ニッコウキスゲの咲く藤里駒ヶ岳へ

2011年7月6日(水)曇り後晴れ
地元紙に記事が載っていたので気にはなっていた。田代岳の八方平のニッコウキスゲや白神岳のニッコウキスゲもそろそろかな・・・と思いながら、幾分体調不良もあって比較的イージーな藤里駒ヶ岳にした。
曇り空の中遅い出発。藤里町に入り延々と山奥を目指し岳岱を越え濡れた舗装道路を走って11時前、登山口に着く。沢山の人がいる。松本からいらしたというツアーの方々も。松O氏御夫妻ともバッタリ!
11時7分出発。間もなく田苗代湿原。一面にニッコウキスゲが咲いている。カメラを出して撮影!湿原より先へ進んだのはツアーの方々だけ。他の方々は戻って行った。植物を撮しながら登り始めたら、間もなくツアーの方々を追い越す。ガスに煙る誰もいない山頂に12時43分に着き、ひとりポツンと昼食を食べる。その後樺岱コースの方へ少し下って様子を見てくる。山頂に戻ったら松本からのツアーの方々が到着。信州のあこがれの山々の麓から秋田までいらしてくださったm(_ _)mご苦労様!メンバーには南岳で40年間勤務を頑張った方もいるとか!とても私には無理な事!北アルプスに来たら寄ってくださいということであった。新島々の事務所にいらっしゃるようだ。明日は森吉山だということであった。挨拶をして下山開始。下りは尾根道を下ることにする。間もなくガスが上がり前方に岩木山と尾太岳(おっぷだけ)が見えた。植物の写真を撮りながら下り、もう一度田苗代湿原へ戻って写真を撮る。14時24分登山口に戻る。松本からのツアーのバスが待っていた。今晩は大館の大滝温泉だとか・・・運転手さんに挨拶をして車に乗って帰路につく。峨瓏大滝を見て、ゆとりあ藤里の温泉(400円)に入り、国道7号線を自宅の能代市に向かった。

<コースタイム>
登山口11:07→田苗代湿原で写真三昧→12:43山頂(昼食・樺岱コースの確認)13:20→田苗代湿原に戻って写真撮影→14:24登山口


田苗代湿原のニッコウキスゲ
nikoukisuge

nikoukisuge2


ガスで霞む山頂の標柱と2等三角点の標石。
santyou1santyou2


植物は沢山!ギンリョウソウはいたる所に!イワウチワはごく一部にしか咲いていなかった。
ginryousuo
iwautiwa


下山後の登山口。入れ替わり立ち替わり車がやってくる。多くの人が田苗代湿原のニッコウキスゲ目当て!登山する人は少ない。青いマイクロバスが松本からのツーの方達のバス。ネットで調べたところ、株式会社ロータリー旅行関係者の方々だと思ったが・・・
tozanguti

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード