森吉山(桐内沢集落跡から松倉コースへ)

2010年10月1日(金)
naritanu氏から桃洞渓谷で遭難騒ぎというメールが!その時、私は新潟に居た。明日、桐内沢集落跡から松倉コースの調査をやるから同行を!というメール。今晩遅くに能代市に帰るからとメールし、ゆっくり出発でオッケー!をした。
深夜帰宅して、調査登山の準備をして就寝。朝ゆっくり9時出発で阿仁前田で合流。車1台を松倉コース登山口に置き、もう1台で下って桐内沢集落跡へ。
桐内沢集落跡には立派な石碑が建っていた。12時頃出発。私は新調した長靴で・・・?読図しながら、ルートを確認しながらゆっくり進む。刈り払いしたりして進んでいたnaritanu氏は途中からサワモダシ(ナラタケ)やスギヒラタケの採取作業にも力を入れる。ビニール袋一つで満足しただろうか?造林スギの林が続く沢から登りになるとやがてブナ林の尾根になる。途中で昼食。小さなハエがまとわり付く。3時間ゆっくりと歩いて現在の松倉コース登山口に着いて車に乗る。森吉ロッジ前でくつろいでいた間○氏に挨拶して下る。時間が時間だけにノロ川方面は後日ということにして帰路についた・・・!


桐内沢集落跡から前方の尾根を見る。松倉へのコースは、前方の尾根の右の沢を辿り、左側へ曲がり尾根の背後を回って左手奥の尾根の上部へと登る。写真を写したこの場所の右手に立派な石碑があり、ホースで水が引かれていた。
kirinaisawa


旧林道上にやたらに栗の木の枝が落ちていたので上を見上げたら!大きな栗の木にクマ棚が数カ所!おー!写真でははっきり見えないかもしれない?このクマ棚を作った連中には絶対会いたくない!
kurinoki


桐内沢集落跡から2km程登るとこの石碑があった。「高畑移転記念碑」「昭和46年7月」と彫られていた。当時、地盤沈下によって危険になったため、集落から13戸(全戸)が移転したようだ。
takahatasyuraku


スギの木の下にツチアケビが立っていた。高さは30cm程。不気味な色だ!
tutiakebi


土砂が流れたり、ヤブになったりした箇所もあったが写真のように登山道らしき道がしっかりと残っている。
tozandou


大先輩が使用していたので気になっていたが、高(?万円)くて手が出なかった!先日、ICI石井秋田店でようやく購入!購入する時「清水の舞台から跳ねるつもりで!」と言ったら長男に笑われた(>_<)
今回初めて使用!足裏は蹴飛ばされれば怪我をしそうなスパイク!チェーンソーで足を切る事故が多くてということで、林業の方々の要望で作られた物のようだ。チェーンソーでも切れないのだろうか?高価だから実験をする気はないm(_ _)m
ヤブや湿地の多い所は良さそうだ!七座山や房住山はビブラムソールがもったいないから、これで歩こうと思っている。
nagakutu

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード