白神岳

2011年4月15日(金)
2月以来の白神岳。どれくらい雪解けが進んでいるだろうか?
冬靴を履きスノーシューを背負って登山口駐車場を午前9時前に出発。先日の田代岳の時と同じレイヤーで登り始めたが暑い!記帳所で記帳したら昨日から入山している方が2名いるようだ。夏道のマテコースを進む。最後の水場で休み、直ぐ先の登りの所から全面雪になりスノーシューを履く。どうせだからということで尾根に向けてほぼ直登する。途中沢状になった所にデブリが!上部の急斜面で喘ぎ10時55分尾根に上がる。下り方面に2人のパーティがいるが私には気がついていない。尾根の上を山頂を目指す。雪が腐りかけ歩きにくい。風が強くなってきた。雨具の上だけ着る。南西からのぬるい風だ。最後の急斜面で一歩進んで半歩ずり下がり喘ぐ。時々強風にあおられながら12時26分誰もいない山頂に着く。
写真を撮り、風の無い場所を探してマットを敷き、ドッカと腰を下ろしておにぎりを食べる。向白神岳や真瀬岳、二ツ森、日本海、付近までは良く見えるが遠くの山は霞んで見えない。岩木山は目をこらして、ようやく確認出来た。ゆっくりしてから、12時55分さあ下ろうか!っと出発。登って来たルートを下り1000m付近で雨具を脱ぐ。暑い!尾根を進んだが、登って来た所は通過してマテ山頂を目指していた。何となく2人(西口氏のパーティのようだった)が下った道を進んでいたのだ。マテ山頂からも雪の上を快調に下った。ところが・・・やがて雪は次第に少なくなり600m付近から下は雪なし!!!何となく道はありそうな感じだが汚い!ヤブ漕ぎというわけでないが汚い!それに暑い!汗をかいてようやく夏道に出てホットする。下りの道の選択に失敗した。15時2分記帳所について下山を記帳。身体が汚れていたが入浴せずにコンビニにも寄らず帰宅。帰宅後、靴・スノーシュー・スパッツ・ストップを水洗いする。衣類は洗濯、そしてシャワー!

<コースタイム>
駐車場08:57→記帳所09:05→二股分岐09:33→10:03最後の水場10:10→尾根の上10:55→大峰分岐12:13→12:26山頂12:55→大峰分岐13:09→登りで尾根に取り付いた所13:51→マテ山頂14:02→登山道14:42→記帳所15:02→15:09駐車場

最後の水場を過ぎて雪の斜面をほぼ直登する。写真の右の尾根状になった斜面を登る。沢状になった所の上部はデブリがあった。
mizubajoubu

最後の急斜面を登り切り、尾根に上がったら下り方向に2人のパーティがいた。私には気がつかなかったようだ。
onenitorituku

セルフタイマーで山頂写真。岩木山は霞んでいて写真には映らなかった。暖かいが風が強く、標柱の上に置いたカメラがなかなか安定しなかった。
santyou

山頂部から二股コースを見てみた。山頂部のこの辺は雪が無いが直ぐ下から一面の雪のようだ。中央の尾根が二股コースがある尾根だ。
futamata

マテ山頂に着く。暑く汗をかく。だいぶ雪が少なくなっている。
matesantyou

福寿草とキクザキイチゲが仲良く並んで咲いていた。
kikuzakiitige

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード