怪我からの復活は白神岳へ

2014年6月21日(土)
今月上旬の高校生の大会で、森吉山のコメツガ山荘から山頂往復した。下山後、故障していた脚が少し痛かったが、数日後回復した。復活できるのか?と思って白神岳へ登ってみることにした。ただし、過信は禁物!ゆっくり確実に歩くよう心がけようとした・・・が?
登山口駐車場を8時40分出発。怪我した方の脚のくるぶしが登山靴にあたって少し痛い程度だった。二股分岐から先は、なんとなく二股コースを進んでいた。駐車場の車が多かったので、多くの人とクロスするのがイヤだったからだが・・・急斜面の登りで脚は大丈夫だろうか?っという心配もあった。・・・登りの途中で3人パーティの人を追い越したりして11時49分無事に山頂に着いた。ガスって岩木山は裾野の一部だけ、向白神岳も時々見えなくなる。腰掛けておにぎりを食べ終えたら、追い越した3人の方が登ってきた。12時10分蟶コースを下山開始。故障した脚は、下りで慎重に歩かなければならない。結構、登って来る人が多い。土曜日だからだろうか・・・ほぼ同じ頃、駐車場を出発したマイクロバスで来たパーティと1100m付近ですれ違う。山頂泊なのか?ザックは大きい。そこから少し下った所で、突然犬が現れ、登山道の下から私に向かって吠える!犬に弱い私は立ち往生!しばしにらみ合いが続いたが、犬がヤブに入った瞬間、ドドドーっと下って犬をかわした。しかし、今度は上から追いかけてくる!心臓がバクバク!男の人が一人休んでいる所まで下ったら、犬はそこで止まったが吠え続けた。白神岳で犬に出くわしたのが、これで3回目だ!何とかしてほしい!男の人は、私を見てニヤニヤしていただけだった(>_<
その後は順調に下って14時50分駐車場に着いた。途中、山頂小屋泊のような方々(全部で16人くらいかな?)とすれ違った。今夜の小屋は賑やかだろう。若い男女(男1人女3人)のパーティは装備も服装もバリッと決まっていて頼もしい感じだった。
下山後、脚は少し痛いが、これも徐々に和らぐであろう(希望)っと思うことにした。

二股分岐から二股コースを進んでいたら、樹間から差し込む光に、きらきら光って小さな白いものが舞い落ちてくる。幻想的な雰囲気に、天空の城ラピュタのあるシーンを思い出した。しばし立ち止まって樹の上の方を見上げていた。地面を見たら、小さな花がアチコチに落ちている。何という樹木に咲いた花なんだろう・・・・・?初めての体験であった。
2014062101

二股の最初の徒渉地点を通過後振り返る。丸太のおかげで濡れずにすんだ。2度目の徒渉地点では少し靴が濡れたが防水が完ぺきだった、
2014062102

山頂からの展望はこの程度だった。
2014062103

山頂から下り始め、主稜線上から山頂方面を振り返ったら、ガスがまとわりついていた。
2014062104

以下の写真は、うまく撮れたものを並べてみました。
2014062105
2014062106
2014062107
2014062108
2014062109
2014062110
2014062111
2014062112
2014062113

高校生の登山大会に同行して(森吉山)

2014年6月7日(土)~10日(火)
秋田県の高校生の登山競技大会が森吉山域で実施されました。その大会に同行させていただきました。
大会名は「平成26年度 第60回 秋田県高等学校総合体育大会登山競技大会」となっています。
参加生徒は、審査対象が男子68人(18パーティ)、女子13人(4パーティ)、オープン参加が男子52人(14パーティ)、女子3名(2パーティ)で、合計136人の参加でした。役員(顧問等)・審査委員が合計40人でした。

<大会日程>
第1日目:阿仁前田の四季美館で開会式を実施して、桐内沢に移動。桐内沢(桐内沢集落跡)からスタートして高畑・松倉登山口・森吉高原キャンプ場まで歩き、キャンプ場で宿泊。
第2日目:森吉高原キャンプ場からコメツガ山荘・一ノ腰・森吉神社・石森・阿仁避難小屋・森吉山山頂までの往復で森吉高原キャンプ場に下山して宿泊。
第3日目:森吉高原キャンプ場から松倉登山口・雲嶺峠・森吉神社・石森・阿仁ゴンドラ山頂駅・ぶな帯・林道出会い・林道・阿仁ゴンドラ駐車場でゴール。バス移動で北欧の杜オートキャンプ場に移動し宿泊。
第4日目:北欧の杜パークセンターで審査講評と閉会式で終了。

当初の予定では、2日目が山頂を越えヒバクラ岳から下って親子キャンプ場に宿泊し、3日目は親子キャンプ場からノロ川経由で小又峡を下り、太平湖を船で渡ってゴールの予定でした。しかし、西ノ又沢付近の道路の橋の地盤が危険で通行止めになり、急遽コースを変更しての大会になり、奥森吉方面に行くことが出来なくて大変残念に思いました。

大会期間中、少し雨が降ったりはしましたが概ねまずまずの天気に恵まれ順調に大会は進行しました。
ただ、10日(火)の昼近くに閉会式を実施していたら、森吉山方面が真っ黒になり雷が頻繁に鳴り始めました。閉会式終了後になり雨がぽつぽつ降ってきて、自宅へ帰る途中は大粒の雨が落ちてきました。山に居る時でなく良かったなぁっと思いながら帰宅しました。
大会は男子の上位パーティの戦いが激しく、審査をしていてこちらも緊張していました。高校生の若いエネルギーをもらうことが出来た大会でした。ただ、一ノ腰の下りの悪路で悪い方の足首をひねり、同じ所を再度痛めたので、リハビリ登山を続けなければならなくなりました。

第1日目:桐内沢のスタート。登山道で追い越すのは大変なので、先頭のポジションを取りたくてダッシュする各パーティ。この日のトップのタイムは1時間30分50秒でした。
2014060701

第1日目:森吉高原キャンプ場で、16時からのNHK第2放送の気象通報を聞きながら、天気図を書く各パーティの気象担当者。
2014060702

2日目:森吉山山頂付近で装備審査を受けるパーティ。寒くて後続パーティを待つのも大変だった。この日のトップは1時間33分20秒(森吉高原キャンプ場から山頂まで)でした。
2014060801

2日目:石森付近を下る男子パーティ。
2014060802

3日目:この日はサブ行動なので、テントやシュラフなどは背負わなくても良い。松倉コースを登り阿仁スキー場山頂駅に到着しのんびり過ごす各パーティ。
2014060901

3日目:ぶな帯から林道を下り、スキー場駐車場に着いたオープンパーティ。もう歩かなくても良い!ここからバスで北欧の杜オートキャンプ場に向かった。
2014060902

暑いときは山(竜ヶ森)へ・・・

2014年6月3日(火)
暑いときは山へ!っと思って、朝食を食べ少しゆっくりしてから自宅を出て、北秋田市と大館市の境界にある竜ヶ森へ・・・コースは大館側の比内コースを!
アメダスデータによると北秋田市も大館市も32℃越えのようだが・・・?
今季初めてエアコンをかけてのドライブ・・・大館市の比内から県道22号線を進み、長部集落の橋を渡って直ぐ右へ入り、林道を進み比内コースの駐車場に着く。車を降りたら暑い!
準備している間にブヨのような虫がまとわりつく。11時30分出発。脚のケガ以来、久々の登山靴だ!くるぶし周辺が少し痛いが十分我慢できる。汗をかきながら登っていくと、さほど暑さは感じなくなる。シャツが汗で濡れて冷たいくらいだ!
1合目から順序に看板があり良く整備されている。看板ごとに時間チェックのために写真を撮る習慣がついてしまった。山頂への尾根上のブナ林を楽しみながら進む。8合目の看板を数メートル手前から写真に撮って、コンデジをケースにしまって進もうと脚を数歩前に進めた時!8合目の看板が設置されているブナの木の陰から黒い大きな動物が左手の方へドドドドードーっと地響きを立てながら飛ぶように駆けて行った!50m程行った所で音はしなくなった。でかいクマだ!もし向かってきたら腰から下げていた「クマ撃退スプレー」を噴射するなんて、絶対間に合わないタイミングだった。でも、いざとなったらコレがあるっと思えたので、ほっとして山頂へ向かった。12時46分山頂に着き、小屋に入って休む。展望台からの景色は八幡平・岩手山・秋田駒ヶ岳・森吉山・大館市・鹿角盆地程度であとは霞んでよく見えなかった。
13時20分下山開始。花の写真を撮りながら下ったが、8合目の看板付近では少し緊張した。何もなくほっとして通過したが、地形図で言うと、左から沢が上がってきて尾根にぶつかる所の少し手前左の藪でゴトゴトと地響きがした。さっきのクマと同じような音だった。でも直ぐに音はしなくなった。私のクマ鈴の音に反応したのだろう!この辺の住人なのだろうか?あまり刺激しない方が良さそうだ。このあとはブナ森コースを下った。相変わらずブナ林がきれいだ。沢の音が聞こえ間もなく14時36分駐車場に着いた。
最上コース入り口に「土砂崩れのため最上コースは閉鎖します」という張り紙があった。

県道22号線を大葛方面へ向かって進み、長部集落で左へ曲がった所の橋を渡ったら写真のような看板がある。この林道をどこまでも進むと比内コース登山口の駐車場に着く。林道は採石を敷いて整備した跡があった。乗用車でも大丈夫と思う。
2014060300

6合目からはこの写真にあるようなブナ林の尾根を登ることになる。
2014060301

8合目の看板を撮した写真。この時点では、クマは写真のブナの木の陰にいたようだ。あとで見たら、木の陰には雪が少し残り水溜まりが出来ていた。この写真を撮ってコンデジをケースにしまい、歩みを進めた瞬間、クマは写真の左の方へ駆けて行った!
2014060302

誰もいない山頂は、風も無く、暑かった!
2014060303

一番良く見える山は森吉山だった。今週末から森吉山で高校生の大会だ・・・
2014060304

雨がしばらく降っていないので・・・心配していたが、花はまずまず咲いていた。ムラサキヤシオツツジは私のようにくたびれたようにして咲いていた。
2014060305
2014060306
2014060307
2014060308
2014060309
2014060310
2014060311



プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード