白神岳・大峰岳・崩山

2011年8月27日(土)
月イチ白神岳へ行こうと考えていたら・・・前日(金曜日)夕方、電話があって能代工業高校山岳部に同行することになった。
コースは白神岳へ登り、縦走して十二湖へ下るコースだが、私にとっては久々のコースだ。
山岳部の生徒5名と顧問の先生1名、そしてOBが2名に私が同行した。うちOB1名は、前日白神岳へ登っているということで、車を回して十二湖のリフレッシュ村で待機。
8時4分8名で駐車場を出発して登山開始。駐車場には我々の車を入れて11台あったが、他県ナンバーがほとんど・・・!
登るにつれて暑くて汗が滴り落ちる。最後の水場で小休止。次第にペースは落ちる。重いメインザックを背負っている生徒は大変だ!11時7分大峰分岐を通過して11時25分山頂に着く。山頂手前でしばらくぶりでガイドに来ていた佐OO昇氏と会う。山頂では、ガイドの西O氏や地元の重鎮西Oとも会う。山頂は賑わっていた。昼食を食べ、記念写真を撮って12時13分出発。大峰分岐から大峰岳を目指して進む・・・が、ヤブが多く足元が見えない急な下りでは危険を感じる。行けども行けども大峰の登りにならず、ヤブの箇所が多くいささかバテてきた頃、大峰岳への急斜面の階段を喘いで14時17分大峰岳山頂に着く。少し休んで崩山を目指す。これから先はヤブが少なかった。崩山のベンチでも小休止。携帯電話でOBから連絡があり、大崩まで登って、その後下ったということだった。あとは下りだけなので辛いながらもどんどん下り、大崩を通過して17時5分青池と鶏頭場の池の間の登山口に着く。ここから車の置いてあるリフレッシュ村まで歩き、着いた時には力が抜けた。
久々の縦走路、少しコースがヤブになっていて残念に思った。特に、大峰分岐と大峰岳の間がひどかった。

山頂での記念写真。私が単独行した時のようにセルフタイマーで!岩木山の山頂部はガスの中で見えず。日本海側もガスが湧いていて見えないが東側の山並みは、尾太岳や田代岳までははっきりと見えた。
santyou

大峰分岐から大峰岳の間は写真のように笹が伸び足元が良く見えない。笹や雑草をかき分けながら慎重に進んだ。
yabu

そんなヤブの中、風化した岩の尾根の上で突然ウメバチソウが!今日のコースで見たのはここだけであった。以前にもここで見たような気がした。
umebatisou

1020mの大峰岳山頂に着く。大峰分岐まで3.6kmとあったがもっと長く感じた。大峰分岐から大峰岳まで1時間50分ほどかかった。
ominedake

崩山山頂。939.9mとあるように、ここには3等三角点がある。大峰岳は標高点である。
kuzureyama

日本海側のガスも取れ、大崩から十二湖の一部と日本海を望む。右の岬は艫作岬でその手前が旧岩崎村の中心部である。
oukuzure

青池と鶏頭場の池の間の登山口に着いてホッとしたが、ここからリフレッシュ村まで歩かなければならなかった!
gouru

theme : 登山
genre : スポーツ

comment

Secret

No title

いつかは歩きたいと思っているこのコース、1日でやっちゃうんですね。
高校生達はメインザックですか。んー凄い。
登山道が藪に覆われてるとは残念。
道に迷いそうで不安です。助っ人を探さなきゃ…

いつ板納めですか?

決して楽しいコースではありませんよ!辛いコースです。
以前は十二湖から登って白神岳山頂がゴールという大会もありました。
余りにも強烈だったので、最近では十二湖に下りるようになりました。
大峰岳は樹林の中なので展望が無いし、崩山も山頂部は周囲の樹木が大きくなってきましたね!
ところで、板納めはいつですか?もしかして、このままシーズン突入でしょうか?

もう1回は

楽しくないコースと言われると…。易きに流れちゃいます。楽しい雪渓へw
行きたがってる方々がいるのでいつかは、と思ってますが、
高速登山隊な方々なので鍛えておかないと。

板納めはいつもウヤムヤのうちに。
まだ行きたいなぁと思ってるうちに雪が降って翌シーズン突入。
今年は10月まで雪渓が残りそうですが、仕事も家庭も行事続きで
休みが休めない感じ。でももう1回は行きたいと画策してます。

活動的で、感心します!

アクティブな毎日のようで充実した日々かと思います。ブログを拝見して、いつも感心しています。
小生のシニアな生活もいささかくたびれています・・・
山スキーをやっている時は、スキーは登山の時の移動手段でした。
それが、テレマークスキーをやるようになってから、滑るために登るようになりました!なぜでしょうね?
自分でも不思議なんですが、回りの仲間もそうなっているんです?
鳥海の心字雪渓も行ってみたいな・・・
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード