FC2ブログ

3人組の森吉山

2019年2月24日(日)晴れ時々曇り
今シーズン初めての森吉山に、快晴を期待して出発!
森吉山阿仁スキー場の駐車場はほぼ満車状態。並んでチケットを買いゴンドラに乗った。ホンタカさんは今シーズン2度目のBCスキー、マイジュニアは初BCということで期待したくなる。ゴンドラ山頂駅に着いて外へ出たら、眩しいほどの青空。10時15分ゆっくり出発。多くのスキーヤーやボーダー、登山者(なかなかの軽装備の人達も)、樹氷見学の人達もいる。石森に着いた時には山頂付近に雲がまとわりついていた。シールをはずして連瀬沢に下り、再度シールを付けて山頂を目指した。すぐ前を10人ほどのグループが登っている。右手に見える登山道付近を多くの人が歩いている。登るにしたがって、風が強くなり寒くなる。11時半過ぎ山頂に着いて写真を撮り、東側斜面に向かった。しかし、東面はシュカブラの斜面になっていてスキーには最悪!慎重に下り、西側へ向かってトラバースを続けて、登りの時に通過した連瀬沢に戻った。沢の中は風が弱かったので、ランチタイムとしてゆっくり休んだ。寒さを感じ始め石森に向かって登り、風が強くてシールをはずさずに下って、途中でシールをはずした。あとはゲレンデを下るだけだった。下部になって雪がくさりかけて14時頃駐車場に着いた。今後の予定を話し合って、ホンタカさんと別れた。
期待した雪質は無かったが、連瀬沢周辺は楽しめた気がした。鷹巣の縄文の湯に寄ったら、玄関から出てきたFOJIさんとばったり出会った。少し立ち話をしてから温泉に入って暖まった!


ゴンドラ山頂駅から出ると素晴らしい青空だった!次から次へと出発して登って行く人がいる。
2019022400

石森から連瀬沢に下り、そこから山頂をほぼ直線的に目指した。先行者のトレースが沢山ある。
2019022401


ようやく山頂の標柱が見えた。人影も何人か確認できた。
2019022402


山頂で写真を撮ってもらった3人組。南東方面からの風が強く、寒くて早々に東側斜面に回り込んだ。
2019022403

再び田代岳へ

2019年2月18日(月)曇りのち晴れ
天気が良くなるという天気予報に準備して出発!
向かう途中の田代岳大橋からの山頂方面はどんよりと曇っていた。いつもここから見た様子から、どこまで登るかなどを大体判断する。今日はもしかして、9合目雪原までかな?っと思った。
9時半過ぎ、大広手登山口に駐車して出発。林道を先に進みヘアピンカーブの所から登りに入る。ミニバンが一台駐車していたところに、大きなワゴン車がやってきて若い人が登る準備をしていた。雪壁に階段が作られていてありがたい。雪壁に登ったらしっかりとしたトレースが続いていた。これは楽できそうだ!嘗てはラッセル泥棒と言ったものだが、もうそんな言葉は使わなくなったのだろうか?曇り空だったが、風がなく寒くもない。のんびりとハイクアップ。ブナの樹林帯はシーンと静寂の世界。時折小鳥の鳴き声が聞こえる。やがて前方に人影が見える。私が辿ったトレースの方達だった。私とほぼ同世代の4人パーティだと分かるくらいまで近づいたら、私の名前を知っている人がいてびっくり!挨拶を交わし、私が先行することになった。間もなく9合目雪原に着いた。ドームの山頂近くに、左手の雪原をスノーシューで歩いてきた人が見えた。ドームを登り山頂に着いて挨拶をして、西側が見える所まで移動して写真を撮る。避難小屋に戻ったら、先ほどの方は下って行った。そこへ4人パーティの方たちが到着して一緒にランチタイムとなった。食事の後、入り口の除雪をするというので、私もスコップを出して手伝いをする。外は日が差して眩しいくらいになっていた。きれいに除雪して、下山準備をしようとしていたら、ひょっこり松本さんが現れた!「おー久しぶり!」とツーショット写真を撮る。お別れを言ってどこを下ろうか迷っていたら、2人の若者が登り返して来て「北側の斜面が最高!」ということだったので、私も雪庇をはずして北斜面側に回り込んで、気持ち良く下った。あとはトラバース気味に登ってきたコースに戻って、のんびりと下り、13時53分には車に戻った。


岩瀬ダムの五色湖に架かる田代岳大橋の上で、山頂方面を眺めるが、何だか期待が裏切られた感があった。
2019021801


雪壁に階段状にステップが刻まれて登りやすくなっていた!ありがたい!
2019021802


更にトレースがあって、ラッセルせずに登ることが出来た。感謝感謝である!
2019021803


900mを越えた辺りで、(多分)同世代の男子4人組に追い付いた。楽させていただいたことに感謝を告げて。私が、先行することになった。
2019021804


山頂ドームを登り切ろうとして振り返ったら、先ほどの4人の方が登ってきた。
2019021805


山頂から西側へ進み、西側の山々を眺めた。白神岳方面までよく見えていた。
2019021806


西側の山々を眺めてから山頂の避難小屋に戻った。
2019021807


下山準備をしていたら、松本さんが登ってきた。久々に会ってツーショット写真を撮った。
2019021808


若者に推薦された通り、北側の斜面は最高の雪質だった。このまま林道まで下りたかったが遠回りだったので、登ってきたコースへ向けてトラバース気味に下った。
2019021809
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード