久々の山はノロ川から小又峡へ

2013年8月25日(日)
県北(秋田県)高校登山部が登山大会の下見に金曜日から森吉山へ行くと聞いていた。日曜日にはノロ川から小又峡を歩くと言っていたので、同行することにして日曜日の早朝自宅を出発。奥森吉の親子キャンプ場で合流。クマゲラ保護センターのあるノロ川へ移動し、車を置いて出発。車を出た所で蚊の襲撃!身体のあちこちから献血しながら沼ノ沢下降地点辺りまで歩いたら少しおさまった。私は、幸いにもザックに入っていたネットをかぶって顔などは防ぐことが出来た。このナノモスキート・ヘッドネットは視界を妨げず、大変コンパクトで重宝しそうだ!
雨が降る中を沼ノ沢へロープに支えられながら下降し、対岸を登り返した。相変わらずネズコやキタゴヨウがすばらしい。尾根の上を進み、途中落雷で焼け焦げた何本かの大木を見て驚きながら扇ノ沢へ下降。次の小沢を通過して、いよいよ小又峡へ合流する化ノ沢を目指して痩せ尾根を下る。途中、尾根の上から六階滝の一部が見え新しい鉄製の階段や化ノ沢の中を恐る恐る下降して小又峡の道に合流した。三階の滝まで進み写真を撮る。小又峡を歩いてきた方達に、次の船は12時だと聞き、がま渕手前の岩の上で昼食を食べる。時間を考えて桟橋に向かい船を待つ。やがて船が来て乗船。しかし以前にもあったちょっとしたトラブル。でも、まず18人が無事乗船して太平湖を渡ってグリーンハウスに到着。顧問と私は車を取りにノロ川へ移動。やはり蚊が!顧問の先生達は生徒のいるグリーンハウスへ、私はひとり入浴に森吉山荘へ。この後もポツポツパラパラ降る雨は阿仁前田まで続いた。前田のコンビニで買ったアイスでなくコーヒーが美味しかった。


ノロ川に架かるノロ川橋のたもとから小又峡への歩道に入る。標柱には「小又峡・親滝入口」とある。ノロ川の右岸をしばらく進み林道に出る。その林道(かなり崩壊しかけている)を進むと「小又峡沼ノ沢降り口」とある所に着く。そこからは、林道から登山道に入り、沼ノ沢へ急な斜面を下降する。
2013082501

岩や倒木が散乱する沼ノ沢を渡り登り返すことになる。写真は登り返しの途中から沼ノ沢を振り返ったものです。
2013082502

写真のようにひらけた痩せ尾根やクロベやキタゴヨウの茂る尾根を歩いて、雨の中を先へと進んだ。
2013082503

化ノ沢が近づくと尾根の上から六階滝の一部が見えた。ここには案内の看板があったようだが壊れていた。残念!
2013082504

化ノ沢へ下る急斜面には新しく2カ所に鉄の階段が設置されていた!
2013082505

化ノ沢を慎重に下る生徒達。岩肌に打ち付けられたピンの形を見て、ある生徒がホッチキスだ!っと言っていた。若者の発想らしく、私のような年寄りにはない!
2013082506

小又峡の歩道と合流して三階の滝へ!それぞれ写真を写してUターンした。
2013082507

桟橋近くの歩道で船を待っていたら、お客さんを乗せた船が近づいてきた。我々が乗船しようとしたら・・・なぜ事前に連絡をしなかったのか?途中にある案内を見てきたか?など・・・色んな事をまとめて言われ、いかにも「乗せないぞ!」っと言いたげな雰囲気・・・3年前も、今日ほどではないにしろ同じようなことを言われたような気がした。一般客の人達も何だか気まずそうな雰囲気!10月から秋田デスティネーションキャンペーンが始まるというのに・・・複雑な気持ちで乗船し、これが秋田なのだな~っと思わざるを得なかった。グリーンハウスに着いて、高校山岳部の責任者が9月中旬にある県北地区(秋田県)の大会と来年6月の秋田県の高校の登山大会で船を利用する旨、しっかりと伝えた!
2015082508

沢の中はGPSの感度が落ちるので大雑把ですが歩いたルートのGPSデータです。ノロ川橋から乗船の桟橋までが記録されています。サムネイル表示にしてあるのでクリックして大きな地図をご覧ください!
ノロ川から小又峡へ

theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード