やっぱり田代岳!

2013年2月26日(火)
朝、自宅を出る時には森吉山か?田代岳か?決めていなかった。国道7号線の鷹巣通過時に、森吉山が見えたら森吉山へ!見えなかったら田代岳!と思いながら、出勤するTK氏とすれ違いメールをして鷹巣に入ったら、森吉山は全く見えず(^^;ハンドルはそのまま・・・7号線を進んだ。
岩瀬ダム方面へ左折したら雪が多い!ダムを過ぎ林道を進む。良く除雪されている。感謝!感謝m(_ _)m
大広手登山口に着いて準備。O尾根か?S尾根か?迷ったが距離の短いS尾根にした。沢山雪が降った割には沈まない。S尾根をいつもよりは気を抜いてゆっくり登った。ブナの樹に雪が大量に積もっている。落ちてきたらアウトだ!そのような場所は避けて登った。雲の流れが速い!山頂に行けるかどうかは?
九合目雪原に出る前の緑の看板に着いたが・・・いつも見上げる位置なのに、見下ろす位置になっていた。それだけ積雪量が多いのだろうか?雪原が近づいたら風が強い!山頂ドームが見える。行くべきか迷ったが進んでしまった。もう止まられない。時々、風が強く地吹雪のように雪が舞い飛ぶ。アウターのフードをかぶりドームの斜面を登り始めていた。神社へ入るか?は戸の状態で決めることにした。寒くて戸の開け閉めと格闘する気にはなれなかった。11時10分、神社の戸は雪に埋もれていたがスーッと開いた。入るしかない!中に入ってジェットボイルでお湯を沸かし、カップラーメンで身体を暖めた。神社内の温度計は-9℃を示していた。戸を閉めるのにも余り苦労は要らなかった。気温が低く雪がサラサラで固まらなかった。
11時41分深雪だと思ったドーム東面の下りは風で雪が飛び、浅く表面がサラサラの雪だった。クラストした所も無く引っかかりもせずにスムーズに下ることがで来た。雪原を進んだが登りのトレースは消えて無くなっていた。樹林帯に入ったら気持ち良い下りになった。程良い深さの雪で順調に870m付近(GPSデータ)まで下り、シールを付けて登り返すことにした。1080mの看板まで休み休み登ってシールをはずした。同じコースを下ったが、下手なテレマークでも気持ち良い下りになった。急斜面の尾根も快調に下り13時11分車に着いた。今日も独りだった・・・あ!兎には数匹出会いました。でも、スキーも履かずに走り回っていました・・・
あ!下りの途中で音楽が聞こえました。ロケット実験場の方から・・・?
雪の回廊になった林道を一路、ユップラに向かった。焼き餅を買ったらなぜか?「いつもどうも」と言われた?
帰宅して、天気予報を見たら明日は晴れマーク!何も言葉にならなかった。でも最高気温が6~7℃なんて上がり過ぎだ!・・・悔しいからこんなことを言っています!

昨日・一昨日と大量の雪が降ったのに!埋まらない?
2013022601

山頂ドームがくっきりと見えた。風が強く寒い!手が・・・
2013022602

山頂の鳥居に着いた。風が強くヨタヨタしながら進んだ。地吹雪が舞っていた。
2013022603

山頂ドームの下り・・・ほとんど埋まらないが引っかかりも無し!スムーズに下ることが出来た。ゲレンデにフワーと粉雪が積もった感じ!
2013022604

九合目雪原ともお別れ。振り返った雪原は地吹雪が飛び山頂ドームを覆い隠そうとしていた。
2013022605

870mから登り返して1080mの看板まで来た。積雪量が多く、いつもは見上げる看板が見下ろすような状態になっていた。下った時のトレースが消えようとしていた。
2013022606

ブナの木々に乗った雪は大量!重そうだった。登りの途中で、一度だけ「バリー!」と音がして枝が折れた。そしてドドーっと雪が落ちてきた。
2013022607

下山後、林道を下りながら、所々で大川目川を覗いてみた。上流部は雪で埋まっていた。いつも流れているこの場所も雪が覆い隠そうとしていた。
2013022608


theme : 登山
genre : スポーツ

そしてまた田代岳

2013年2月14日(木)
13日・水曜日は予報を裏切って天気良いになり、taka3さんと不満を言い合った。それがきっかけとなって今日の山行きとなった。
午後から天気が崩れそうだったので、いつもより早めの出発。大広手登山口に着いたら見覚えのある車が!早い!もう出発したのか・・・8時41分後を追って出発。いつものS尾根を目指すが、先行者のスノーシューのトレースは少し沢寄りに登っている。尾根に取り付き先へ進んだら、杉林から尾根へ登ってきたトレースがあった。良く見たらトレースの脇に突いたストックの跡が2人分!っということは、nariyukiさんtukakenさんだな!っと判断。ここからはトレース跡を登らせていただき楽をした。雪はまずまずの深さで表面はサラサラのパウダー!これはいけるぞ!っと期待が膨らむ。九合目雪原に出て少し進むと山頂ドームを登るお二人が見えた。写真を撮りながら後追い、10時10分山頂神社に着いた。やはりお二人が神社内にいた。一緒に昼食を食べてくつろぐ・・・っといっても-7℃ほどの気温だから寒い!寒くて11時5分神社の外に出て戸を閉めた。私が先行して滑った。20cmほどの深さのスキーが良く走る雪だった。気持ち良くドームを下り2人を待って雪原を進んだ。天気は下り始めたようだ。チラチラ雪が舞い始めた。この先も気持ちの良い滑りを楽しんでは止まって2人を待つのを繰り返し、一緒に下った。気持ちの良い滑りに登り返しても良かったが、夕方の用事を優先して止めた。12時8分車に着いて、私はユップラへ向かい、お二人はそのまま自宅の能代へ向かったようだ。少しイージーな山行だったが楽しく滑走をして満足だった。また来よう!


青空と真っ白な雪面!ここにトレースを刻むのはもったいないような気がした。
2013021401

九合目雪原を進みながら山頂ドームを登る2人を発見!写真では山頂左手のスカイラインにポツポツと黒い点が見える。
2013021402

さあ下るぞ!山頂神社前でお二人の写真を撮る。
2013021403

九合目雪原を下りながら天気が下るのを実感。チラチラ雪が舞い始める。
2013021404

S尾根を下りながら樹木の観察会をした。
2013021405

theme : 登山
genre : スポーツ

今日もXCスキー

2013年2月10日(日)
今日も能代市の風の松原へ!XCスキーをやらないともの足りなく感じるようになってきた日々・・・
雪が降らなかったので昨日のトレースがしっかり残っている・・・滑りやすい!今日の雪はスキーも良く走る!
楽しい2時間!今日は10km(GPSデータによる)歩いて、1月7日から始めたXCスキーで歩くこと通算200kmを越えた!!!

前方には昨日のトレースがしっかり残っていた!気持ちの良い天気のなかジワーッと汗をかいて10kmを歩いた!
2013021001

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

またも田代岳へ

2013年2月6日(水)
前夜、6日の天気は?と調べていたら・・・大館地区が曇りだが風速1(m/s)か静穏となっていた。久々に七座山へと思っていたが急遽田代岳に変更!
9時前に大広手登山口に着いたら、先日山でお会いした方が先に到着していた。今日は緩斜面の方を登るという話をしたら同じコースだった。先に彼が出発して、私が後を追った。林道上を登りカーブの先から尾根道に取り付いた。結構雪が深いが先行した彼のトレースをたどった。尾根に取り付く手前で一緒になり、私が先行することになる。今日はどこまで行けるかな?っと思いながらしっとり系の深雪と戦った。1時間ほど登って負けそうになって行動食を食べチャイミルクティを飲んだ!風がほとんど無く汗でメガネが曇る。斜度がきつくなり喘いだが、前方が明るくなって9合目雪原に出た。少しは風があるが寒くはない。山頂ドームは霞んでいて良く見えない。気持ちはあとイイ!っと思っていたが身体が前に進んだ。ドームの斜面を登り鳥居に着いたら前方に山頂神社が霞んで見えた。入口の戸は簡単に開いた。中に入って温度計を見たら-6.5℃~-7℃であった。ドカッと座っておにぎりを食べながらお湯を沸かして先日の森吉山で食べなかったカップラーメンを食べた。美味い!なかなか彼が来ないので、下山の準備をして神社の戸を閉めようとしたがなかなかうまくいかず苦戦していたら・・・彼が到着!神社前でしばらく立ち話・・・なあんだ!taka3さんだったのか!ネット上で良く目にしていたお名前だったし、何度か山でお会いしていた。そうしている内に天気が回復し岩木山や八甲田山が雲の上にひょこんと顔を出した。
この雪じゃぁ下りは急斜面のS尾根(O尾根とかS尾根とかの命名者はFOJIさんかな?)だねっと話しながら私が先に下ることに・・・雪面が良く見えない山頂ドームは慎重に下りS尾根へ!しっとり系の少し重めの深雪は急斜面でも安心して下ることが出来た。だが・・・尾根から左への下りが少し早かったため杉の樹林帯に入り失敗!すべて勉強!下山してユップラに向かったが、着いたら「特別休館日」と、でかい看板が!えっっと一瞬言葉を失った。これも勉強?結局「縄文の湯」へ向かった。アイスは無し!コーヒー牛乳で我慢!・・・山頂まで行けると思わなかったが天気が幸いした!taka3さん!これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

9合目の雪原に着いて、山頂ドームのすそ野が見えた瞬間をパチッ!この後はまた見えなくなった・・・
2013020601

下りでS尾根に向かう途中、こんなにもくっきりと山頂ドームが見えた。こうなることは予想できなかった。
2013020602

山頂の鳥居に着いた時、山頂神社は霞んで見えていた。しかし、下の写真のように下る時はくっきり見えた。しかし、ドームの下りでは雪面が良く見えない部分もあった。
2013020603
2013020604

霞んでいた山頂神社に着いてシャッターを切った。いつものセルフタイマーは無し!自分撮りがイヤになった!いつかまた復活するかも?
2013020605

突然、岩木山や八甲田山が雲の上に真っ白な頭を出した!おっと!っと思って岩木山にカメラを向けシャッターをきった。
2013020606

冬にはいつも見る風景。石の上に雪の帽子をかぶった風景が見られる大川目川。
2013020608

theme : 登山
genre : スポーツ

今年初の森吉山

2013年2月1日(金)
色々あって今年初の森吉山が2月になってしまった!今日は好天になるということもあり思い切って出掛けることにした。朝能代市を出発してからも、なかなか空の雲が取れず心配したが・・・森吉山に近づくにつれて空が明るくなってきてホッとした。
着いて準備していたらFOJIさんや4人パーティの方達とお話しが出来た!能代の方もいらっしゃった!
ゴンドラに乗って出発!すっかり空の雲が取れて青空になっていた。気温が高いためか?少し霞んでいるので遠望は期待薄だと思った。悪雪にならなければ良いが・・・
9時40分頃ゴンドラ山頂駅を出発。気持ちの良い天気だ!今シーズン初だったので、まずは山頂にご挨拶と思って、石森を通過して連瀬沢へドロップ!そのままドームをエッチラオッチラ!山頂に着いたら誰もおらず、セルフタイマーで写真を撮ってからドッカと腰を下ろしておにぎりを頬張る。準備オッケー!っと東面に回り込んだらシュカブラのようなうねりが・・・仕方なく北面側に戻り下部のアオトドまで1本!横をスノーシューの5人パーティが山人平方面に下って行った。硬い所と深い所とうねりがあり、納得できないまま・・・登りながら更に西側に・・・ゴンドラ山麓駅で会った4人パーティの方達が滑っていた斜面が良さそうだったので!1本いただき!先程よりは幾分良い!登り返して夏道沿いに下って阿仁避難小屋下部を回り込んで、鞍部でシールを装着して石森へエッチラオッチラ・・・ゴンドラ山頂駅に着いて、余りにも気持ち良かったので、ゴンドラ山頂駅横の雪面でのんびり残りのおにぎりを食べながらくつろぐ!全く寒くない!気持ちの良い時間を過ごし硬めの雪のゲレンデを下った。車で帰る準備をしていたらFOJIさんが下ってきたのでご挨拶をしてから家路についた。
しばらく我慢していたアイスが・・・今回は食べたくなって阿仁前田のコンビニに寄ってしまった!
私は山屋からテレマークスキーを始めたので、ピークハントなのか?滑り優先なのか?いつも中途半端になる・・・きっと登れなくなるか、滑れなくなるまでこの悩みは続くのだろうなぁ!しばらくアイゼンを履いていないなぁ!


石森を進む登山者。前を進む5人の方達が山頂から山人平方面へ下って行った方達だ。最後尾の方は単独行だったのか?
2013020101

山頂ドームを登りながら振り返ったら私と4人パーティの方達の滑ったトレースの他に森吉神社側にもトレースがあった。多分FOJIさんパーティのものだろう?
2013020102

山頂の標柱前でのセルフタイマー写真。なんだこのジジーは!っと自分をつくづくイヤに思った・・・ので写真を変更しました。セルフタイマーを設定したと思ってシャッターを押したら、私が移動する間もなくシャッターが切れました・・・その時の写真です!これで勘弁を!
2013020103


4人パーティさん達の下った場所をお借りして私も1本!登り返しているところでシャッターを押す!
2013020104

ゴンドラ駅横のこの場所(右の段差のある所)で20分ほどゆっくりくつろぐ!気持ち良かったなぁ!
2013020105

阿仁前田のコンビニでアイスを食べたあとで・・・余りにも森吉山がきれいに見えたので・・・いつも見ているライブカメラはどこに設置されているのかと思いながら車で移動していたら、小又川に架かる橋の上で絵を描いている方がいた。声を掛けたら(美術展に出す絵を描いているんだけど、構図が決まらなくて?)っということだった。少し話しをして写真を撮って帰路についた。
2013020106

theme : 登山
genre : スポーツ

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード