更に0.5km毎に天狗岳までの距離を示した案内板がある。秋のさわやかな空気と紅葉が始まった尾根歩きは気持ちが良い。ぬかるみは最初の部分に少しあるだけで、他は乾燥した尾根歩きだ。アップダウンを繰り返しながら進んでいたら、戻ってきたご夫婦とすれ違った。その後、間もなく単独行の男性とすれ違う。余りにも山々の紅葉が綺麗で何枚も写真を撮る。あと1kmという所を過ぎると徐々に登りになる。793mの標高点からは斜度がきつくなりいっきに標高差150mを登ることになる。あと0.5kmという案内板付近で単独行の男性を追い越して11時2分山頂に着く。山頂には二等三角点の標石もあった。展望は南と西側は良いが、登って来た北側と北東が良く見えない。おにぎりを食べ、写真を撮り、男性を待ったがなかなか来ない。11時17分下山開始。間もなく男性とすれ違う。下りも紅葉の写真を撮りながら清々しい空気を胸一杯に吸って歩いた。登山口に戻ったら、私の車と青森ナンバーの1台だけになっていた。車に乗り紅葉を眺めたり、写真を撮ったりしながら砂利道の白神ラインを走った。「1987年2月下旬に白神岳から向白神岳を越えこの林道に下りたよな~!」っと思いながら、林道に下った場所を探したがはっきりわからなかった。林道に出てから岩崎の集落手前の憩いの家に置いてあった車に着いたのは21時20分であった。あの時の辛さは未だに覚えている。霞んだ白神岳を何度か眺めながら国道101号線を能代へ走った。

<コースタイム>
(登り)登山口(天狗峠)09:23→天狗岳まで4.0km09:41→天狗岳まで3.0km09:59→天狗岳まで2.0km10:19→天狗岳まで1.0km10:36→天狗岳まで0.5km10:48→11:02天狗岳山頂
(下り)天狗岳山頂11:17→天狗岳まで1.0km11:44→天狗岳まで2.0km12:09→天狗岳まで3.0km12:30→天狗岳まで4.0km12:50→13:09登山口(天狗峠)

天狗峠を深浦町側から鰺ヶ沢町側を撮す(下山後に撮す)。右側に看板があって登山口となっている。
tozanguti1

登山口にある距離を示した案内板。メートル単位まで示してある!
tozanguti2

登りの途中で見た天狗岳。本当に天狗岳なのかどうか?後で写真を見て自信がなくなったm(_ _)m
tengudake

天狗岳まで2kmの案内板付近で東側(左手)を振り返ったら斜面に日があたって綺麗だった。
kouyou2kmtemae

天狗岳山頂。白い距離を示した看板と同じような山頂を示した看板がある。右奥に二等三角点があった。右奥の尾根が向白神岳の尾根である。
tengudakesantyou

上の写真の左側の部分。秋田県側の山々(真瀬岳や二ツ森)が遠望出来る。右下の沢は追良瀬川になる。
santyoukaranoenbou

下りの途中で撮したブナの紅葉。比較的細いブナだった。まだ紅葉していないブナもあった。
bunakouyou

下りの尾根の途中で見た岩木山。登りの途中でも撮したがもっと霞んでいた。
iwakisan

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード