鳥海山麓彷徨(秋田県高校総体登山競技の下見)

2010年5月27日(木)~30日(日)
6月5日~8日に行われる高校生の登山大会の審査を依頼され、事前に歩かないわけに行かず、県北地区の学校に同行させていただいた。
27日は夕食後能代市の自宅を出発。雨のにかほ市の奈曽川河川敷公園に着いて車泊する。
28日、霧雨の中、移動して獅子ヶ鼻湿原の駐車場に車を駐め、丸森へ向け出発。途中から雨も止んで13時10分丸森山頂(1113.8m三等三角点)に着く。山頂を越えカラ滝を目指す。残雪を登って尾根に取り付く。登山道を探しながら進むがカラ滝手前のヤブに阻まれ、時間も遅かったので断念して戻ることにした。下るに従って霧雨が降り濡れる。猿倉のオコジョランドキャンプ場に泊まる。
29日も霧雨が降る。祓川に車で移動し、まずは七ツ釜避難小屋に向けて出発。スキーやボードを背負って登って行く人達を見ると私も滑りたくなる。スキーは車に積んで持ってきている。しかし登山靴で登る。9時25分に祓川を出て10時45分に七ツ釜避難小屋に着く。ガスが濃い。雪面上で休憩してから康新道に向かう。雪に出ている尾根に登り昼食にする。ここから山頂へは行かず猿倉コースを下ることにする。七ツ釜避難小屋に戻り、雪でブツブツに切れている猿倉コースの登山道を探しながら下る。途中、生徒が前方の登山道をクマが横断していくのを発見!少し緊張するが無事に通過して車道に出る。雨の中の車道を堰口へ下り、導水管脇を下り発電所への道をヤブこぎをしながら探すが見つからない!近くに柘○氏の車があったのでアマ無線で連絡をして教えていただくことにする。本人が来て直接教えていただく。選抜された生徒のみを連れてヘッドランプをつけて暗くなった急斜面を下る。真っ暗になって発電所に着きオコジョランドキャンプ場まで歩く。この日もオコジョランドキャンプ場に泊まる。
30日の朝、目覚めたらほぼ快晴!鳥海山がくっきりと青空の中に見える。奈曽川河川敷公園へ移動して、大会初日のコースを歩く。横岡の集落を迂回するように林道を進み、七曲りを登って上の山放牧場を進む。牛の集団に遭遇する。獅子ヶ鼻湿原を通って管理棟駐車場に着いたら14時近くになっていた。初日のコースにしては長い!車を出発地点へ取りに行って解散!暑いくらいの好天の中、雲がかかりはじめた鳥海山の勇姿を後ろに見ながら、途中のコンビニでアイスを食べて自宅へ向かった。
そういえば、荘○氏に誘われていた29日夜の小松由佳氏の講演と30日の百宅コースの登山を、連絡もせずにすっぽかしてしまった。ごめんなさいm(_ _)m

28日、やっとの思いで丸森山頂に着いて昼食を食べる。西には稲倉岳がドスンと構える。何度か挑戦して一度しか山頂にたどり着いていない。スキーには最高の山であった。
稲倉岳

28日、丸森からカラ滝を目指し、登山道を探して雪面を登って発見。丸森を振り返った。
丸森山

29日、祓川ヒュッテ脇に咲いていたリュウキンカ
リュウキンカ

29日、ガスの中の竜ヶ原湿原を出発した。
竜ヶ原湿原

29日、七ツ釜避難小屋への登りで喘ぐ。
七ツ釜避難小屋

29日、猿倉コースの下りで、近々咲きそうなマイズルソウの群落。
猿倉コース

30日、上の山放牧場の新堤から鳥海山(左)と稲倉岳(右の雲の中)を望む。
新堤から鳥海山

30日、上の山放牧場の牧歌的な風景。
上の山牧場

30日、獅子ヶ鼻湿原に着いてホッとする。あと少しで終わりだ!
獅子ヶ鼻湿原

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

大会とその下見お疲れ様。久しぶりにお会いできて嬉しく思いました。
こちらも大会をやっとアップしました。
参加者数を要項で確認するより、貴ページを見る方が早いと思ったので、参考にしようと考えたのですが、コピー&ペーストする方がもっと確実と思い直しました。
もちろんコピー&ペーストしたことは明記しました。
ありがとうございます。

なお、職場で「かまけし日記」も確認しました。併せて感謝します。
痙攣の薬の代表的なものは

商品名「つむら68番」

のはずですが、なぜかその記述を見つけられませんでした。

Re: No title

大会審査お疲れ様でした!
かまけし日記を再度見てみましたがツムラの薬はなかったですね。
記事は3カ所にありました。
http://pub.ne.jp/kamakesi/?entry_id=2856535
http://pub.ne.jp/kamakesi/?entry_id=2863554
http://pub.ne.jp/kamakesi/?entry_id=2869073
の3カ所です。
それよりも、彼の仲間との鳥海でのスキーツアーの記事
http://pub.ne.jp/kamakesi/?daily_id=20100519
が、感動の鳥海山スキーですね!
県内では雲海の上でのスキーなんて鳥海山でなければ出来ませんね!

大会2日目かまけし氏は七ツ釜にいたらしく最新記事に大曲女子のゴールシーンについての記事がありました。
http://pub.ne.jp/kamakesi/?daily_id=20100606
一般の人が高校山岳部の様子を見ることなんて余り無いと思うので、記事になることは嬉しいことですね。
もっとも彼は能代高校山岳部OBです。今は学校事務職員ですが。

矢島で貴殿と別れて帰宅したら荘司氏から電話があって連瀬沢は7月にのびたということでした。是非参加したいと思っています。その際にはよろしくお願いいたします。
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード