冬山講習会に同行して(森吉山)

2011年2月4日~6日
秋田県高校山岳部顧問冬山講習会に同行させていただきました。初日は大変濃いガスの中の登りになりましたが、2日目の後半から少しずつ視界が良くなり気持ち良く下山する事が出来ました。
初日(4日)、事情があって1名はスキー場駐車場に車泊、先発隊(9名)と遅れて着いた後発隊(4名)に分かれて出発。私は先発隊と一緒に登りました。
14時20分頃阿仁スキー場ゴンドラ山頂駅を出発。メインザックは重い!灯油を大量に背負っているメンバーもいる。自宅を出る時には雨だったのが、スキー場駐車場では湿った雪になっていた。視界の悪い小雪の舞う中14時30分樹氷平から登山コースに入る。この季節にしては気温は高く、風は微風。石森手前の尾根の上に出て標識を密に打つようにする。石森に着いて、阿仁避難小屋へ向かうため右へ曲がるが、石森の南東側に出来る段差にガクンと落ちる。なぜなら雪面の様子がほとんど見えない。そこからは手探りのような前進だった。視界は10m~20m。最初の鞍部を過ぎてから、小ピークで進行方向右手にして縁を回り込んでしまう。地形の異様さに不自然に思って、少し戻って2つめの鞍部を確認。小屋へ向けて登り16時にようやく到着。間もなく後発隊がゴンドラ山頂駅を出発したとの無線連絡が入る。標識を密に打ったつもりだったが時間も遅かったので心配だった。16時28分後発隊が無事に到着。ホットして小屋の中で、持参した灯油を注ぎ足し暖を取る。下の駐車場に取り残された方には申し訳ないm(_ _)m時々駐車場からの無線の声が聞こえるが、小屋にいる我々からの電波は届かなかったかと思う。

4日:ゴンドラ山頂駅から樹氷平まで来て登山道に入る体制にして、登山コースに入る。
juhyoudaira

4日:ようやく阿仁避難小屋に着いてホットして中に入る。
hinangoya

4日:先発隊が到着して、少しして後発隊が到着。相変わらず視界が悪い!
kouhatutai


2日目(5日)、相変わらずガスで視界が悪いが、時々ガスが薄くなり見通しが良くなる。1人車泊した方が登って来るのを待って山頂へ登ることにして待っていたら10時頃到着する。山頂へ向かう準備をしていたら、kamakesi氏が現れ、総勢15名で山頂へ向かう。小屋から、ほぼ東へ向けて連瀬沢を越えて登る。途中シールが外れるトラブルもあったが11時15分山頂に着いて集合写真を撮る。ここでkamakesi氏の提案で、6名は山頂から東面のスキー滑走へ行くことにする。他の人達は小屋へ向けて下山。我々6名は山頂を北側から巻きながら東面へ進む。ガスが晴れずに少し待つ。視界が晴れた瞬間!さー行くぞー!っとkamakesi氏が一気に下って見えなくなる。我々も続くが視界がイマイチ!浮遊感を味わいながら・・・撃沈しながらkamakesi氏が待つ斜面下部に到着!うむむ・・・なかなかの斜面!もう一本滑りたいような気分!でも登り返して「オー疲れた!」またの機会にしよう!小屋へ向けて下山。小屋に着いたらボーダーの人達もいて賑わっていた。昼食を食べ、間もなく着いたご夫婦に小屋を明け渡して13時前出発。次第に天気は回復しているようだった。ボーダー人達が後を付いて下って来た。石森からは、一時山頂がスッキリ見えた。ゴンドラ山頂駅に着き、悪雪のゲレンデを下る。ここでkamakesi氏は先に下って行きお別れ(^^)/メインザックの重さは堪える~!左のオフピステの斜面を下っていたら木の枝にスキーを引っかけて前転!ザックが重いだけに起き上がるのが大変!それでも何とか駐車場まで下ってご苦労さまでしたm(_ _)mそのまま各自の車で打当温泉に向かい宿泊。
翌6日の朝からの講習を終え、昼近くには解散!この時期の天気としては最高の天気だ!山頂を越えあの東面に行って滑りたい気分だったが、時間も遅かったし、阿仁スキー場へは結構な距離もあるし、次回に残しておこうという事にして帰路についた。お世話になった皆さんごありがとうございましたm(_ _)mそして、苦労様でしたm(_ _)m

5日:時々視界が良くなったりもするが、ほとんどが視界の悪いガスの中を登る。
santyounobori

5日:山頂の標柱前で全員の集合写真!おっ!1人足りない?写真を撮っている私です!
santyou

5日:山頂から東面を滑ってから山頂まで登り返した。その山頂から下った小屋手前で、シール無しの少しの登りに喘ぐ東面滑走隊!
koyafukin

5日:石森に着いたら、皮肉にも山頂まで見える。いつもこんなもんだ(-_-)
この後、天気は好転し翌日も晴れが続いた。我々とバトンタッチするように来た、小屋泊のご夫婦にやられた(>_<)!
ishimori

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

お世話になりました。
一人だったら東斜面行けませんでした。寂しくて…
どうもありがとうございます。

こちらこそ!

東斜面案内ありがとうございましたm(_ _)m
今まで向こうには何度も行きながら気がつきませんでした!
今日の空を見て行こうかと思いましたが、午前も講習があり、打当温泉出発が遅く断念しました。
あの気持ちの良い浮遊感!今度はしっかり雪面の見える機会に・・・感謝!感謝!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード