久々の海外は山の無いシンガポールへ

2014年5月21日(水)~25日(日)
二男坊に会いたい母親のために、重い重い腰を上げ旅行を計画・・・
Webチェックインという年寄りにはわかりにくい方法で飛行機のチケットを入手したり、久々だったので色々な初体験をした。
ホテルに着きチェックインをしようとしてもわかりにくい英語(英語もろくにわからない私だが)・・・シンガポールなまりがひどいのか?単語もわからない。それでも、何とかかんとかチェックイン。
初日はJTBにお願いしていた午後までのコースを楽しんだが、一番良いと思ったのはボタニックガーデン(東京ドーム11個分の広さ)内にあるナショナルオーキッドガーデンだった。国花であるランの植物園。700種以上の原種と2100種の交配種が6万株ほどが集められている。見たことの無い花ばかり!昭和天皇が植えた花もあった。花に興味のある人は是非時間をかけてゆっくり歩いた方が良い。繁華街のオーチャードに近いのでアクセスも楽だ。
ほかの見学場所は、マーライオンのようなどんなガイドブックにあるような一般的な所を歩いた。
23日金曜日は、ほかの見所を歩き回った後、夕方クラークキーから川沿いの歩道(広く飲食店も建ち並んでいる)をラッフルズプレイス方向へゆっくり歩き、二男の職場があるビル近くのベンチに座って(夜景がきれいだ)待つ。20時を過ぎてようやく二男がビルから出てきて合流。日本食レストランで夕食を食べるが高い!翌日住んでいる所へ行く約束をして分かれる。
翌日、昼近くに地下鉄で二男の住んでいる所へ・・・賃貸マンションの中へ入り、バッグいっぱいのいらない荷物を持たされた。来年3月までの勤務だから、そろそろ整理にかかっているようだ。少し休憩してチャイナタウンの中にある塚田牧場シンガポール店へ・・・この後コーヒー店に入り休憩。マンションに戻り、晩に用事があるというので、我々は荷物を持ってタクシーでホテルに戻る。ホテル内の店でショッピングをしてチェックアウト!っといっても、カウンターに並んでいたら、キャッシュかクレジットかと聞かれ、クレジットだと言ったら、メモ用紙を渡された。そのメモ用紙にパスポートの名前とメールアドレスを書いて箱にルームキーのカードと一緒に入れただけ・・・19時に空港に向かい、22時少し前の飛行機でシンガポールを後にした。
母親にとっては、息子は恋人のような特別存在なのだろうな・・・っと何となく感じていた。今日(5月27日)午後3時から秋田市で用事があったので、その前にルミエール秋田で「あなたを抱きしめる日まで」を見た。この映画は実話に基づくもので、80歳の母親は今も元気だということだ。母親と息子という設定でなくても、涙せずには見ていられない感動作品だった。私と同世代の方々にはお勧めだと感じた。

ナショナルオーキッドガーデンの入口。右のピンクのシャツを着ている人が現地ガイド。流暢な日本語でわかりやすく説明してくれた。日本語でダジャレも言うほど・・・
2014052201

シンガポールフライヤー(高さ165m)から見た景色。左がマリーナ地区、ビルの上に空中庭園のあるマリーナ・ベイ・サンズが目立つ。正面がラッフルズ・プレイス駅のあるビジネス街のビル。右端がクラーク・キー方面。
2014052202


チャイナタウンの一角にはヒンズー教寺院もあり、多民族国家であることをものがたっている。
2014052401

高校生の登山大会に同行して(森吉山)

2014年5月9日(金)~11日(日)
第41回秋田県・県北地区高等学校総合体育大会・登山競技大会(森吉山)に同行しました。
痛めた左足が、まだ本調子でないので選手・役員より早めの時間で行動しました。登山靴だと、痛めたくるぶしにあたって痛いだろうということで長靴を履いての行動でした。

1日目(5/9)は開会式にも出ずに、早めの10時半過ぎにもう1人の審査委員と2人で桐内沢にあった集落跡地を出発して高畑集落跡地・松倉登山口を通って、ゴールの森吉高原キャンプ場まで歩きました。着いて、車で下り桐内沢に駐めてあった車に乗って戻ったら、トップの選手が着いていました。時々雨の降る天気で濡れて到着し、気温も低く寒かったので、早々にテントを張りテント内に入りました。選手の話だと、コメツガ山荘への林道との分岐付近で樹に登っているクマを見たという話でした。

2日目(5/10)は、ひとり4時50分に旧スキー場駐車場から山頂を目指して出発しました。ところがガスが濃く視界が悪いため、現在地確認には苦労しました。一ノ腰を6時10分通過して雪原を進みましたが、視界が悪く選手は大変だろうと考えていたところ、大会は森吉神社までということで、森吉神社避難小屋で待機しました。全員そろったところで、避難小屋から隊行動で下りました。風が弱くガスは晴れませんでした。夕方から空が明るくなり、夜には星空になりました。

3日目(5/11)は、ロッジ森吉で審査講評と閉会式の予定でしたが、天気が良いのでロッジ前の外で行いました。皮肉なもので大会が終了すると天気が回復するのがここ数年続いています。

<1日目>
久々に高畑集落跡地を通過。桐内沢の川がゴーゴーと音を立てて流れている。
2014050901

登って行くとヤマザクラも咲ききれいな風景が・・・
2014050902

松倉コース登山口が近づくとブナの新緑がきれいだと感じたが、写真を撮ろうとすると造林した杉が写真の構図に邪魔をする。
2014050903

<2日目>
旧スキー場駐車場から出発してコメツガ山荘横から登山道に入った。コメツガ山荘への林道は雪があり車は入れない。登山道も雪に被われて、登山道を辿るのは難しい。
2014051001

一ノ腰に着いたが周りはさっぱり見えない。木のベンチにはうっすらと雪が積もっていた。前日の雨は、ここでは雪だったようだ。私は無線機を持っていなかったので、ベンチの上の雪に誘導役員への伝言を残した。
2014051002

ようやく森吉神社に着く。雨は降っていないが、気温が低く寒い。中に入って後続を待った。
2014051003


美術館ロッジ作戦による作品を見て、寒さに震えていた。
2014051004

ガスの中を全員無事に森吉高原キャンプ場に戻った。写真は新1年生のパーティ。
2014051005

<3日目>
大会が終了して帰ろうとして、青空にはえる一ノ腰方面を撮した。大会が終了すると天気が回復するのは、良くあることだ。審査委員のナリユキ氏は、前日のリベンジと、ひとりで登って行った。
2014051101


theme : 登山
genre : スポーツ

七座山でのリハビリも4度目

2014年5月2日(金)
午前中に用事を済ませて七座山へ・・・が、霧雨状態・・・
自宅を出る頃には雨も降っていなかったのが、二ツ井に近づいたら霧雨が・・・車の中で昼のおにぎりを食べ、仕方なくカッパ上下を着て、12時過ぎに出発。
今日は天神側のトイレ横から出発。途中尾根の上に立つ祠を通過して権現様、法華の岩屋を辿って山頂へ。あとは尾根道をひたすら松座めがけて進む。松座山頂手前から右の東斜面に下り、東斜面中腹を南下。箕座への分岐を通過して、登った登山口へと進んで、16時過ぎに天神荘跡に駐めた車に着く。
しばらく好天が続き、その後の湿り雨だったためか、木々が一斉に葉を付け始め、足元にはいたる所で花が咲き始めた。ガスって展望は悪く、前半は霧雨状態だったが、色とりどりの花のおかげで安らぎのひとときだった。
肝心のリハビリの方は・・・まだ痛いので、無意識に左足をかばって歩いている。かばっているなっと自覚した時は左足を普通に使うようにするが、膝もくるぶし付近も、場合によっては痛みが走る。怪我から1ヶ月半になるが、回復はまだまだかな?

今日はこの位置から登り始めた。山菜採りの人達がいた。興味があるけど、どれが食べられるのか?全く自信が無い。
2014050201

箕座の展望台からきみまち阪方面を撮した。雨は上がっていたがこの通りの天気だった。
2014050215

下山して淋しそうに駐まっていた車に近づいた。この辺の桜も散り始めていたが、まだ十分満開と言える状態だ!
2014050216

尾根上の登山道脇にはこんなに大きくなったのが10本近く見たが・・・いただくまでにはならなかった。ストックと比較してサイズを判断してみてください。
2014050214

法華の岩屋を通過して間もなく、ドド~っと何かが下って行った。良く見たら、斜面下でカモシカ(写真中央)が私を見上げていた!少し毛が抜けががっているためか、やつれて見えた。悪いことをしたなぁ!ごめん<(_ _)>
2014050218


花の写真を楽しんでください!数が多かったので、程々にしました。
2014050202
2014050203
2014050204
2014050205
2014050206
2014050207
2014050208
2014050209
2014050210
2014050211
2014050212
2014050213
2014050217

今日歩いたコースを示した地図です。赤線がGPSデータによるものです。矢印で主な場所を示しておきました。地図の右側の天神の貯木場側の登山口から登り、同じ場所に戻りました。
20140502tizu

more...

theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード