白神岳(途中下山)

2010年5月1日(土)
前日の夜、友人のnariyuki氏からメールが来て急遽白神岳へ行くことになった。天気は、午後から晴れる予報だった。朝、用事があるということで、登山口10時半の集合予定。
自宅を出発して進むと、前方に厚い雲に覆われた白神山地が見え始める。予定より少し前に登山口駐車場に着いて待っていたら、相棒のnariyuki氏が着き、準備して出発。空は曇りで山頂方面は雲の中。
二人で10時半過ぎ出発。10時40分記帳所で登山届けのノートに記帳する。11時03分二股分岐通過。マテコースの最後の水場を過ぎて登るにつれて、次第に霧の中に入り、幻想的な雰囲気。しかし、そんな雰囲気に浸る気分になれない。二人とも仕事をリタイアしてから好天の日を選んで山登りしているから、こんな天気は久しぶり。12時04分マテ分岐を過ぎてからは風も出てきた。ブナの樹から落ちる大粒の滴にもさらされ体が濡れる。気持ちが萎えはじめ「白神岳まで2.5km」の看板を通過して間もなく途中下山を決める。下りながら春の不純な天気の話になる。天気図を書いている、nariyuki氏が、今日も富士山頂の気温が異常に低いと・・・私が北極振動とエルニーニョの話をしながら、マテ山山頂に寄ってから最後の水場まで下ってから昼食にありついた。昼食後二股分岐を13時55分に通過し、記帳所でノートに下山の記入をして、14時28分登山口駐車場に着いた。雲は登る時よりも更に低くなったようだ。それぞれ車に乗って帰路につく。国道101号線を青森県と秋田県の県境を通過して自宅の能代市に入ってきたら空は明るくなって高曇りになった。


写真は登山口駐車場。他県ナンバーの車が多いが、私も秋田ナンバーだから他県である。ここは青森県深浦町。右上の建物が登山口休憩所。
登山口駐車場


この看板を通過してから相談をして下ることにした。GPS で確認したら標高850mの尾根上から下ったことになっていた。写真の看板の背景が明るいのは、後ろの斜面は残雪に覆われているためである。
尾根の上


マテ分岐まで下って昼食を食べようとしたが、寒いしブナの樹から滴が落ちてきて冷たいので最後の水場まで下って昼食になった。写真の左側にnariyuki氏が写っているがガスで霞んでいる。このような天気での白神岳は何年ぶりだろうか?
マテ分岐

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード