FC2ブログ

田代岳三山巡り

2018年3月27日(火)快晴
三山巡りはいつ出来るのかと、ずーっと気にしていました。ようやく今回行くことにしたのですが・・・
9時8分大広手口から出発。いつもの左手の尾根コースへ、雪がザラメになり登りやすい。スキーも軽いうろこ板にした。快晴の天気の中を順調に登って10時39分山頂神社跡でお参り。その後そのまま雷岳方面へ・・・え!なんだこの雪!新雪の部分がブレーキ、少し汚れたザラメがシャーシャーと良く滑る。この2種の雪が斑模様にになって烏帽子岳まで続いた!雷岳周辺は南寄りの風が強く南側になった耳がおかしい?11時44分烏帽子岳に着いて写真を撮り、軽いランチタイムとした。帰りも同様の雪に滑りが苦戦!ヘロヘロになって13時10分田代岳山頂に戻った。神社跡のコンクリートの基礎に腰掛けて、2度目のランチとした。シャリバテか?脱水か?何だか変だ!13時28分下山開始。山頂ドームを下ったら気持ちの良い雪!我ながら本日最高の滑り!ドームを下って振り向いたら北寄りの斜面に見覚えのある何本ものトレース!きっとあの人だっと思った。そのまま登った場所を下ったが・・・悪雪・悪雪・・・14時ちょうど、やっと下山。


ようやく着いた九合目雪原から山頂ドーム見た!
2018032701

山頂神社跡。帰りに神社の基礎部分に腰掛けてランチタイムとした。幾分風が吹いていたが、雷岳周辺と比べると穏やかだった。
2018032702

雷岳山頂の標柱。例年より雪が多いと思っていたが、標柱は根元まで見えていた。
2018032703

烏帽子岳の東面はいつもの通り雪崩れていた!
2018032704

ようやく烏帽子岳に到着。標柱が頭を出していた。左側から雷岳・田代岳・九合目雪原が見える。ここは比較的風が弱かった。
2018032705

田代岳山頂が近くなって振り返った。写真は雷岳(手前の台形の山)・左奥に見えるのが烏帽子岳。
2018032706

田代岳山頂から下って振り返った。やっと今日ベストの滑りが出来た!右側の斜面にあの人の沢山のトレースが!この画質を落とした写真じゃ見えないか?
2018032707

しつこく今年9度目の田代岳!

2018年3月20日(火)曇り時々晴
さー雪はどうなっているかなぁ?とまた田代岳へ!
林道の雪はほぼ無くなり、車は泥んこだらけ!前回から洗車していないので、車に触ると大変なことになります。
そんな車で今日も、泥んこ道を進みました。ところが、前方に林道に似合わない大型トラックがノロノロ進んでいた。多分ロケット実験場に大きな装置を運んでいるようだ。やがて後方の私の車に気が付いたのか、広い所で脇に寄ってくれたので、追い越すことが出来た。ところが、また同じような大型トラックがいた。ミニバンが先導しトラック誘導してきたようだった。五色滝の所で脇に寄ってくれたので、お礼を言って追い越した。大変な作業のようだ!大広手登山口に着いて、準備していたら、先導車とトラック2台が通過して行った。何だか、遊びに来ている私は、一生懸命仕事をしている方達に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいだったm(_ _)m
今日は、大広手口から夏道を進むつもりだったので、ガチガチの雪の上に登り、前方右寄りの方へ登り始めた。行けども行けどもガチガチの雪!10時5分ヘアピンカーブの所を通過して、3合目の所で看板を探したら、穴の中にようやく見えた。10時40分四合目の分岐を通過。この先は、夏道が良くわからず、何となくそれらしい所を登った。行けども行けどもガチガチ。11時40分山頂に着いて、神社跡でお参りして、山頂周辺をウロウロ。12時を過ぎて下山開始!ここから苦難の下りが始まった!へっぴり腰のじいさんがガリガリの雪と戦う姿を想像してください!昼頃には少しはザラメ風になるかと思ったが、12時56分大広手口に着くまでガチガチだった!登山口には見たことのあるホンダのミニバンが駐まっていた。このような試練を乗り越えて成長があるんだろうけど、私のようなジジーには何になるんだろう?っと考えながら帰路についた。それでもまた、来るんだろうな?

良くこんなでかいトラックでこの林道を走るものだと感心した!
2018032001

4合目の分岐で、ようやく看板を発見!
2018032002

山頂ドームが見えた!・・・が!何か雪面に模様が見える。雨溝では無さそうだが・・・
2018032003

ドーム斜面を登って行ったら、先週の土曜日に私が滑ったトレースが、そのままガチガチになって残っていた!!!
この写真では余り良くわかりませんね!左上の辺りですが・・・
2018032004

雪が融け始め、神社があった所の土台が現れてきた。横にあるのは、新しく作る避難小屋の資材だろうか?
2018032005

今日の雷岳や烏帽子岳方面!この雪だとまだだな・・・
2018032006

9合目の雪原をアップしてみたら、何か模様が見える。
2018032007

今日の顔は、何だか半べそをかいているような顔になった。何ともない所で2度も撃沈したからね!
2018032008

今年8度目の田代岳

2018年3月17日(土)曇り後晴れ
火曜日に七座山にワカンで登ったので、やっぱりスキーかと田代岳へ!
きっとガリガリの雪面に苦しむんだよなぁ!という予想をして出発。9時23分大広手口を、いつもの左手の尾根目指して出発。やはり、雪が硬くスキーは沈まない。登りは楽だが、下りは大変だろうなぁ!と、ちょっとため息。斜度がきつくなると、シールがきかない。ズルズル後退してしまう。エッジを立てて踏ん張る。尾根の急斜面で難渋する。それでも、900mを越えると、所々に新雪が数cm積もっている。氷化した雪面は少し色がつき、新雪は真っ白なので判別しやすい。雨溝はないので助かる。10時56分ようやく九合目雪原に出た。前方に山頂ドームが見えた。空は所々青空がのぞき、徐々に空が明るくなってきた。雪原を横断して、山頂ドームに取り付いたら、いつも登る東側の斜面は全面ガリガリの上に新雪がのっていた!11時17分山頂神社跡の鳥居でお参りをして、西側からぐるっと回って登り口の鳥居の所へ戻った。やはり東側の斜面が1番良さそうだ!行動食を食べ、水分補給をして下る準備をした。11時43分下山開始。気持ち良いドームの滑りだった!これで満足!何度も振り返りながら雪原を横断して、嫌なガリガリの下りに突入した。標高960m付近でスキーを履いて登ってきた人と立ち話し。昨年、下山時に迷ってかなり奥の方に下り、現在地確認が出来なくなりビバークして、翌日林道のような所を戻ったという話をしてくれた。登山を始めて何年も経っていないような話だった!その後、気を使いながら急斜面を下り、尾根から左へ下る所の手前で、またスキーで登ってくる人が!上の状況を聞いたので、掻い摘まんで話してから、下って12時26分大広手口に着いた。私の車の他に、それぞれの車があった。
車に乗って、昼のおにぎりを食べながら林道を下った。所々に、雪崩注意!とか、上を見ろ!など看板で注意喚起をしていた。国道7号線に出て西に向かったら徐々に空が曇り始めていた!

いつも顔を描いてイタズラしていた樹の上の雪が落ち、落書きが出来なくなっていた。雨と気温の上昇で、かなり雪が融け、雪面も沈んだようだ。
2018031701

1000m付近からはかなり新雪が積もっている場所もあった。しかし積もった場所はまだらで、そこだけを滑って下ることは不可能だった。
2018031702

雪原が近くなったら霧氷が綺麗だった!日が差していればもっと綺麗だっただろうに!
2018031703

ドームの登り!ウサギが走った跡があった。いよいよそういう季節になったのかぁ!
2018031704

山頂の神社跡の鳥居。三角点の標石が雪から頭を出していた。
2018031705

さーって下るか-!っと雪原を見た。大館方面は良く見えた。樹海ドームも識別出来た。
2018031706

ドームの東側の斜面は新雪が一面に積もっていたので気持ち良く滑り降りた。振り返って見ると、ターンする度にエッジで新雪を撥ね除けたためか?その部分だけ茶色っぽくなって見えた。
2018031707

雪原を戻っていたら、登る時には見えなかった岩木山が、徐々に裾野から見え始めていた。
2018031708

1年と2カ月ぶりの七座山!

2018年3月13日(火)曇り
昨年の1月20日以来の七座山だった。なぜこんなにも空けてしまったのか?走るのに力を入れ過ぎだったかも(反省!)・・・私の体力養成道場だったはずが・・・深く深く反省しております。
・・・というわけで出掛けてみたが・・・七座山の周りにある周回道路は全部除雪されていた!例年であれば、まだのはずが?雪の上には結構多くの人が歩いた跡が残っていた。嘗てはこんなんでなかったはずが!何カ所か県で設置されている標柱と同じ形式の標柱が立っていた!県の自然保護課の彼に話したのが功を奏したのか?以前設置されていた看板も距離などが修正されていた。たった1年のブランクだったが、いろんな変化を発見できた。きみまち阪周辺も大きく変わろうとしている様子が、樹間から良く見えた。
今回は、仁鮒側の通行止めの所に車をおいて出発。少し車道を歩いて、12時ちょうど途中から尾根へ向けて登り始めた。柴座・三本杉座・箕座と歩いて、箕座の展望台でランチタイムとした。今日は食後のコーヒーもゆっくり頂いた。この後は、山頂へ向かい、山頂からUターンして松座を目指した。気持ちの良い尾根歩きだが、雪が腐って時々踏み抜いたり、ワカンを引っかけたりしながら松座に着き、あとは車道をめがけて下った。松座登山口でワカンを外し、車道を歩いて15時48分車に着いた。ご無沙汰している権現の岩屋などへのご挨拶に、また来よう!

除雪はされているのだが、通行止めになっていた!きみまち二ツ井マラソンでは、苦しい上り下りのある所だ。
2018031301

今日は、マジックマウンテンのアルミワカンと長靴にした。
2018031302

車道から尾根へ向かって登って、尾根に着いたら新しい案内の標柱が立っていた。
2018031303

自動車道や道の駅の工事などで落ち着かないきみまち阪周辺!
2018031304

大館能代空港ICから西側の道路はいつ出来るんだろう?長くなった首が折れそうだ!遠くに翔鷹大橋を眺めて、私が生きているうちに出来るんだろうか?とため息が出た。
2018031305

うるさいなー!っと思って見上げたら、白鳥の集団が飛んでいった!余り良い写真ではないね!
2018031306

ようやく山頂に着いて、久々にノートに記帳してしまった。
2018031307

今年7度目の田代岳は?

2018年3月7日(水)曇り
寒気が伴っているけど高気圧が移動して来る!ちっちゃいけど高気圧が移動して来る!というので田代岳へ・・・
9時32分大広手口からいつもの左の尾根へ向かう。雪が硬くて沈まない。しかし表面にはパウダーがのっている。順調に尾根に乗り、尾根の上を登り始めたら、時々ガリッとパウダー下の硬雪に遭遇!この後は時々薄いパウダー下のガリガリ君と遭遇の連続。これでは下りは手強いぞ(*´艸`)っと思いながら登り続けた。先程までの微風が止み、無風になって11時12分雪原に出た。しかしウインドクラストなのか?雪が硬い!ドームの斜面も同様。11時32分山頂に着いて雷岳方面を眺めて、行ってみたいような気もしたが、この雪質だからと下る準備をした。11時58分ドームを慎重に下り、雪原を横切り、一気にアルペンターンで下り始めた。1000m付近で登って来る人が?近づいたら高松さんだった!しばし立ち話・・・5日の午後からあんなに能代では雪が積もったのになーっと言い合いながら、お互い寒くなってきたのでお別れをして、私はそのまま一気に大広手口まで下って12時37分車に着いた。私の車の隣には高松さんのカングーが駐まっていた。車に乗り、おにぎりを食べながら林道を下った。除雪中の除雪車待ちが1回、対向車とすれ違いが2回あった。もう少し雪質が良かったらなー!っと思いながら帰宅して、福士さんのFBの投稿(八甲田の雛岳)を見て羨ましく思った!

樹が右手を挙げて威嚇しているようだ!
この辺まではまずまずの雪質だと思いながら登ったが・・・右奥の斜面が尾根の急なところ。
2018030701

いつも落書きをしていた所が雪面と一緒の高さになりそうだ。
2018030702

九合目の雪原もガチガチの硬雪。トレースはかろうじて見える。この時あたりまでは青空も見えたが、山頂から下る頃には青空はどこにも見えなかった。
2018030703

ドームを登りながら自分の影を撮してみた。雪は大きめの結晶がキラキラ光りきれいだったが、スキーを見てわかる通り、ほとんど沈まない。ガチガチの雪面だった。
2018030704

白鬚大神の居ない山頂の鳥居でお願いをした!内緒!
風も弱く気持ちの良い日差しだった。
2018030705

雷岳までは行ってみたいなーっと思いながら、この雪質だとね~っとUターンした。
2018030706

さあ下るぞー!っと思いながら雪原を撮したが、青空は消え、東寄りの風が吹き始めていた。
2018030707
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード