ようやく今季初森吉山

2016年1月30日(土)晴れ時々曇り
私の日程と天気が上手くかみ合わず、なかなか初森吉山登頂に至らなかった。1月の後半になり少し焦り気味だったが、ようやく登れそうな条件がそろいそうだ!しょうすけジュニアを誘い朝出発!
森吉山に近づくにつれて曇り空から次第に晴れてきた!阿仁スキー場に着く頃には青空になりテンションが上がった!
登山届けを出して、ゴンドラに乗る。日が差し白銀の山麓の風景や樹氷で白くなったブナがが美しい!ゴンドラ山頂駅に着き、スキーを履いて9時37分出発。何パーティーかほぼ同じ頃出発。石森からは連瀬沢に下降し、山頂へのドーム斜面をゆっくりと喘ぐ。11時ちょうどに山頂に着く。風も弱くさほど寒くはない。東面に回り込むが雪が少ないためか、例年雪が積もり目立たない地形が見える。少しシュカブラに覆われた斜面を下るが面白くなく、西側に向けてトラバースを始める。間もなく斜面の直ぐ上を反対方向にトラバースするパーティ!トップを行く人が手足の長いあの人(FOJIさん)のような?気がしたが・・・ガスで良く見えなかった!
連瀬沢に下り石森へ登り返し、新しく出来たゴンドラ山頂駅に併設されて出来た「ビジターセンターぷらっと」を目指した。着く頃にはガスも晴れ青空が見えていた。木造の木の香りのする新しい室内に入り昼食を食べた。「NPO法人・冒険の鍵クーン」の会長さんが居て、今日は当番だということだった。ゆっくり休んで、私にとっては修行のゲレンデを下り、13時43分下山した。

石森付近から連瀬沢に下り、山頂へ向けて登る途中、石森を振り返る。
2016013001

山頂へ向かって登ると、下部では少しやせていた樹氷が徐々に本格的な樹氷になってきた。
2016013002

例年であればまるまると太ったモンスターも、雪不足の今年は少し痩せている。この辺の樹氷は奇形が多かった。これはちょっと首が長すぎ!
2016013003

今季ようやく初だったので・・・
2016013004

山頂から東面に着いたら、ちょっと荒れている斜面。そこを猛スピードで下って行くテレマーカーなど・・・私はビビりながらようやく中程まで下り、そこで諦めてトラバースにかかる・・・
2016013005

新しく出来た「ビジターセンターぷらっと」中は暖かく、ゆっくり昼食を食べながらくつろげた!
2016013006


今日も七座山へ

2016年1月22日(金)曇り
例年であれば、日々の除雪で疲れているはずが、その必要も無く運動不足!いつものコースのジョギングは雪が積もって難しい!雪の上をジョギングしている人もいるが・・・私にはちょっと無理!
七座山は運動不足解消には最適!色んなコースをとれるからそれも良い!・・・ということで七座山へ。
天神側の冬期通行止めの所に車を駐めて11時半過ぎに出発。いつものトイレ横の登り口から登り始めたが、スノーシューを履いているのにもかかわらず雪が重く足も重い。間もなく12時を告げる防災無線によるチャイムが鳴った。急がねば!山神社に寄り、更に上の分岐で、権現の岩屋や法華の岩屋の方に行くべきかどうか迷ったが、イージーに右折して箕座の展望台の方へ向かった。鉄の階段を登り、尾根に上がって山頂(権現座)を目指した。13時近くになって山頂に着き、昼ご飯を食べた。その後、Uターンをして箕座の展望台を目指した。鉄階段の分岐の所から真新しい足跡が箕座の方へ続いていた。箕座の展望台に着いたら、何と鎌田さんが休んでいた。私のトレースを辿って来たと言っていた。少しお話をして鎌田さんは、鉄階段の方へ下って行った。私は、展望台へ上り写真を撮ってから松座を目指した。順調に歩いて松座の登山口に下りた。松座登山口付近まで車道を来た数台の車の跡があった。その車道を戻ることになった。スノーシューを履いたまま車の所まで40分ほどかかった。
車に乗って二ツ井の温泉「ゆっちゃん」に向かった。着いて車を降りたら、鎌田さんが「ゆっちゃん」から出てきた。私はゆっくり暖まって、ローソンでカフェラテを買い、最近はずーっと上原ひろみ漬け状態だったので、久々に上原ひろみとも強い絆があるアーマッドジャマルを聞きながら薄暗くなりかけた7号線を自宅へ向かった。


車を駐めて出発した所から七座山方面を望む。右のピークが箕座、中央が烏帽子座、左端が山頂の権現座。
2016012201

トイレ(冬期閉鎖中)横の登山口。この辺は意外と雪が深かった。スノーシューを履いていたがちょっと辛かった。
2016012202

山神社通過後の分岐。左へ行けば権現の岩屋、右へ行けば展望台。どっちに行くか?迷ったが、イージーな展望台を目指すことにした。
2016012203

スノーシューを履いたまま鉄の階段を登った。面倒くさがり屋の私だからそうなった。この鉄骨も結構古くなり、傾いている。
2016012204

米代川や天神の橋などが見える。崖の見える所に来ると下を覗き込みたくなる。昨年、転落しているのにもかかわらず、下を覗き込むのが癖になっているようだ!
2016012205

松座登山口に下りたら、車のタイヤの跡が!ここまで入って来たんだっと感心した。ここから仁鮒側へは行かず、Uターンしていた。
2016012206

松座登山口から車道を歩いて戻った。天神荘跡付近から松座方面を振り返って写真を撮った。
2016012207

山仲間と田代岳

2016年1月17日(日)曇り
hontaka氏よりメールを頂き、16日か17日に山へ!っということであった。takamasa氏とharatamo氏とも連絡をして日程調整したら、17日に決定。17日が徐々に近づき、天気予報を気にしていた。天気図を見たら沿海州(古い表現ですみません)付近にある高気圧の細めの尾根が北東北地方を覆うようだ。これは当たった!っと思った。
当日は、遅めの出発。大館市田代町のユップラに集合し、登山口に向かった。登山口から10時過ぎに出発。13日に来た時よりは少し雪が増えたような気がした。硬雪の上にフワーッとパウダーが数十センチ乗っかっている。いつもの左手の尾根を登ることにした。能代の塚本氏がお一人で来て「この先から登るから!」っと言って車で通過して行った。登り始めたら意外に雪は深い。ラッセルを交代しながら登りで喘いだ。何度か休憩を取りながら、12時を回って9合目雪原に着いた。曇っているが風も弱く穏やかだ。山頂のドームも良く見える。ドームを登り始めたら、同じ所に車を駐めたお二人が追い付いて来た。12時30分山頂に着いて神社内に入った。神社内の温度計は-9℃を示していたが、それほど寒いとは思わなかった。お二人はシールをはずして直ぐに下って行った。神社内で休んでいたら、大館の方達4人が到着した、更に塚本さんも到着して神社内は賑やかになった。ゆっくり休んで13時18分我々は下り始めた。気持ち良く深雪のドーム斜面を下り、雪原を進んでいたら、大館の人達が下っている様子が見えた。更に、その後塚本さんが下っていた。我々は登ったコースを下った。上部は見事なパウダーだった。急斜面の尾根からは、我々にとっては修行の下りだった。私は、雪の小山に突っ込んだり、低灌木に絡まったりして2度ほど雪に埋まった。それでも楽しい田代岳だった。それぞれお別れを言って、余韻を楽しみながら帰路についた。
ユップラに寄っても良かったが、100円で入れる二ツ井の「ゆっちゃん」に向かった。100円で入浴券を買い、中に入ったら森吉山帰りの高松さんが入っていた。「森吉山はガスで・・・」っということで山頂方面へは行くことが出来なかったようだ。そういえば、帰る途中の鷹巣から見た森吉山は、一の腰は確認できたが山頂部方面は雲の中だった!

1000m付近を登る様子。結構雪が深く交代でラッセルをする。単独で登る時よりはるかに楽だった。
2016011701

9合目雪原に着いてドームを見ながら山頂へ向かった。曇っているが風が弱くこの時期としては穏やかだった。
2016011702

ドームを登りきろうとして振り返ったら、後発のお二人が我々に追い付いて来た。見事なスピードだ!
2016011703

さぁ下るぞー!っと下って振り返ったら、3人が下り始めていた。この頃には青空もいくらか現れ始めていた。
2016011704

9合目雪原の末端に着いて振り返った。ドームの斜面を大館の方達4人が下っているのが見えた。この後間もなく、塚本さんも下って来たのが見えた。この時は、風がピタッと止み無音に近い静けさが不気味だった。
2016011705

急な尾根の斜面を下る途中。どうコースを選んだら良いだろう?登りのトレースと先行したお二人の下ったトレースに、更に我々が落書きをした。その後に、大館の方達がコースを変えてここを下ったようだ。だが、明日から天気が荒れ模様だから、このトレースも消えることになるだろう!
2016011706


田代岳は青空だった!

2016年1月13日(水)曇り一時晴れ
天気予報を見ていると気持ちが暗くなる!しかし、今日の予報天気図を見ると日本海に低気圧が発生!等圧線もまばら!そして、日中は日差しもあるという予報。こりゃぁ疑似好天かぁ!天気が下り始めたら即下山ということで・・・出かけることにした。
雪が少ないのが少し心配だった。田代町を進み、林道に入っても雪壁は低い!どうなっているんだろう?大広手登山口に着いて、雪壁が私の腰の下だった・・・大丈夫だろうか?ちなみに昨年の1月18日には、雪壁が私の身長を超えていた!
準備して、チラホラ小雪が降る中、いつもの左側の尾根へ向け出発。ところが、最初の小沢が雪不足で落ちそうなため渡れない!そのまま小さな尾根を登ることにした。やがて造林スギの急斜面になり、ジグザク。沢が消えた所で左寄りに登り、標高730m付近でいつもの尾根に上がりホッとした。ホッとしながらも、今日は9合目雪原まで行けるかな?っと不安だった。雪が重く感じ、体力(脚力)の低下を感じた。尾根の急な所に着き、少ない雪に翻弄される。休み休み、無理せずに歩みを続けた。斜度が緩やかになり大休止!登るにつれて、いつもの田代岳のやさしい雪面になってきた。
1050m付近で、突然前を兎が逃げて登って行った。少し登るとまた逃げて行く。なぜか?私の行く方向へと逃げる兎。私を誘導しているのか?9合目雪原の途中まで、この繰り返しだった。やがて、雪原から右手の斜面へと猛スピードで下って行った。
雪原に出る手前あたりから、急に空が明るくなり、青空が見え始める。山頂ドームには日が差し純白の斜面になっていた。兎とのデットヒートと青空が私を山頂へと導いた。ドームの登りも苦しかった。2時間45分程で、ようやく山頂神社に着いた。不完全な施錠を直し、中に入って白髭大神を祭る神社に初詣をした。いつ下り始めるか分からない天気?南の方には怪しい雲が見え始めていた。昼食は下山後ということにして、行動食を食べて下ることにした。神社の温度計は-8℃だった。
さあ!初滑り!っとドームを下り始めたが、雪が重かった!雪原を戻りながら何度もドームを振り返った。あとはツリーランを楽しみながら、いつものコースの方へと下ったら、やはり最後の小沢でハマってしまいました。脱出に苦労してようやく下山!それでも初滑りはそれなりに楽しいものでした。FOJIさんが来ているのも知らず、昼食を車の中で食べて出発!空は次第に雲で覆われ始めていました。

林道を進んでいるあたりは、小雪が舞い見通しも悪い天気でした。
2016011300

いつもの尾根に取り付いてホッとした。この後、間もなく急な斜面になる。
2016011301

何度となく私の前を逃げて行く兎。9合目雪原の木の陰でたたずむ兎。この後、右の方へ猛スピードで駆け下って行った。後方の斜面は、山頂ドームの一部。
2016011302

兎とも別れ、ようやく落ち着いて山頂ドームを写真におさめた。雪原にも日が差し始めた。
2016011303

何度も喘いで。ようやく山頂の鳥居に着いた。登りの途中では雲がかかっていた岩木山、この時には鳥居の奥に綺麗に見えていた!
2016011304

さぁー下るぞ!登りのトレースあとを下ることにした。南東方向から不気味な雲がひたひたと近づいているようだった。
2016011305

一昨日に続いて七座山

2016年1月8日(金)曇り
1月6日に続いて、今日も七座山へ・・・
1月6日と同じ駐車場に車を止めて、同じコースを歩いてみた。時間もほぼ同じ頃、かかった時間もほぼ同じであった。天気は、思ったより穏やかで、一時日が差した時間帯もあった。尾根の上での風も、時々ゴーッと西寄りの風が吹き抜けるが、定常的に吹く風ではなかったのでそれほど寒くは感じなかった。訓練飛行だろうか?上空を見たことがない形の飛行機が、西から大館能代空港の方へ、何度となく飛んで行った。
山頂の権現座に着いたら、烏帽子座方面から登ってきてUターンした足跡があった。結構大きな登山靴を履いている方のようだった。足跡は、松座の登山口まで続いていた。お会いしたわけではなかったが、今日の入山者は、私と合わせて2人だったようだ。雪が少なく、先日は登山靴だったが、今日は長靴にした。
汗を沢山かいたので、「ゆっちゃん」に入り、汗を流し充分暖まって帰宅の途についた。

天神荘があった所の駐車スペースに車を駐めた。この時点で、今日ここを通過した車はなかったようだ。タイヤを見ればおおよその積雪量が分かるかと思う。例年に比べると大幅に雪が少ない。例年であれば、除雪エリアではないので、ここまで車は入ることが難しい。
2016010801

山頂に着いたら、山頂でUターンした足跡があった。大きな足跡で30cm程の登山靴のように思えた。ビブラムソールの型がしっかり残っていた。私は長靴だった。写真は、山頂の二等三角点の所を撮したもの。
2016010802

烏帽子座の山頂付近から米代川の上流方面を撮ってみた。米代川沿いの左にあるピークがスキー場のある薬師山だ。尾根が連なる手前の低いピークに三角点があるようだ。薬師山の左隣のピークが、小繋の太平山だ。山頂近くに神社があり、神社裏手を更に登ると227.7mの三角点があるようだ。
2016010803

箕座の展望台からきみまち阪方面を撮してみた。右奥に田代岳、左奥に藤里駒ヶ岳が見えた。西の空は、冬の重そうな曇り空だったが、北東方面は青空も見える良い天気だった。森吉山のある南東方面は、天気が悪く何も見えなかった。
2016010804

車道を戻りながら、前回と同じような位置で撮った写真。車道には、今日通った2台の車のタイヤ跡があった。しかし、私の車を駐めた所まで戻って分かったのだが、今日松座口から登った方が私が車を駐めた所まで来てUターンして戻ったために2台に見えたが、実際は1台だったのだ。
2016010805

初登山はイージーに七座山!

2016年1月6日(水)曇り
雪が降らない!BCスキーに行けない!雪は、街には要らないが山には欲しい!・・・私の勝手なわがままですが・・・
仕方なく近場のホームマウンテンへ!
道路上(国道7号)には全く雪が無い!天神側の登山口手前に、冬季通行止めの柵があった。多くの車が、柵の横を通過した跡が沢山あり、私も通過して天神荘跡近くの駐車スペースに車を駐めた。準備していたら、女の人が歩いて来て通過して行ったが途中から帰ってきた。近所の人の散歩コースになっているようだ。
11時30分トイレ横の登山口から登り始めた。長靴にしようか?登山靴にしようか?迷ったが、登山靴にした。積雪は5cmほどだった。動物の足跡は沢山あったが人の足跡はなかった。山神社に初詣をして、登って行ったら分岐に、下って来て東屋方面へ進んでいった1人分の足跡があった。今日の午前中に歩いたような足跡だった。権現の岩屋・法華の岩屋にお参りをして尾根を目指した。足跡はずーっと続いていた。尾根の上に登ったら西風が吹いていて、少し寒かった。山頂に12時半過ぎ着いた。元旦登山の跡は新雪に覆い隠されて、いつもの山頂のたたずまいがあった。山頂から足跡が増えた。箕座を目指し、箕座の展望台下で立ったまま昼食を食べた。展望台に登り展望を楽しんだが、遠くの山々は雲の中だった。松座を目指して出発した。尾根の上は雪が少なく、枯れ葉が露出している所もあった。13時48分に松座登山口に着いた。足跡はここまで続いていた。以前は、冬季に足跡を見ることはほとんど無かったが、ここ数年冬季にも登る人が増えたようだ。
松座登山口からは車道を歩いて戻った。車の車輪跡は凍っていて滑るので、道の端の方をザクザク音を立てながら歩いた。天神荘跡に着くまでに通過した車は、灯油配達用のタンクを積んだトランクだけだった。
車に14時15頃着いて、直ぐに近くの温泉「ゆっちゃん」に向かった。車が多く混んでいそうな感じだったが、中はそれほどでもなかった。販売機で入浴券を買おうとしたら、「能代市内・60歳以上」の所に×印が付いていたので、不思議に思って聞いたら、今日は無料だということだった(^^)/
充分暖まって、ローソンで飲み物を買って帰路についた・・・

登山口のトイレ。左が登山口の登山道。動物の足跡は沢山あるが人の足跡はなかった。
2016010601

後方に少し傾いた山神社。この山神社は、昭和5年度、七座営林署と天神貯木場の新設工事の開始に当たり、工事と作業の安全を祈願、現在地にほぼ近い所に安置されたものを、昭和10年10月12日、現在の山神社に鎮座している。っと二ツ井町史稿NO.18に記されている。
2016010602

権現の岩屋。この岩屋の中にある獅子頭は、天安元年(857年)に円仁(慈覚大師)によって彫られたと言われている。
2016010603

法華の岩屋。岩屋の中には鬼子母神と書かれた石碑や南無妙法蓮華経と書かれた石碑が建っている。
2016010604

今日の山頂。二ツ井山の会主催の元旦登山が行われ62名の方々が登頂したようだが、そのような喧噪は全く感じられなかった。シーンと静まりかえった山頂に時折西風が吹き抜けるザザーという音だけが響いていた。
2016010605

箕座の展望台から鷹巣方面を望む。遠くの山々は雲の中に隠れ、眺めることは出来なかった。展望台の上は、時々吹く西風が寒く、展望台の下で昼食を食べた。
20160106

下山した松座登山口。ここまでおひとりの足跡が残っていた。その跡を私が辿って下った。車が駐車したタイヤの跡が残っていた。
2016010607

松座登山口に下山して車道を歩いて車まで戻った。車が走った跡はよく滑るので、右端の固まった雪を踏みしめながらザクザク音を立てながら歩いた。
2016010608
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード