今年14回目の七座山

2010年12月21日(火)
今年14回目の七座山だが、昨年は1年間で24回だった!
予報で天気が良いのは知っていたので、久々に森吉山にでもっと思っていたのだが、午前中に野暮用が入り断念!まあ、きっと雪も少ない事だろうしスキーも余りおもしろくないだろうな?っと自分を納得させて午後から七座山へ出掛ける事にした。
天気が良いだろうからと、一眼レフのカメラを持ち出したが、空が霞んでいて写真撮影は止めた。その分、何かいつもと違う事を!と思って猿田沢コース(私が作成した地図のコース)を登る事にした。幸い、雪も少なく仁鮒の登山口まで車で入る事が出来た。登山口の畑では、冬用に埋めておいたのか?カボチャや白菜などの野菜が野生動物によって掘り返され散乱していた。
雪の上に人の歩いた跡は全く確認出来なかった。しばらく猿田沢沿いに登り、沢と分かれて杉林を登り、最後の急斜面を上がれば山頂への尾根になる。山頂手前の尾根の上で2人連れの男の人と出会い「こんにちは~!」っと挨拶をした。ひとりの方は、何だか元二ツ井町長だった丸○氏のような気がしたが?多分間違いないだろう。天神側へ降りて行ったようだ。
山頂に着き、無くなっていた二ツ井山の会で設置したポストボックス内の記帳用ボールペン(赤と黒の2色)をプレゼントした。箕座の展望台まで足を伸ばし、写真を撮って山頂へ戻った。雪の上に多くの足跡がありビックリした。ワカンで歩いた跡もあった。猿田沢登山口へ向けて下り、途中から鞍山へ行ってみようか?と思ったが、時間が遅かったので諦めた。登山口に戻ったら16時少し前だった。私が登ってから来た車のタイヤの跡があった。
少し物足りなさを感じながら、家路についた。今年の七座山は、今回で最後かな?
外面から常盤を通り、向能代のローソンでおでんを買って帰ったら母が喜んでくれた。

手前の畑の横に車を停め、写真の右端に写っている水路にかかる橋を渡り、左へ向けて登る。黒っぽく写っているのが案内の看板。
tozanguti

猿田沢に架かる登山道の橋。このように何度か沢を渡りながら徐々に登る。沢はさほど大きくないから、よほどでなければ危険はない。
hasi

沢と分かれて登り始めて間もなく、このような大岩が2カ所にある。4~5m程の高さで、ボルダリングには最適な岩に思える。おもしろそうだ!いつかやってみたいな・・・!
iwa

山頂への尾根に上がる手前の急斜面。トラロープが張られている。この上で天神側から来るコースと合流する。
kyusyamen

手前に向かって流れる米代川に、写真の中央付近で右から左へと合流してくる川が阿仁川だ。手前の集落が麻生、阿仁川の向こうが下田平集落。かつては良く洪水になり水没した集落だ。手前の方で堤防工事が実施されている。写真では見えないが、下田平へ行くために阿仁川に架かる橋も、下田平ゆめの大橋となって、阿仁川の水量が増えても行き来が出来るようになった。
anigawa

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード