2014年3月17日の検証

2014年3月20日(木)
・・・「17日羽後焼山でのトラブルの反省と検証をしてみた。」・・・

このコースは、日帰りするには非常に長く早朝出発するのが当然だったが、中途半端な気持ちで、出発が遅かった。
山頂まで行かなければならないという気持ちは余り無く、行ける所までという気持ちの曖昧さがあった。
羽後焼山山頂に通じる尾根上は、結構厳しい所もあったのだが、ステップ板のテレマークスキーを選択した。テレマークスキーを選択したのは、10km程の長さの林道歩きを考えてのことだったが、後半に尾根を登ることを考えると適当ではなかった。クランポンがしっかりしたスノーシューにするべきだと思う。
尾根の登りの途中、スキー左足のビンディングのクライミングサポート(G3タルガアッセント)が破断して使えないのがわかっても、クライミングサポート無しで急斜面をトライした結果、脚の疲労が増した。

登りの途中で、下り方向を撮った写真があったので、その写真を元に作図をしてみた。
幅約2m程の尾根上は腐りかけた雪面で被われていた。表面はモナカのように硬く、ガサガサと音が出るような雪質だった。尾根上には樹が所々にあって、左斜面が比較的密な造林杉、右側が密度の薄いブナなどの雑木で被われている。左右共に比較的急で、右が西側、左が東側になる。この日も季節風が吹いていて、下方に向かって右から左に風が吹いていた。写真に示したように、急な細い斜面を右にターンをしなければならない所で樹木もあり、雪面の凹凸もあった所だった。忘れかけた記憶を頼りに再現してみた。・・・転倒中の図では、腰の部分の描き方が下手で、右脚が奥の方にあるように見えてしまうが、手前側になる。
2014031711


この図は、転倒しかけた瞬間と転倒後の身体の状態を描いてみた。右脚と左足の状態がわかりにくいかもしれないが、転倒中の図では左足が雪面に靴の所まで刺さりロック状態で、手前の右脚が宙に浮いた状態だった。その後、ロックされた左足を軸に右側に回転して倒れた。なぜ右側に回転したのかというと、確信はないが、手前にある右脚を雪面に着いた時の雪面が左足よりも低かったということ。また、腰から上が雪面に着いた時も右後方側の雪面が低く、身体が右向きになったのかと思う。また、雪の小山(図の左足が刺さっている部分)を乗り越えようとして、後傾気味になったのも原因していると思った。・・・当然スキー技術は未熟だと思う。
2014031720

いつもこのようなことがあると、反省するのだが・・・単独行を続ける限り解決策は、なかなか大変な事だと思う。

もし自力下山が出来なかったら・・・と考えると・・・
今回の場合、この場所では携帯電話の電波が届かない。無線機を持っていても電波が届きにくい。だから、連絡の手段が余り無い。もう少し上部だったら違ったかもしれないが・・・
樹は比較的多いので、樹を燃やして煙を見てもらう、という方法もあるが、西風が吹いていて比較的見えやすい旧峰浜村側には煙がたなびかず、無理かもしれない。
否定的なことばかり上げたが、中国ミニヤコンカで遭難し、奇跡的に生還した松田宏也氏の事を考えると、這ってでも戻ることは可能かもしれない。でも、それは奇跡でしかない。

私が、過去に遭遇した事に関わって、無事搬送した2例を、私のサイト内の記事から紹介します。
鳥海山の例では、祓川ヒュッテから下は、アマチュア無線機を使用して、結果的に本荘山の会や鳥海山岳会の方々に助けられました。
白神岳の例では、秋田県・県北地区高校山岳部の顧問の先生方に助けられました。

ゴチャゴチャといっぱい書きましたが、この後も色々考えて行動したいと思っています。皆様にはご心配をおかけしました<(_ _)>

theme : 登山
genre : スポーツ

常盤林道から羽後焼山を目指したが・・・

2014年3月17日(月)
羽後焼山へは、主に水沢山ルート、二ツ井の窓山からのルート、そして常盤林道からのルートの3コースが考えられる。
今回は、このうち未踏の常盤林道コースを歩いてみようと考えた。しかし、出発時間が遅く、途中敗退は明らかだった!
それでも様子も見たかったので、大柄の滝入口を7時58分出発。スノーシューでなくステップ板のスキーを履いた。理由は林道が長いからだった。それが、後でイヤな事になる・・・
林道は沢を巻いてうねうねと続く。やがて、岩のゴツゴツした山が両側から迫る場所を通過。それを過ぎると林道の両側が平たんな造林杉の地帯に入る。そこに入ると間もなく左の尾根に取り付けば良い。ここまで林道上を約2時間半かかった。10分以上休んでから尾根に向けて登った。旧峰浜村との境界の尾根に上がると西風が冷たい。天気予報より雲が多く日も指さない。寒い!痩せ尾根が続く急斜面あり、緩斜面あり、この辺でバテてきた。12時頃668mピーク手前の600mくらいのピークで断念することにした。少し手前で、左足のスキーに違和感を感じて調べてみたら、スキーのクライミングサポートの金属部分が破断していた。クライミングサポート無しで急斜面を登るのは辛かった・・・第一のトラブル
カップラーメンを食べて、羽後焼山のピークを確認して、12時28分下山開始。下りの途中、痩せ尾根の急な所で立木に衝突しそうになって、左足のエッジを立てたら、左のスキーが雪の段差に靴の所まで刺さって、それを回転軸にして右後方に回転して転倒。左足は動かなかったのであおられて、くるぶしの所と膝の内側で身体の回転を吸収!激痛が走った!叫びたかったが、唸りながら体勢を戻そうと頑張った。衝突しそうになった樹に捕まって恐る恐る立ち上がった。立てる!っということがわかってホッとした。でも、痛い!・・・第二のトラブル
必死で尾根を進み、ようやく林道に出た。左足に負担をかけないようにして、林道を歩き15時58分車に無事着いた。単独行(おひとり様)のリスクは重々感じていたがこういうこともある。歩くことが出来たのは幸いだった。GPSデータによると、今日歩いた距離は21km余り、活動時間は8時間余りだった。左足をかばって歩いたためか?右脚の靴にあたる所が数カ所皮がむけていた。
帰宅してシャワーを浴び、直ぐに向かいのかかりつけ医(内科が専門)に行ったら、右と左を比べて左の足のくるぶしの周りと膝の内側が腫れているよっと指し示されて、改めて確認した。しばらく山はダメかな???
このコースで歩いて登頂した記録はナリユキ氏タロンペ氏の記録をご覧ください。


車を駐車した所は、バスの終点停留所。旋回するために(多分)広く除雪してある。そこから写真を撮った。左へ行くと大柄の滝、前方へ行くと常盤林道。アスファルトが見えている所までしか除雪していなかった。
2014031701

突然林道上に現れたキツネ!?しばらく、私をジーッと見ていた。
2014031702

近づいたら、林道から木に登って行き、なにやら木の芽のようなものをかじっていたテン!?近づいても、動じなかった。
2014031703

直ぐ先のピークが668mピーク。矢印で示したピークが羽後焼山山頂。
2014031704

反対に後方を見ると、大倉山がデンと鎮座していた。
2014031705

下りの林道上で、カーブを曲がったらカモシカとバッタリ!慌てたカモシカは法面を必死で登ろうと何度も挑戦!やっと法面から上がったら疲れたのか、少し留まって休んでいたようだ。気の毒なことをしてしまった。まだ若いカモシカのようだった。
2014031706

壊れたクライミングサポート。矢印の部分が破断していた。ビンディングはG3のタルガアッセント。写真上のスキー(右)は壊れていないが・・・不安だ!
2014031707

theme : 登山
genre : スポーツ

疑似好天ねらいの田代岳

2014年3月12日(水)
そろそろ出掛けたくなっていた。天気図を見たら日本海に低気圧があってゆっくり東進している。ポイント予報を見たら、風が弱く午後からはみぞれが降りそうだった。午前勝負だなっ!と早めの出発。
8時25分大広手口から、いつものコースとは違う道を選んだ。夏道の2合目手前の小尾根から取り付き、直登ルートへ。やがて急斜面!重めの雪が深く、ジグザグにターンを繰り返して喘ぐ。斜度が幾分ゆるくなって大休止!冬のブナの森の静けさを感じる。獣の臭いを感じる・・・もしかして自分の体臭か?じゃあオレは獣か?イヤ、やはりこれは森の中の動物だろう・・・?そんなことを思うほど、ゆっくり休んだ。風が無いためか、本当に静かだった。
何度も喘いで、10時半9合目雪原に着き、山頂ドームを仰ぐ。岩木山や八甲田山も見えたが、山頂に着いたときには雲がかかっていた。10時49分山頂神社に着き、スコップで除雪して中に入る。ドアは凍っていたが、ピッケルを使うほどではなかった。神社の中の温度は-5℃くらいで、いつもより暖かい。昼食にしては早めのインスタントの袋ラーメン(賞味期限2013年11月)を作って食べる。11時30分、外に出て下山開始。少し雷岳が見える方へ偵察して、神社の裏斜面に回る。雪は厚めのモナカや硬めのパックなど・・・雲が厚くなって薄日も消え、雪面の凹凸も見えにくい。東面に回り込んで、慎重に9合目雪原に下りる。雪原を9合目の看板があるはずの夏道方向へ進み、緩斜面の多い尾根コースでと思って下るが、スキーが余り走らず面白くない!本当は、スピードが出ると直ぐ撃沈するのだが、そんな私でも面白くないと感じたのだから・・・途中から、登ってきた急斜面の方へ、ぐるーっと回り込む。そして、急斜面を目の前にしてへっぴり腰で、心の中でエイヤ-!っと叫んで滑り出す。エッジを立てるものだから崩れた雪と一緒にズボズボと滑って股まで埋まってしまう。それでも、私は楽しい!下部で尾根が分かれる所は右の尾根を選択。そして夏道に出れば、沢を安全に越えられそうな所から下って12時15分小雪がちらつき始めた大広手登山口に着いた。
今日は私の車1台だけだった。ユップラも空いていた。ゆっくり暖まって、獣の臭いを洗い流す。コーヒー牛乳を飲み、コハゼの餅を買って帰路につく。アイスは帰宅して冷凍庫を開けた・・・今日は秋田県の高校の合格発表がある。今の私が受けたら絶対に受からないだろうな・・・若いって良いなぁ!

登りの途中、急斜面から斜度がゆるくなり、ヘトヘトになって大休止した場所。下を振り返った写真。下の方は斜度がきつく見えない。こんな急な所を、スイスイと滑ってみたいものだなぁ!夢です(^^;)
2014031201

ようやく9合目雪原に出て山頂ドームを仰ぐ。風も無く静かな雪原だ!
2014031202

岩木山と弘前や黒石方面も見える。山頂に着いたときには、見えなくなりつつあった。
2014031203

ドームを登って山頂の鳥居と神社が見えた。時々微風を感じるが、ほぼ無風!不気味な感じ・・・!
2014031204

山頂部の西側に回って、雷岳(手前のピーク)、烏帽子岳(左奥のピーク)、茶臼岳(台形の形をした雷岳の上にひょこんと頭を出しているピーク)を写真に撮る。今年はこれらのピークを巡らないと!
2014031205

急な斜面は写真ではわかりにくいが・・・急だよな!雪が重くなければ、きっと楽しいだろうな!
3月9日(日)に、かまけしさんが滑ってきた一ノ腰の東面ほどではない!その東面の滑りを見たい人は、是非下のリンク先からご覧ください!かまけしさんの許可はいただいていませんが・・・<(_ _)>・・・かまけしさんの森吉山一ノ腰BC
かまけしさんのブログの方はこちらです!
2014031206

下る途中、ピンクテープが・・・ここも知られたコースなんだ!(^^;
2014031207

大広手の雪の量をっと思って自分撮り。右の木の横から上に上がります。雪壁は、まだ私の身長の2倍ほどもあります。まだまだ大丈夫だね!
2014031208

theme : 登山
genre : スポーツ

能代北高の校舎解体後・・・?

2014年3月8日(土)
まだ、寒風が吹いている中、歩いて出掛けたついでに、能代北高校舎解体後の跡の写真を撮ってきました。
私が勤務した学校が3校無くなりました。統合にはならなかったが校名変更したのが2校、在籍した学校は1校無くなりました。時の変化の速さを感じる日々です。
そういえば、かまけしさんが、以前ご自身のブログ「かまけし日記」に載せていた屋上にあった四等三角点はどうなったのでしょうね?
2011年3月1日の北羽新報に「能代北高、「四等三角点」保存へ動く」というタイトルで、以下のような記事が載っていました。「測量の基準点となる「三角点」。25年4月の学校統合に伴い、25年度中にも校舎が解体される能代北高の屋上に、「四等三角点」の金属標が設置されていた。校舎解体が決まった21年に取り外され、国土地理院に返還されたが、「北高の三角点が見たい」というOBや市民の声を受け、同校は校舎の歴史を後世に伝える資料の一つとして保存しようと、譲渡を申し入れた。国土地理院も前向きに検討する方針だ。」・・・その後、どうなったかという記事は見ていません。見逃したのかもしれません。
駅前にあった能代北高がなくなり、秋田銀行も駅前支店が能代支店と統合になって国道101号線沿いに移転しました。現在両支店があった建物は解体中で、その姿はほぼ無くなりつつあります。中心市街地活性化・・・と言っても、現実はこうなんです・・・ね!

校門のあった所です。校名が書かれてあった部分は取り外されて無くなっています。校門の奥には4階建ての校舎があったのですが、校舎もグラウンドも更地になり雪が積もっています。
2014030801

大体育館と小体育館の間にあった通路への入口です。ここにある看板には校名が残っていました。
2014030802

能代駅から最も近い入口です。写真の坂を登るとグラウンドがあり、写真の松の木の所を左に曲がって昇降口がありました。写真左端に見える、白い立入禁止の看板の校名の部分にはガムテープが貼られていました。
2014030803

渟城南小学校(旧渟城第三小学校)側の入口。ここを登るとグランドがありました。この看板も校名の所にガムテープが貼られていました。
2014030804

theme : 日記
genre : 日記

今季初の白神岳

2014年3月1日(土)
さーて、天気も良さそうだし、土曜日はどこへ行こうか?あ!そういえば今シーズンは白神岳へまだ行っていなかった・・・ということで白神岳へ・・・
国道101号から車で車道を登って、間もなく三叉路で行けなくなり、車道脇に車を駐める。準備して、7時27分に出発。車道のカーブの所から左の造林杉の林の中へ、かつて岩崎の小学校のスキー場があった所を通って、さらに左の林に入り記帳所のある登山口を目指す。7時58分記帳せず記帳所を通過。今朝か?前日の遅い時間帯?に登ったと思われるしっかりしたトレースがある。今朝だとすれば少しおかしい?やはり昨日か!そのトレースは、しっかりと冬道を辿りマテ山へ向かっている。9時20分マテ山(841m)に着きひと休み。ここで、デジカメの時間が11分早いことに気が付き修正する。さあ!っと立ち上がって出発。雪は気温が低かったからかしっかりしまっている。モナカ状態の所もある。10時50分喘ぎながらようやく大峰分岐に到着。標識があり、見たら弘前大学探検部と記入されていた。何となく向白神側の尾根を見たら、向白神側の尾根に取り付いたばかりの4人の姿が小さく見えた。きっと弘大の学生だろう!頑張れ!歳のせいか?若者が頑張っていると、何も出来ないが、応援したくなる。避難小屋を通過して11時5分山頂に着く。看板の頭が少し見える、ピッケルを持っていたので掘ろうかと思ったが止めた。寒い!手袋が汗で濡れたためか、手の指がジンジンしてきた。まだ感覚はあるので・・・小屋に戻り、中に入ってラーメンを食べた。彼らのシュラフなどがあったが、少し雪が入って寒そうだった。もう一度山頂に戻って、写真を撮り11時57分下山開始。大峰分岐まで来たら向白神岳の山頂に黒い点が見えた。きっと彼らが登頂したのだろう!バンザイ!おめでとう!写真に撮って、向白神岳と反対側へ急斜面を下った。1000m以上の樹木に付いていた霧氷がそのまま落ちずに、桜の花が咲いたかのように見えた。幻覚だろうか?・・・下るにつれて雪が腐り始めていた。13時11分マテ山に着いて、ドカッと腰を下ろしておにぎりを食べた。午前中は曇っていたのに、徐々に良くなってきたようだ。時々日が指し始めた。14時15分腐った雪に足を取られながら記帳所を通過、14時37分車に着いた。散歩中なのか?女の人が通って少し立ち話・・・なんであんなに顔をかくして歩いているんだろう?そういえば、以前ここで会った人も同じように顔をかくしていた・・・
雪道を蛇行しながら、ようやく国道に出て、日射しを感じながら、青森県から秋田県に入った。

看板がまだ見えるくらいの雪の量だった。少し沈むが、雪はかための雪だった。少し硬く厚いモナカっていうところかな?
2014030101

大峰分岐への急斜面。ジグザグに弘前大学探検部のトレースが残っていた。右上には2カ所に小さなデブリがあった。
2014030102

目をこらしてみると、先行する2人と後ろに2人。後ろの2人は接近しているので、遅れがちの人をもう1人がサポートしているのだろうか?勝手な想像ですが!
2014030103

主陵線上に、このフラッグがあった。マテ山への下降地点には2本立っていた。少し古くなったフラッグだった。
2014030104

山頂で偉そうに自分撮り!偉くも何ともないのに・・・ただのジジイです。そう言えば、向能代にジジコーヒー(JIJI COFFEE)というカフェがあった。どうしてこんな名前になったのだろう?
2014030105

賞味期限が切れた山の棒ラーメン!これが最後だ!でも、袋ラーメンで賞味期限切れのがあった!山頂の避難小屋の中で・・・
2014030106

避難小屋の山頂側は、氷が張り付いてただれているような感じ。私のようだ・・・?
2014030107

反対側は出入り口なのでこの通り!でも、弘前大学探検部の皆さん!どうして、スノーシューやワカンを置いて行ったんだろうか?アイゼンを履いて行ったのだろうか?私の経験では、スノーシューやワカンの方が良いかと思ったが?
2014030108

大峰分岐から下ろうとして、良く見たら・・・向白神岳山頂に人影が!ジェジェジェ!バンザイ!登頂おめでとう!無事に帰って来いよ!・・・何かドラマチックに感じた(^^)/
2014030109

大峰分岐から下ったら、落ちずに、まだ霧氷が付いたままだった。桜の花が咲いたようにきれいに見えた。日のあたり方だったのかも・・・
2014030110

theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード