紅葉狩り?に七座山へ

2010年11月2日(火)
今年は、紅葉が遅いとか?余り綺麗でないとか?いろいろ言われるが・・・七座山はどうだろう?
いつものトレーニング登山とは違って、今日は普通の歩みで淡々と観察しながら歩いてみた。
トレーニングで使う松座から権現座への尾根を歩いた後、いつもはその逆コースを戻る。しかし、今回は山頂の権現座から更に先へ(南へ)進み、猿田沢との分岐から左の急斜面を下って権現の岩屋へのコースを進んだ。権現の岩屋からは、更に先へ進んで尾根への階段を登り箕座展望台へ戻った。鉄製の階段を登る手前で、前方に白っぽい岩の壁が見えた。以前、箕座直下の岩壁で高校生のクライミング講習会を実施したことがあるが、白っぽい岩はその岩の更に奥に位置しているように見えた。展望台からは松座登山口へ尾根道を進んだ。薄暗くなった松座を下りはじめたら雨が強く降り出し、急いで下山した。コースについては山へ行こう!の七座山の地図のページを参考にしてください。

<参考のために、今回のコースタイムです>
松座登山口13:48→松座13:59→大座14:04→柴座14:08→三本杉座14:15→箕座14:19→烏帽子座14:26→14:35権現座(山頂)14:49→猿田沢コース分岐14:56→法華の岩屋15:02→権現の岩屋15:19→旧天神荘への分岐15:26→分岐15:28→縦走路の尾根(烏帽子座と箕座の鞍部)15:35→15:37箕座展望台15:56→三本杉座16:00→柴座16:07→大座16:11→松座16:17→松座登山口16:25


権現座(山頂)を猿田沢方面へ進むと、突然のようにエゾオヤマリンドウが咲いている。松座と権現座との間では見ることがなかった。この狭い山域でも、植物の分布が違うのだな~!
ezooyamarindou

権現座(山頂)直下に近い辺りの岩の下部の凹部に、鬼子母神などの石碑があり、嘗て修験の場として利用されたようだ。法華の岩屋と言うようだ。岩全体には大小様々な穴があいている。このような岩は、きみまち阪の奥にある岩山の神社背後にもある。同じ岩質なのだろうか?
hokkenoiwaya

権現の岩屋。円仁(慈覚大師)が彫作したとされる獅子頭がある。
gongennoiwaya

箕座へ戻り展望台に上がった。いつもこの季節に見るカエデの葉は写真の通り!昨年の10月29日のブログの写真と比較してみてください!そのブログの2枚目の写真のカエデが今日写した写真のカエデと同じです。今年の紅葉はどうなっているんだろう?まだ、春のような色をしたカエデもある。逆に、茶色に変色して縮んでいるカエデもあった。
kaede

箕座展望台から山頂方面を撮した。手前の樹木は、風で大きく揺さぶられ、手振れのような写り方をしている。尾根の上は西風が強く吹いていたが、権現の岩屋などがある東斜面中腹の道は、風もなく静かであったが薄暗く不気味でもあった。しかし、道は以前より良くなったような気がした。
santyouhoumen

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード