再び 桃洞渓谷・赤水渓谷・周回コース

2011年9月27日(火)
前回(8月20日)に続いて今回も同じメンバー同じコースで歩いてみた。

<コースタイム>
野生鳥獣センター08:05→桃洞の滝09:03→中ノ滝09:35→男滝09:42→
桃洞渓谷側から赤水渓谷側へ乗越11:12→11:43赤水渓谷に合流(昼食)12:27→
兎滝13:00→玉川への沢と合流13:37→14:29赤水渓谷入口(小休止)14:37
→15:15野生鳥獣センター

天気に恵まれ!気温もこの季節としては高く!最高のコンディションで沢歩きを楽しむことが出来ました!

何度見ても良いな~!桃洞の滝!名前も良い!
toudounotaki

中ノ滝の右岸を登る2人・・・
nakanotaki

男滝の左岸を登るtukamasa氏と下で待機するhontaka氏
otokotaki

今回、何となく兎滝の名前の由来が見えてきた!矢印で説明を入れてみたが・・・これで良いのでしょうか?
usagitaki

今回は多くの動物やその痕跡に出会った。写真は沢の砂地にのこっていたクマの足跡?小熊かな?枝沢に向かって行ったようだった。そしてヘビ・・・何のヘビでしょうか?
写真には無いが、必死に我々から水中を逃げるカエルや魚、そして羽虫のような虫の雌と雄の求愛ダンス(高さ50~60cm程を上下に運動していた)など・・・
kuma
hebi

今回のコースの一部を動画で撮ってみました。14分ほどですがご覧ください。すばらしい沢であることが良く分かるかと思います。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

コンデジ異変!

2011年9月26日(月)
コンデジ(コンパクトデジカメ)に異変!!!
長い間お世話になっている私のコンデジ(Nikon COOLPIX P5100)が、今月上旬、突然、下の写真のような状況になった。慌てていろいろいじって、メニューの設定クリアーをすると一時的には良くなったが、やがてまたダメになった。
ちょうど良いタイミングでNikonからCOOLPIX AW100という防水・防塵の機種が発売になった。ところが価格COMの口コミで当たり外れがあるということがわかり・・・Nikon派の私だったが・・・そこはジッとこらえて、発売後もさほど悪い口コミもなく市販価格も下がってきたPanasonicのLUMIX DMC-FT3をアマゾンから急遽購入。今日(9/26)届いて明日の山行で使用することにした。

青森県深浦町十二湖のリフレッシュ村で撮った写真!これでは使い物にならない!私のこれまでの使い方が乱暴だったのだろうか?多分そうだったのだろう!なにしろ冬の雪山から夏の山、雨の山など気象条件がオーバーユースだったのだろう!
ihen

左がCOOLPIX P5100、右がLUMIX DMC-FT3です。なぜシルバーにしたかというと?赤と青とシルバーの3色あったのだが、シルバーが最安値だったからです。
kondeji

theme : 日記
genre : 日記

自炊を始めて2週間あまり・・・

2011年9月21日(水)
台風15号が東北地方へ近づいています。雨が続いて山へ行けない日々が続いています。
そんな中、自炊を始めて2週間あまり、200冊(雑誌を含めて)程の本を電子化しました。
一番手間がかかるのが上製本(ハードカバー)の本です。

左の黒っぽい(実際は紺色)のが本そのもの。右がカバーと帯。
jisui1

まず、本の本体は硬い表紙なので表紙部分を除きます。表紙を開き両見返しの「のど」の部分をカッターで切り開きます。表紙カバーは表部分、裏部分、背表紙部分、折り返し部分にカッターで分けます。そして帯です。
写真の黒く映っているのがハードカバーを本から外したもの。その右上にある薄茶の部分が本の本体です。
この段階で、本の本体以外にどれをスキャンするか考えます。ハードカバーはScanSnapでスキャン出来ないので読み込みたいのであればフラットスキャナーで読み込むしかありません。今回は、何も情報が無いので読み込みませんでした。帯も情報が少なかったので読み込むのを止めました。
jisui2

結局読み込むことにしたのは、本体とカバーの表と裏のみにしました。本体は厚かったので半分に切り取りました。半分程の切りやすい部分を開いて写真のペーパーナイフ(一般のペーパーナイフより少し刃が鋭い)で切って2つに分けました。その後、裁断機で裁断します。左上のものは裁断したものと切り取られた背表紙側の部分(棒のようなもので、本の厚さがわかるように見せています)。右下はこれから裁断する部分。わかりやすいように裁断する部分に線を引いてあります。裁断後、表紙カバーを同じサイズに合わせてカットします。
jisui4

裁断後スキャナーに読み込ませます。読み込みスピードはA4サイズで1分20枚ですが、この本はサイズが小さかったので500ページ(250枚)程を10分かからずに読み込みました。ADFに乗せる枚数は限られるので、スキャン中に追加しながら読み込ませました。下の動画は途中と最後の表紙カバーを読み込む部分です。

theme : 実用・役に立つ話
genre : 趣味・実用

藤城清治光と影のシンフォニー(新潟県立万代島美術館)

2011年9月14日(水)
我が家から片道350km余りの距離を日帰り往復で新潟に行って来ました。
そのついでに、駆け足で朱鷺メッセにある新潟県立万代島美術館で開催されていた「藤城清治・光と影のシンフォニー」展の作品を見てきました。
実は、秋田県でも横手市の秋田県立近代美術館で「光と影のファンタジー 藤城清治の世界展」が実施されています。私は見ていませんが、一緒に行った家内は見ていました。
時間が無く、ザーッと見ただけでしたが色彩豊かな精細に切り取られた切り絵に光が差すと幻想的な世界が広がります。母が定期購読していた「暮らしの手帖」に掲載された作品はかなり前から何となく見ていたので見覚えのある作品もありました。
昼頃に朱鷺メッセに着いたので、真夏のように暑く感じました。展覧会は万代島ビル(31階)の5階で行われていました。
tokimese
1階からエレベーターで5階まで上がります。以前、同じ場所でエジプト展が開催された時にも来たことがありました。本当はゆっくり見たかったのですが時間が余りなく残念でした。
fujisiro

theme : 新潟県
genre : 地域情報

白神岳(秋田県)高校生の大会に同行して

2011年9月9日(金)~11日
いつものことながら、高校生の大会に同行させていただいた。
大会は、第39回県北地区高等学校新人体育大会登山競技大会というもので、秋田県の県北地域の高校生の登山大会です。今回は、白神岳と十二湖を会場に行われました。いずれも青森県深浦町にある地域です。

大会の日程は
9月9日(金)
開会式(十二湖エコミュージアムセンター)
十二湖エコミュージアムセンター→八景の池→キャニオン展望所→日暮の池→十二湖リフレッシュ村(泊)
9月10日(土)
十二湖リフレッシュ村~車移動~白神岳登山口→(マテコース)→白神岳山頂→大峰岳→崩山→大崩→青池→十二湖リフレッシュ村(泊)
9月11日(日)
十二湖リフレッシュ村~車移動~十二湖エコミュージアム
審査講評・閉会式(十二湖エコミュージアム)

初日の深夜と2日目のゴール直前は雨に当たり、最終日の午前中は時々豪雨のような雨でしたが、初日の行動中と白神岳から十二湖への縦走中は天気に恵まれ無事に大会を終えることが出来ました。

実は、私のカメラを十二湖のリフレッシュ村に忘れてしまい、写真を撮ることが出来ませんでした。
そこで、一緒したnariyuki氏が写した写真を頂きました・・・感謝m(_ _)m
白神岳山頂で向白神岳と岩木山方面を眺める私と大会役員の後ろ姿。
shirakamisantyou

白神岳山頂から大峰岳への道は、大峰分岐から先がヤブと化し歩きにくくなっていました。青森県自然保護課によると10月中に刈り払いをする予定ということでした。写真のようなブナ林に入ると登山道も幾分歩きやすくなります。この辺のブナは苔が生え幹が黒くなって見えます。
bunabayasi

大峰岳山頂の案内の標柱での記念撮影。写真は審査委員のnariyuki氏と私。大峰岳へは今冬2月にnariyuki氏が十二湖から登っている。この後、ここへ再び来ることがあるだろうか・・・?
oominedake

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

最近購入したCDと見た映画

2011年9月6日(火)
山から遠のいているような状況だが、先日(9/2~3)は十二湖のリフレッシュ村に宿泊してこの後行われる高校生の大会の下見ということで、アオーネ白神十二湖と十二湖リフレッシュ村の間を往復した。
2日から3日にかけて、台風12号の影響で生暖かい風が強く吹いていたが、3日の昼頃には急に暗くなって雨が落ちてきた。同時に気温も下がった。

最近購入したCDは1枚だけ・・・
それも久々にjazz!「PIANIST~ワルツ・フォー・ビル・エヴァンス~
ビル・エヴァンスに捧ぐということでチック・コリア、小曽根真、大西順子、山中千尋、ハクエイ・キムのピアニストの演奏を収録したもの。LP時代には、ビル・エヴァンスという名前が付いたものは徹底的に購入して聞いたものだったが・・・

映画はというと・・・
ハリーポッターの最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」・・・沢山の人がご覧になっているだろうから評もコメントも無し!
ブラッド・ピット×ショーン・ペン×テレンス・マリックの「ツリー・オブ・ライフ」・・・カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞していただけに期待大で映画館に向かった。親子の複雑に絡む人間模様を描いた内容には口をはさむことはない!十分鑑賞の価値のある内容になっていた。しかし、宇宙誕生や地球上に生命が誕生した様子などの部分が長すぎるし、宗教的な感じがぬぐえなかった・・・それが私としては残念だった。
マイケルベイの「トランスフォーマー~ダークサイド・ムーン~」・・・3Dがすばらしいというので3Dで見たかった。吹き替えの3Dで見た感想は?さすが3D!でも2時間半は長かった!っと言いながら娯楽映画を十分楽しませていただいた!
cinemaCD
プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード