二ツ森へ・・・

2013年9月29日(日)
能代市体育協会主催の「山登り教室」に同行させていただきました。
体育協会職員をあわせて総勢11名が、能代市総合体育館に集合し、車に分乗して出発。二ツ森登山口に着いて講師のお話を聞いて、準備運動をして出発。すばらしい秋の青空の中を順調に登り、全員無事に山頂に着き、展望を楽しみながらのんびりと昼食を食べる。次から次へと登って来る登山者で山頂はいっぱい!12時を回って下山開始。帰りは展望台にも寄り14時前に下山。整理体操をして車で能代市総合体育館に戻り解散となりました。
すばらしい天気に恵まれ、きっと楽しい思い出になる山登りになったことかと思います。


白神山地の世界自然遺産の意義について説明する講師のnariyuki氏!
2013092901

山頂直下のナナカマドは実が赤くなっていたが紅葉はまだだった。
2013092902

山頂に着いて遠くの山々について説明する講師のnariyuki氏。
2013092903

岩木山が間近に見えた。
2013092904
白神岳や向白神岳の尾根が連なってくっきりと見えた。
2013092905

ブナ林の中を順調に下って全員無事に下山することが出来た。
2013092906

theme : 登山
genre : スポーツ

天気に誘われて七座山へ

2013年9月18日(水)
8月下旬から少し時間に余裕が無くなって自由な山行きは難しくなった。今日はチャンス!っと思ったが、朝に電話があってちょっと寄り道してから七座山へ・・・
車を駐めて登る準備していたら、歩いてやってきた女の人が「何するんですか?」っと聞いてきたので「七座山を登るんです・・・?」っと応えたら「クマに気を付けて!私はススキ取りに来たの!」あ!そうか明日は十五夜だったんだ!
私は、なぜか?台風や大雨の後、良く七座山に来るのです。今回はどうなっているんだろうか?
松座登り口から登り始め、箕座展望台手前で男の人を追い越した。秋田県自然保護課と書いた帽子をかぶっていた。箕座展望台でおにぎり1個を食べて先を急いだ。権現座山頂で残りのおにぎりを食べて更に先へ。猿田沢コースと分かれて左の急斜面を下り法華の岩屋へ向かう。少しヤブと化したコースを進むと法華の岩屋が現れた。更に先へ・・・権現の岩屋への途中で幅数mの土砂崩れがあった。権現の岩屋でお参りをして東屋のある尾根を越え、箕座へ登り返した。
箕座の展望台でのんびりと透き通った秋の空気の展望を楽しみ、ゆっくり松座登山口を目指した。下ったら舗装道路をローラースキーで一生懸命滑っている男性がいた。
着替えずに車に乗って窓を少し開け、秋の空気を感じながら自宅へ向かった。途中から旧型マーチに乗ったサングラスの女の人が、間もなく下取りになる私の車のお尻を突っつくように迫ってきた。やがて、その車は能代のマックに入って行った!


今日の山頂部。いつも静かな所だが、周囲が樹木に被われていて展望はほとんど出来ない。
2013091801

箕座の展望台から山頂(権現座)方面を望む。左奥に森吉山が見える。
2013091802

天神側からの道がある東屋。老朽化している。近くに水道の蛇口もあるが、全く水は出ない。
2013091803

土砂崩れのあった所。写真中央部分に道があったはずだ。少し抜かるが通過には問題が無い。今日歩いたコース上では、先日の大雨の被害を感じられる場所はここだけだった。
2013091804

秋の気配が感じられる写真を2枚。
2013091805
2013091806


theme : 登山
genre : スポーツ

高校新人登山大会に同行して(森吉山)

2013年9月6日(金)~9日(日)
第41回秋田県・県北地区高等学校・新人体育大会・登山競技大会に同行させていただきました。
事情があって初日は夕方から同行させてもらいました。初日のコースだったノロ川から小又峡・太平湖のコースは歩くことが出来ませんでした。前回下見に同行した時の記事をご覧ください。
ただ、選手の安全のために化ノ沢の下りポイントで補助ロープ設置中の顧問の先生が、蛇に手を噛まれ、ポイゾンリムーバーなどで対応したが手が腫れてきて、船で太平湖を渡ってから北秋田市民病院に行き入院という結果になってしまいました。そのように役員の先生達が忙しくしている所に私が到着ということになりました。森吉山麓の妖精の森にある森吉高原キャンプ場で、暗くなってからようやく合流することが出来ました。
翌日(7日)はキャンプ場からコメツガ山荘を通り、山頂からヒバクラコースを下って親子キャンプ場までの予定でしたが、急な事情が発生して、ヒバクラ側には進まず、山頂から森吉神社避難小屋へ下り、昼食後コメツガ山荘に下ることになりました。コメツガ山荘からは北欧の杜オートキャンプ場に車で移動して宿泊しました。
最終日は、北欧の杜パークセンターで審査講評と閉会式が行われました。


2日目早朝、コメツガ山荘横を通り登山道を登りました。一度旧ゲレンデに出ましたが林間の登山道に入り、再度旧ゲレンデを横切り尾根の上の登山道を一ノ腰を目指しました。
2013090701

一ノ腰に着いた7時40分頃は写真のように山頂ドームもくっきり見えていましたが、間もなく低層の雲(層雲)に姿が隠れてしまいました。
2013090702


山頂への外輪の尾根の上に点在する池糖には秋の気配が感じられました。
2013090703

山頂にトップで到着してきた能代工業高校のチーム。重いザックを背負い森吉高原キャンプ場から、読図や記録観察、歩行の審査をこなしながら2時間2分ほどで登ってきました。
2013090704

急遽予定を変更して山頂から森吉神社に向かう選手達です。
2013090705

9月になったというのにイワイチョウが咲いていました。沢山の花や実を見ることが出来たのが1つの収穫でした。
2013090706

最終日の夜は、北欧の杜公園のオートキャンプ場に泊まりました。写真はキャンプ場の出入り口です。奥に見える建物がキャンパーズロッジ、右に見える白っぽい車両がトレーラーハウスです。広々とした設備の整ったキャンプ場です。
2013090707

theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード