再び田代岳

2010年2月24日(水)
田代岳の別ルートで・・・
ロケット実験場直ぐ手前の杉の大木の横に車を駐め、9合目雪田へ尾根をほぼ直線的に登ってみる事にした。
10時、車のすぐ前の雪壁の上に登り、少し左寄りに登り始める。小さな沢を越え急斜面の密生した杉林になる。
気温が高いために杉の樹上に積もった雪が溶けタチタチと滴が落ちてくる。やがて濡れたスキーシールに雪が付き始めスキーが重くなる。我慢できなくなり、シールに固形ワックスを塗る。スキーが軽くなって急斜面の杉林を抜けブナ林になる。大広手口からの夏道に合流して休む。
暑い!上のアウターを脱ぎ、アンダーレイヤーとミッドレイヤーだけで十分だ。
出発したが、またシールに雪が付き始め、今度はガリウム社の液体ワックスを塗り、日に当てて乾燥させる。完全に乾燥させるには時間がかかるので、適当にして出発。スキーは軽くなりスムーズに登るがやがてまた雪が付き始める。
我慢の限界になったところで3度目のワックスを塗る。杉林でシールを濡らした失敗が尾を引いている。
標高1100mの雪田が近くなり雪が閉まり雪が付着しなくなって雪田に出る。山頂ドームが見え、喘いで12時35分山頂神社に着く。今日は、私独りだけの田代岳になりそうだ!神社内で昼食を食べる。
雷岳方面を覗きに出て、スキーシールをはずして13時43分下山開始。今日はカルフのステップ板を履いてきたので滑り具合を確認したかった。山頂ドームは少しクラストした雪で、下手なスキーでは飛ばせない!ノロノロと下る。
いつものように名残惜しい雪田をぬけ、少し重くなった雪のブナ林を下る。標高780m付近の夏道とのクロス地点で大休止。
ここから少しずつ左にコースをとりブナ林を下る。左下に荒沢コースへの林道の橋を見て右に曲がり登り始めた場所へ向かって、14時25分スタート地点に着く。
気温が高い!車のヒータもいらないくらいだ。除雪車2台とすれ違いながら林道を下り、田代地区の温泉「ユップラ」へ急ぐ。
詳しい事は山へ行こう!のサイトをご覧ください。


ようやく、いつもの山頂ドームが見えた!人影はなく、新しいトレースもなく、今日は田代岳独り占めのようだ!
山頂ドーム

神社から少し先へ進み雷岳(手前の台形のピーク)、烏帽子岳(雷岳の後方の円錐形をしたピーク)方面を望む。烏帽子岳の後方には藤里駒ヶ岳が、写真の右手には山頂部が雪で白い尾太岳が見える。
雷烏帽子岳方面


上の写真を撮った位置から振り返ると山頂神社がこのように見える。窓などが壊れかけているが、この吹きさらしに耐えて良く建っていると思う。
山頂神社


いよいよ山頂からの下りだ。写真ように沢山のトレースが残っている。スキー、スノーシューそしてスノーモービルと賑やかだ!これほど沢山のトレースを見たのは、初めであるような気がする。冬場に、良くも悪くも、これだけ多くの人が訪れる山になってしまったのだ!
山頂からの下り

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

春の湿った雪はコブがシールにくっついて厄介ですよね。朝の表面が固い状態だと無理ですが、ステップ板だと意外に登っていけるものですよ、腕の支えも必要ですがv-91
荒らし回るスノーモービル団、年々ひどくなってますね。困りました…対策必要です。

雨ですね!

能代は結構強い雨が降っています!山の雪が溶けなければと心配になります。
24日の田代はステップ板初挑戦だったのですが、ステップ板の意味がない山行になってしまいました。
昨日、FOJIさんはカンバ森から湯ノ岱に伸びる尾根の確認だったのでしょうか?
昔、湯ノ岱から生徒を連れて登った事があります。途中に1泊しましたが結構長い尾根ですよね!

スノーモービルは、森吉の山人平で会った事があります。どこから登ってきたのか不思議に思いました。先日、鳥海で教え子が遭難した時、救助されてスノーモービルにで下って来たのを見ると、複雑な気持ちになりました。

これからの季節、行きたいところが沢山あるのですが、雪の状態が気になります。

団子対策

16日に、地図記載の2ルートの中間尾根から、初めて登りました。
800m前後は直登出来ず、ジグ切りでしたが、いい感じの尾根です。
シールの湿り団子対策ですが、
乾燥した状態で事前に固形ワックスを毛足と逆方向に2~3回塗り、
毛羽立った毛を整える様に正規に1回塗ってます。
これで日帰り山行程度なら、団子防げますよー。
是非、お試しあれ。

アドバイス!ありがとうございます!

団子の件は全く考えずに登り始めました。
杉林になって初めてシールが濡れるーって思い、しかし急斜面であったので何もせずに登り続けたのが悪かったと反省しています。反省点を次回に生かします!

中間地点の尾根とは・・・大広手口の正面の急斜面でしょうか?
2合目の看板が少し先に移動したので明確でなくなりましたが
以前は2合目の看板から小さな尾根に乗り、途中から少し右の大きな尾根に渡り
急斜面を登ったものです。きっと山頂までの最短のコースだと思っていました。
でも、深雪以外の時は下りがおもしろくなく最近は登らなくなってしまいました。
これからのシーズン、烏帽子まで行くのであれば最短で行った方が良いので、また歩くかも?
これからもアドバイスよろしくお願いしますm(_ _)m

No title

今日もいい天気ですねー 管理人さんは山でしょうか?
大広手の正面尾根からでしたが、
無雪期に田代に登った事が無いので看板位置は判りません。
南側尾根と違って、下手な私でも沢に落ちる心配なしです。
今週は八幡平、北八甲田の樹氷も暖気で落ち掛けてましたが、
この雨と好天では確実ですね。
明日は、駒か田代にするか?まだ悩んでます。
日当りのいい、男岳西尾根がヌカル前にと・・・

この気温!この天気!

どうなっているんでしょうか?この気温と天気に、楽しいスキーは出来ないのかと?
樹氷はほとんど見あたらないですよね!八幡平方面を見渡してもアオトドは黒々としていました。

男岳西尾根ですか?もしかして、以前掲示板にムーミン谷から山頂にダイレクトという事を書いた方かな?
このコースは私もやってみたいですが・・・ソロではちょっと?かといって以前からペアをくんでした相棒が忙しくてなかなか相手をしてくれません!
スキーが下手だからかな?雪壁には興味があるんです!

今日は焼山でした。余りに下手なスキーで、スキー嫌いになりそうです!
今日は何度撃沈したかな?
日に焼けて顔も恥ずかしいくらい黒くなってしまいました・・・!
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード