FC2ブログ

建築中の避難小屋が気になり田代岳へ

2018年9月20日(木)曇り時々晴れ
山頂に建築中の避難小屋がどの程度出来たか気になって田代岳へ行くことにした。
能代市の自宅を7時に出発して、大広て登山口に着き、9時15分出発。沢を渡る仮設橋の所でブナの木が倒れている。先日の白神岳と同じで、台風の時に倒れたものと思われる。少し進むと登山道わきの草が伸びて登山道を覆っている。歩きにくい!足元が見えない!ひどい所は草を掻き分けて進まなければならない。ヘアピンカーブの尾根に上がった所で解消された。これから先は、順調に登ることができた。5合目からはモノレールの脇を上る。風は無いが、日差しも無く暑くはない。10時52分九合目湿原に出た。いつもの通り山頂ドームがあった。ドームを登っていたら若い男女のお二人が下りてきた。11時8分山頂に着いて山頂の避難小屋を拝見!屋根はトタンが張られ完成していた。柱などは立っているが、外壁や内装はまだのようだった。玄関は鳥居の方を向いていたが、前の神社の時の半分ほどの幅のように見えた。3人の大工さんが作業をしていた。私は、すぐ近くで昼食を食べた。そこへ男性が一人登ってきた。間もなく私が雷岳側へザックを背負って写真を撮りに出発して戻ってきたら、私が座っていた石に腰を掛けてラーメンを作っていた。私は挨拶をして下ったが、何か物足りなくて湿原を一周することにした。南東端の見晴らしの良い所で少し休む。下方には五色湖や大館市が見えるはずだが、ガスが上がってきて良く見えない。15分ほど休み出発し、湿原の反対側を戻った。12時55分登ってきたコースに合流した。山頂で一緒だった男の人も下りてきた。あとは、ただただ下るだけだった。14時5分大広手口に着いた。

九合目湿原に着いて山頂ドームを望む。ドーム左側に二本のラインが見える。左側が登山道で、右側がモノレールが通っているライン。
2018092001

避難小屋の形が見えてきた。屋根は以前の神社と同じような色だが、傾斜が緩くなった。鳥居側から見た感じでは、幅は同じように見えるが、奥行きは広がったように感じた。出入口は鳥居側にあるような感じだが・・・少し狭い。
2018092002

雷岳・烏帽子岳方面を眺めてみた。
2018092003

下りの途中で九合目湿原を眺めた。草紅葉が進んでいるようだ。写真の白く見える木道を歩いて、南東端まで行き、左側を戻った。
2018092004

南東端へ湿原を進む途中、山頂ドームを振り返った。右には岩木山が見えていた。
2018092005

南東端で休みながら、ガスが晴れるのを待ったが、なかなかうまくはいかなかった。うっすらと岩瀬ダムの五色湖と大館の樹海ドームが見えている。
2018092006

大広手登山口近くの仮設の橋の所へブナの木が倒れていた。
2018092007

2合目から登りながら、草を掻き分けていたら、手袋はこの通り!後で見たら体にも付いていた。そして洗濯機の中や一緒に洗った物にも!
2018092008

秋の気配!
2018092011
2018092012

1か月ぶりの白神岳

2018年9月15日(土)曇りのち晴れ
9月中旬というのに暑かった!
登山口駐車場に着いたら沢山の車が駐車していてビックリ!準備して8時17分出発。記帳所で登山届を出したが、下山時に記入する用紙が埋まって記入欄がない!と思いながら出発。
しばらく人とも会わなかったが、やがて下山してくる人が増える。台風21号の風による倒木が沢山あったが、きれいに片づけられていた。また、途中で休んでいる人もいる。見晴らしの良い所に着いたら、曇り空ながら展望は良かった。11時15分山頂に着く。避難小屋周辺も山頂も人が多い!避難小屋前に移動してランチタイムとした。しばらくして、向かいに座っていたのは黒石のお~さんだった!それまで気が付かなかった。昨晩登って日の出を写真に撮ったのだそうだ!
腹いっぱいになって11時50分下山開始。まだ登ってくる人が沢山いる。徐々に雲が取れ日が差し始めていた。記帳所では、用紙が足りないので記入用紙の裏に記入した。14時ちょうどに駐車場に着いたら、登るときになかった車が増えていた。今日は30台以上の車が来たようだった。車の中は蒸し風呂のような状態だった。

何度も来ているが、こんなに沢山の車がいるのは初めてかな?私の車は、左奥の方で車の影になって見えない。
2018091501

二股分岐は、相変わらず二股コースは立入り禁止状態。今年いっぱい工事して完成すれば、来年には歩けそうだ!
2018091502

台風の風による倒木などが沢山あるが、きれいに片づけられていた。感謝である!
2018091503

山頂からの展望は、思ったより良く、展望を楽しむことができた。
2018091504


下山後、白神川の河口付近から山頂を撮ってみた。雄大な雲が山頂付近を覆っていた。
2018091505

いよいよ秋の気配を感じさせる時期だ。ブナの紅葉は例年通り10月中旬だろうか?
2018091511
2018091512

竜ヶ森(高校生の登山大会)

2018年9月7日(金)~9日(日)
第46回 秋田県 県北地区高等学校 新人体育大会 登山競技大会 に同行して・・・
当初の日程は
7日(1日目)
開会式:大葛金山ふるさと館 長部集落~竜ヶ森比内コース登山口
8日(2日目)
竜ヶ森最上コース登山口~竜ヶ森山頂~比内コース登山口
9日(3日目)
審査講評・閉会式:大葛金山ふるさと館

以上の予定でしたが、雨が予想され急遽日程を変更。開会式の後、直ぐに2日目の竜ヶ森登山を実施することになりました。私は現地に到着し、その話を聞いて慌てて準備しました。
2日目は、午前中にペーパーテスト・天気図作成・展望・装備などの審査を行って、昼近くから1日目のコースを歩いた。生徒輸送用レンタカーのバンがパンクするというトラブルもあったが、2日間の山中行動も無事に終了しました。
3日間、曇り時々雨の天気が続いたが、登山中などは強い雨にはあたらなかった。
参加校は大館鳳鳴高校と能代工業高校の2校で、パーティも3パーティのみで、相変わらず寂しい大会でした。2年生が少なく、1年生が多い大会だったので、新人戦らしい大会でした。


写真の最上コース登山口へは、県道22号(大館市比内から鹿角市八幡平へ通ずる)の長部集落から林道に入り、その林道を進むと、やがて写真のような案内がある。詳しくは大館市のサイトを見てください!
2018090701

最初はかつて林道だった広い登山道を登る。やがて急に道が狭まり、崩壊しかけた沢(最上沢)を渡渉することになる。写真には審査委員の高杉氏が写っている。
2018090702

前の写真の渡渉を過ぎると、急な斜面をジグザグに登ることになる。ここからが頑張りどころだ!これからは標高差500m程を延々と登ことになる。
2018090703

所々に、このような看板がある。何を基準に何合目としているかはわからない。五合目は、まだまだ下の方だ。
2018090704

時々弱い雨に当たりながら、ガスの山頂に着いた。展望台はあるが、壊れていて登ることはできなかった。山頂には二等三角点がある。
2018090705

展望台の直ぐ脇にある避難小屋がある。入り口のドアの窓ガラスが割れて小屋の中に散乱していた。網入りのガラスだったが、先日の台風21号で割れたのかと思った。
2018090706

下りは比内コースを下った。最初は急な斜面をジグザグに下ったが、やがて気持ち良いブナ林になった。標高800mから700mの間は登山道がブナ森コースと一般コースの2つある。私はブナ森コースがお薦めだ!合流地点近くのブナ森コース上に水場がある。
2018090707

比内コースの登山口に降りた、広い駐車場と仮設トイレがあった。余計な話だが、この時には北秋田市側の3つのコース(東ノ又・寒沢・小繋)は荒れていたということだった。
2018090708
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード