今年初の白神岳

2013年4月13日(土)
個人的な事情でなかなか思い切って山へ行くことができず・・・と言っても1月から3月に何とか8回は出掛けているが、すべてイージーな田代岳と森吉山へBCスキー!
今日は白神岳へ!と家を飛び出したら路面が濡れていた。遠くに白く白神岳が見えたのでホッとして国道101号線を北上した。朝食を食べながら、いつもとは違う自分があった。何となく気が重い・・・なんで朝早くから山へ向かっているんだろう?どうせ苦労して登っても、いつもの山頂といつもの風景があるだけなのに・・・少し鬱かな?
登山口で準備していたら青森ナンバーの旧フォレスターが着いた。2人の男性が車を降りて準備を始めた。私は先に8時6分出発。記帳所に着いたら横に車があった・・・?ゆっくりゆっくり歩いて冬道はパスして二股分岐のある夏道に進んだ。二股分岐と最後の水場の間は7割ほどが雪上の道になっていた。時々ズボッと穴が開いて落ちるので歩きにくい。でも1週間ほどすると消えるだろう・・・最後の水場を通過したら全面雪だった。コースは下の写真で説明!
私の先を行くつぼ足の人が・・・1100m程の所から主稜線直下の急斜面を登る姿が見えた。記帳所横にあった車の主のようだ。風が強く寒いので、ここで雨具上下を着込む。一部ガリガリの凍った斜面をスノーシューのクランポンを効かせて通過して大峰分岐に着く。向白神岳や岩木山が見えて寒々とした風景の白神岳山頂へ向かった。11時18分山頂で写真を撮り、先客のいる避難小屋に入った。昼食を食べながらポツリポツリと会話をして先客は下山して行った。少し遅れて避難小屋から出たらもう姿は見えなかった。風が強くなり、時々雪煙が舞っていた。手がかじかむのを我慢して写真を撮り、主陵緯線を進む。今季は踏めなかった向白神岳に何度も何度もカメラを向けた。この頃は今朝の鬱状態のことは忘れていた・・・
あとは下るだけだ。氷化しているところは慎重にクランポンを突き刺して・・・1000m付近を下っていたら登山口で一緒になったお二人が登ってきた。メインザックを背負い、明らかに小屋泊まりと分かる。少し会話するが、要は避難小屋の状態の確認だった。
暑くなって雨具上下を脱ぎ、850m付近の稜線から下る場所ではスノーシューも脱ぐ。気温の上昇で雪の表面が少し腐りかけ急斜面でもキックステップで十分安全になっていた。快調に下り最後の水場に着き、登りでも歩きにくかった道を二股分岐まで進んだ。福寿草の群落で気持ちを和ませ14時27分登山口に着いてホッとした。記帳所横の車は無かったが、駐車場に車が4台も駐まっていた。前にもそう思ったが記帳しないで入山する人が多いようだ。いったい記帳は何の目的に使われるのだろうか?とても一般に行われている遭難対策とは縁遠いような気がするのだが?であればあえて記帳する必要は無いのかも・・・

最後の水場に着いて、雪が多いな!っと感じた。標柱がこのように埋まっていた。当然水場の水は流れ(雪解け水のようだが)雪は無かった。
2013041301

水場を通過すると夏道は雪の下になっていた。今回は写真の斜め右側へコースを取り、右の尾根を越えて進んだ。その先には鍋を伏せたような大きなピークがある。以前ここにテントを張ったことがある。
2013041302

上の写真の説明文中のピークと稜線との間から左の稜線へと登ると少しフラットな所に出る。下の写真がその場所だ。左の尾根が夏道のある稜線だ!
2013041303

稜線に上がった所からこれから進む方向を望む。この時は気持ちの良い天気だった。
2013041304

山頂からの写真。寒々とした風景だった。風が強く日もなかなかささなかった。下山後白神川河口部から見た山頂部も薄暗く同じだった。
2013041305

向白神岳の稜線と岩木山(奥のピーク)。何度もシャッターを切ったが同じ写真だった。相変わらず良い写真は撮れないなぁ!
2013041306

マテ山へと下って進むと日が指して気持ち良かった。風が強く樹に付いていた霧氷がバラバラと飛んでくる。顔に当たると痛い。写真に写っている白いシミのような物が飛んでいる雪の塊だ。
2013041307

二股分岐を過ぎて下ると福寿草の群落があった。気持ちを和ませてくれる。若い時には余り感じたことが無い・・・歳なのかなぁ!!!
2013041308

theme : 登山
genre : スポーツ

今年初の七座山

2013年4月3日(水)
例年であれば冬季にも何度か登っているはずの七座山!今年はサボったので今回が初登山になってしまった。
今日は時間が空いたので昼近くになってからぶらーっと出掛けてみた。
松座の登山口に着いて例年より雪が多いと思った。いつもの長靴を履いてゆっくり登り始めた。所々雪が残っていた。北側の斜面に雪がある。っということは山頂へ向かって登りの斜面だ。日が差して暖かだったのが、午後になったら雲が増え少し薄暗くなった。いつもの通り山頂の権現座に着きUターンして箕座の展望台に上がって展望を楽しみながらおにぎりを食べた。身体が汗で濡れていたためか寒さを感じ下山開始。松座に下って車で着替えた。車で天神側に進み写真を撮って帰路についた。皮肉にもこの後薄日が差し始めた・・・

松座の登山口は思った以上に雪が多い。ザフザフっと埋まりながら登り始めた。
2013040301

箕座の登りは雪が残っていた。雪は比較的硬かった。前方は箕座の展望台。
2013040302

烏帽子座から権現座への道。雪もなく落ち葉のじゅうたん。地面から何か芽が出ているのかと思ったが、残念ながら春を感じさせるものは何も見当たらなかった。
2013040303

山頂の権現座は一面雪であった。山頂のノートを見たら4月1日に登った盛岡の方が二ツ井山の会で設置している各ピークの看板の趣を褒めていた!私も分厚い板に各ピークの名前を彫り、彫った文字の部分に黒い色を付けた看板が好きだ!
2013040304

東側の天然杉の林の斜面(国有林)は雪に被われていた。西側の斜面は多くの部分で雪が消えていた。
2013040305

小繋地区(米代川の対岸)に回ってパノラマ写真を撮った。クリックすると大きな写真になります!右側から松座・大座・芝座・三本杉座・箕座・烏帽子座・権現座(山頂)の順になっています。
2013040306


theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード