大倉山(標高721.7m:能代市)へ

2010年3月4日(木)
昨年同じ季節に、小松崎山や小滝山に登った時、見栄えのする大倉山に行ってみたいと思った。
今回挑戦してみる事にした。友人を誘ったが、前日秋田青森県境の大鉢流山に行ってきたとの事で、単独行となった。
登りの道(登山道は無いと思う)の状況がわからないのでスノーシューにした。
朝、能代の自宅を出発し国道7号線の二ツ井西トンネルと二ツ井東トンネルの間にある交差点(種梅入口)を種梅方面(県道202号線)へ進む。道なりにどこまでも進む。やがて家もなく寂しい道になり、更に未舗装の狭い道になり間もなく、右に種梅川に架かる橋(橋には「はるよしはし」とひらがなで書いてある)に着く。橋のたもとに車を駐め準備する。
橋を渡らずに、「岩家沢支線入口」小さな看板があり、8時50分出発する。林道は除雪されたあとに少し雪が積もった状態。つぼ足でも行けるが、疲れるのでスノーシューを履く。
長い長い林道が続く。間もなく林道法面の上方を猿が一匹私と平行に歩いているのを発見。少ししてから姿が消える。その後、前方にカモシカが立って私を見ているのを発見。足を止めたら、しばらくにらめっこ!歩き出したら沢へ降りて行った。「岩家沢支線3km」の看板があって間もなく林道の分岐点。ここからは林道を除雪した形跡はない。
2つ目の林道分岐点を通過して少し行くと、立派な橋を渡り岩家沢の左岸に渡る。渡った所に「一番沢」の看板がある。ここから左岸をほぼ直線的に進む。遠く山頂部が見え始める。
暑くて汗を流しながら、右の斜面からの小さなデブリを沢山越えながら林道を進む。思ったより雪は少ない。
「岩家沢支線5km」の看板を通過して10分後くらいに尾根に突き当たり左右に林道が分岐する地点に着く。尾根への取り付き点を探しながら左へ尾根を巻き10時38分林道上で休む。
どこからどの尾根に取り付くか考え、10時45分決断して沢に入る。雪から雪へジャンプしたり、雪に腰まで埋まってもがいたりしながら沢に入り、尾根への取り付きやすい所から尾根へ向け登り、尾根の上に乗る。杉林の尾根は結構急でスノーシューとストックではは不安定なため、杉の枝を頼りにしながら登るが折れやすい。やがて傾斜が緩くなり展望が良くなる。上部の尾根が見えホッとする。右から尾根が合流し杉林からブナ林へと変わる。標高550m付近の尾根に乗り気持ち良く進むが山頂部が近くなると急斜面になる。硬い雪の表層に積もった雪が良く滑り危険だ。下りは要注意だと思いながらステップを作ったり、枝に捕まったりしながら踏ん張って頑張る。
ようやく12時ちょうどに山頂に着く。ブナ林の山頂は思ったほど展望が良くない。でも、森吉山や森吉山の左に秋田駒ヶ岳、そして田代岳、八幡平、岩手山等が確認できる。小滝山は直ぐ下に見える。小松崎山は尾根が邪魔になって見えない。直ぐ近くに焼山(羽後焼山)がよく見える。昼食のおにぎりを食べてゆっくり過ごす。暑くてアウターレイヤーはいらない。偵察の結果、下りは山頂から南西の尾根を下り、広い沢を渡って登って来た尾根に戻る事にする。
12時30分下山開始。尾根を下って、少し尾根の先まで足を伸ばすが小松崎山は明確に確認できなかった。戻って広い沢をトラバースして登ってきた尾根に乗る。あとは下るだけ!時々立ち止まって展望をしながらグングン下り、最後の沢で雪にはまってもがいて13時20分林道に出る。日の当たる所で休む。さあ長い長い6km近い距離の林道歩きだ。無心になって単調な林道を歩いて少し雲が出てきて15時5分駐車していた車に着く。
片付けて車に乗って出発。国道に出てきみまち阪へ向かい、コンビニでアイスを食べる!うまい!ガソリンを入れ、18時からの飲み会に間に合うよう自宅へ向かう。
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。コース地図もあります。



今回歩いた林道は写真の前方の林道。右は直ぐ橋。この橋を渡って進むと藤里町の方へ行く事が出来る。小滝山へも右へ行く。
スタート地点

猿を見てから少しして、カモシカ(緑の矢印の先)と少しの間にらめっこ!この辺は除雪した跡が残っていた。
カモシカ


写真の立派な橋を渡り岩屋沢の右岸から左岸へと渡る。林道と地形図の「岩屋沢」の名前の文字が違う。林道は「岩家沢支線」となっている。
橋


岩屋沢の左岸を進むと山頂が見え始める。写真の中央三角錐のピークが山頂部。
山頂遠望


林道から尾根への取り付き場所の写真。取り付いた尾根は、沢の右にある杉林のある尾根。一度、写真の右にある雪が溶け地面が見える斜面の裏にある沢に入り、沢を進んでから左の尾根(杉林の尾根)に登る。
取り付き点

杉林からブナ林になり、尾根の上を登って行くと山頂部が見え始める。
山頂近傍

山頂には看板も何もない。三角点はあると思うが雪の下。山頂から見た小滝山。小滝山は標高にして90mほど低い。
山頂から見た小滝山

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード