七座山から倉山へ⇒七座山から鞍山へ

2009年11月16日(月)

「山の大先輩からコメントをいただきタイトルを修正!」


FOJIさんのブログ
を見て、FOJIさんから情報を得た倉山(⇒鞍山)へ行ってみる事にした。
二ツ井町の仁鮒から猿田沢登山口へ行き七座山山頂まで登る。写真を撮りながらでも約30分で山頂に着く。比較的山頂に近いコースだ。山頂のノートには、昨日の大嵐の中、元旦登山に向けて二ッ井山の会のメンバーがコース整備などを行ったとあった!ご苦労様でした!
山頂から戻り、権現様のある方のコースを下る。急斜面を下り権現様の方(左折)へ行かないで直進する。少し笹もあるが十分立派な道になっている。そのまま道なりに進む。2万5千分の1の地形図には一部道が載っている。最後ヤブ漕ぎをして倉山(⇒鞍山)の岩壁が見える所まで進む。写真を撮って引き返す。登山口に戻ったら4時を少し回っていた。薄暗くなりかけていた。

猿田沢登山口から上流を撮す。右側のピークが七座山山頂付近になる。この左岸(右側)が登山道になっている。
猿田沢登山口

沢から離れて登って行くと途中にこのような岩がある。ボルダリングが出来そうだ!高さは3mくらいある。この岩の手前にもっと面白そうな岩がある。ボルダリングをするにも下の方の岩が良いと思う。少し高いのでトップロープで確保する必要があるかもしれない。
大きな岩

倉山(⇒鞍山)の東面側が近づいた所で岩壁側へ杉林の中を進み、最後少しヤブ漕ぎをして、岩壁が見える所まで出た。写真は余り良くわからないが、地形図では高さが50m~70m位ありそうだ。結構面白そうな壁だなっと思いながら、来た道を戻った。いつか登ってみたいな!来シーズンかな?でも、ザイルパートナーが?
倉山の岩壁

上の写真のアップ写真!天気が悪く写真写りも良くない!
倉山岩壁アップ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント書き込みありがとうございます!

コメント書き込みありがとうございます。
猿田沢コースの刈り払いご苦労様でした。あの悪天で良く成し遂げました。山頂近くに長い梯子があるのを見て・・・もしかしてっと思っていました。
大先輩のような方に書き込みされると恐縮です。
北鎌尾根の件は山と渓谷の記事を読ませていただきました。今年は西穂からぐるっと一周だったのですか!良く頑張れるものですね!感心します!
荘司さんも本荘山の会の山行で馬力を見せつけているようですね!
私は腰を痛めているので、重い荷物はもうだめかと思っています。
それだけに過酷な山行は無理かとほとんど諦めています。

鞍山でもカヌーでもお誘いがあればご一緒させてください。
そして、ご指導をお願いいたします。
メールはコメントに付属するアドレスにお願いいたします。

No title

クラヤマ=鞍山だったんですね。
大先輩さま>どうか私にもご指導をっ!

大先輩から指導を受けたいものですね!

管理人のみ閲覧というコメントの大先輩というのは二ツ井の方です。
ご本人とは面識はないのですが、別の大先輩を通じて良く知っています。
私もご指導を賜りたいと思っていました。冬季の八ヶ岳でやさしい登攀はしたことがあるのですが、あの壁を見る限り、オーバーハングもありそうだし難しそうです!
来シーズンにでも・・・
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード