7月29日~30日の新潟市での豪雨と洪水

2011年7月29日~30日に新潟市での豪雨と洪水
29日から30日に新潟市西区に滞在。偶然、福島県と新潟県を襲った豪雨と洪水に遭遇した。滞在した近くの信濃川の関屋分水路周辺の様子です。30日夕方、秋田に帰る時に日本海沿岸自動車道を走り阿賀野川を渡った時もいつもの水位よりはるかに高く、濁流になっていました。

29日午後4時半頃、新潟市西区側から中央区側に関屋分水路にかかる関屋大橋を渡りました。いつもよりはるかに水位が高く濁流が流れビックリしてカメラのシャッターを切りました。中央区側から西区側を写した写真です。
sekiyaoohasi1

ところが、翌30日昼頃同じ道を歩いた時には、更に水位が上がり、濁流が勢いを増し、様々な漂流物が流れていました。上の写真とほぼ同じ位置から撮した写真です。いつもはジョギングする人や散歩する人が沢山いる堤防上のコース(写真の柵の堤防側にある)も水没していました。
sekiyaoohasi2

分水路の信濃川本流側にある信濃川水門は半分ほど開いていましたが、漂流物が引っかかりそれらの下をくぐり抜けた濁流が下流側で湧きだし渦を巻いていました。漂流物の中には川船や保冷車、大きな丸太の流木もありました。
sinanogawasuimon

関屋大橋側から信濃川水門側へ歩きながら撮った動画です。1972年に開通し通水が開始された全長約1.8kmの関屋分水路が無ければ、今回も大変なことになっていただろうと思う。江戸時代から構想があったというこの分水路・・・先人の思いが今に通じている。

theme : 日記
genre : 日記

能代市にある日吉神社の祭典

2011年7月26日~27日
能代市の日吉神社の祭典(御神幸祭)が、毎年7/26~7/27に実施されます。
宵祭りの26日は、5組(大町組・上町組・萬町組・清助町組・後町組)ある各組の町内を丁山を引き回します。
本祭りの27日は、日吉神社に集まった5つの丁山や猿田彦行列などの御神輿の行列が神社から御旅所(清助町)に行き、夕方神社に戻り、御神輿や丁山が蔵入りします。

私の住む町は大町組に所属していて大町・富町・下川反町・富新町(住所名と違います)で構成されています。集会所の無い私の町は、町内の個人の車庫をお借りしてにわかに会所を作りました。壊れかけていた御神燈は今年5万円をかけて修理しました。
kaisyo

そこへ丁山がやってきて大休止です。その間に正副自治会長が丁山の上に祭られている三番叟(さんばそう)を拝みます。丁山に乗っている祭神は組によって違います。上町組は鍾馗(しょうき)、萬町組は猩々(しょうじょう)、清助町組は恵比須(えびす)、後町組が大黒(だいこく)です。
tyouyama

丁山が会所を出発する祭の動画です。暗いのでわかり難いかもしれません。かけ声と共に木製の車輪がギシギシ音を立てて行きます。丁山が出発して見えなくなると町内はまた静かになり・・・

theme : 日記
genre : 日記

大館市の鳳凰山へ

2011年7月22日(金)快晴
大館国際情報学院高等学校の2年生が、鳳凰山でボランティア清掃登山を実施するということで、私も参加させていただいた。
生徒88名ほどの参加で、午前9時前出発。私は生徒の出発前に当校の先生と一緒に出発した。一般の人達が沢山登っている。「おはようございます!」「こんにちは!」っと挨拶が絶えない。山頂手前で4人の男子生徒に追い越されてしまう。山頂までの最後の登りで汗がポタポタ落ちてくる。標高差160mを一気に登ると四等三角点のある標高520.4mの山頂に着く。山頂に着いて休んでいたら涼しい風が・・・汗が冷え少し肌寒く感じた。少しずつ生徒が到着して、やがて全員ゴールして昼食を食べる。集合写真を撮って下山開始。私は最後尾に付いて下る。順調に下って、少し早めの13時過ぎに駐車場に着いて、全員の確認と挨拶をして解散。
終了後、以前立ち寄ったことのある「ママインドカレー」が片山に移転したというので3人で行ってみることにした。
前に寄った時の記事はこちら!
結果的にはご馳走になってしまったm(_ _)m
山頂でおにぎりを食べた後だったので腹一杯になって能代市の自宅へと向かう。途中、田代の温泉「ユップラ」に寄って汗を流す!

広い駐車場の一角で開会式。日差しが強いが風は涼しい。
kaikaisiki

あちこちにオオバギボウシが沢山咲いていた。この写真は山頂直下でのオオバギボウシ。
oobagibousi

山頂での集合写真!
santyou

山頂から大館市内を望む。写真右端の山並みが田代岳、中央の山が十ノ瀬、その奥に藤里駒ヶ岳、その左には能代山本地方の山々。写真から外れているが、右側には岩木山の山頂部が見えていた。樹海ドームがよく目立つ。
oodatesinai

山頂から少し下ったところから大文字焼きの現場に寄る。高さ1.5m程に木が積まれている。急斜面に、このような木組みが点々とあり、今年は8月16日(火)に大文字祭りが実施される。写真の背景の山は矢立峠付近の秋田青森県境の山並みです。
daimonji

写真ではわかり難いが、山頂からの急斜面を下る。前方にはうっすらと森吉山が見える。
santyoukudari

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

久々の仲間とのひととき

2011年7月16日(土)
今日は、久々に仲間と楽しいひとときを過ごしました!
おふたりの仲間がリタイヤされてご苦労さん会ということで、能代市のプラザ都で会を催しました。
長い間お仕事ご苦労さんでしたm(_ _)mっという思いで始まった会でしたが・・・お酒がすすむにつれて昔の思い出話やら何やらで・・・気持ちが昔に返って笑い転げる場面もあるなど楽しい時間を過ごしました。
ひとりだけ仕事の都合で出席出来ませんでした!残念m(_ _)m
写真を撮るのを忘れていたのが、帰り際に気が付き・・・時遅し!もうすでにひとりの方は帰ってしまい玄関前で写真を撮りました。皆さんまだまだ元気です!
若い時に共に過ごした仲間は、歳をとっても楽しく過ごせるものですね!

写真が鮮明すぎますか???鮮明すぎるのであれば解像度を落としますが・・・
photo1

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

最近購入したCDと鑑賞したシネマ

2011年7月14日(木)
今日は、いつものように近くの米代川の堤防をジョギング中に雨が降ってきた。汗と雨で濡れながら、気持ち良くも苦しいジョギング!久々の雨のような気がしたが・・・
明日も天気が悪そうだ!明日、出掛ける予定だった山は止めることにした(>_<)残念!単独行だと、こうして自由に中止などの変更が出来る。


そこで、最近購入したCDを・・・
CD
1枚目「レディー・ガガ」の「ボーン・ディス・ウエイ」私の評価は3/5
個人的には、前作の「ザ・フェーム」の方が好きだ。YouTubeのボーン・ディス・ウエイの動画は強烈だった。

2枚目「ジェニファー・ロペス」の「LOVE」私の評価は4/5
このアルバムの中で、一番気に入ったのは「On the Floor」。動画はジェニファー・ロペスのサイトからも見ることが出来るがこちらからも見ることが出来る。

3枚目は「DJ KAORI'SPartyMix2」私には長距離ドライブでノリノリで聞くのが良い!


そして、シネマは「」の後は2作しか見ていなかった。近くにシアターがあれば頻繁に行けたのだが・・・
cinema
1作目はナタリー・ポートマンの「ブラックスワン」久々に唸らせた作品だった。さすがナタリー・ポートマン!すばらしい演技に拍手を!っという気分で映画館を出た。私の評価は4.5/5

2作目は、家内にどうしても連れて行って欲しいと言われて秋田市有楽町のシアタープレータウンへ!「木漏れ日の家で」というタイトルのモノクロームの美しい映像に描かれる老婦人のひとり生きる姿を描いたポーランド映画。数々の賞を受賞しているらしい。公式サイトはこちら。お客さんは圧倒的に中高年の女性!男は私のようにして来た5名ほど・・・映画終了前のエンディングクレジットが始まると、次の回のお客さんがドヤドヤと席取りに入ってくる。女は強い!あ!評価ですか?この映画は評価しにくいな・・・?

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

月イチ白神岳・・・暑~い!

2011年7月11日(月)
昨日が64歳の誕生日!だが家族は誰も祝ってくれない。忘れているんだろう。あ!高齢の母だけがお祝いしてくれました。っということで今日は白神岳へ?・・・誕生日とは全く関係ないですね・・・
月イチ白神岳です。天気予報は曇りでしたが、自宅を出るときは快晴!(*^_^*)!天気予報もあたらないね!
登山口駐車場に着いたら仙台ナンバーの車が駐まっていて1人登って行く人が見えました。
私も準備して8時48分出発。アスファルト舗装の道で汗をかく。暑い!記帳所で記帳して樹林帯に入る。それでも何となく暑い。二股分岐前で汗がポタポタ・・・二股コースをたどり二股に着いた時には汗で全身ビッショリ。何だろう?体調が悪いのだろうか?脱水にならないように水分補給しながら急な登りで喘ぐ。下半身まで汗で濡れている。いつもは山頂まで500mlあれば大丈夫だったのだが、872mの標高点手前で無くなった。標高点に着いてハイドレーション(ソースのコンバーチューブ)のペットボトルを入れ替える。汗が全身から湧いてくるようだ。暑い季節の登山は不得意だったんだよな~!(>_<)
今日は山頂まで3時間を切るのは絶対無理!暑いんだか?体調が悪いんだか?それとも両方なのか?わからない(>_<)12時06分ようやく誰もいない山頂に着く。天気が良いだけに展望は良い!岩木山の頭が少し雲の中・・・写真を撮って避難小屋へ行き昼食を食べる。食べていたら若い女の人が「こんにちは!」とひとり登って来た。山頂に行った彼女の何やら感動の声が聞こえてきた。昼食を終え私も再度山頂へ・・・いろいろお話をして(京都の方・リゾート白神で来たようで、今晩は五能線に乗って弘前まで行って泊まるということだった!本当にご苦労様ですm(_ _)m)・・・12時50分私は先に下山、彼女は小屋で昼食。3本目のペットボトルにハイドレーションを切り替える。主稜線上は少しは風がある。ニッコウキスゲも沢山咲いている。下るにつれて段々暑くなり、風も止む。最後の水場で水を補給!二股分岐とマテ山への冬道の分岐の間で、突然!私の鈴の音を聞いたのか「ド!ド!ド!ド!ド!」っと左下の斜面を下って行く黒い大きな動物が!動きが止まって、立ち止まって見たが良く見えなかった。真っ黒な色をしていたのでカモシカではないだろうし、結構大きかったので、もしかして!?!?あ~イヤだな~考えたくない!そのまま通過してきた。
記帳所に着いたら15時20分!ずいぶん時間がかかった。記帳したのを見ると何組か入山したようだが会わなかったということは、途中下山したのだろう?駐車場に着いたら黒い車が下りて行った。他には私の車だけであった。山頂で会った彼女は駅まで歩かなければならない。ちょっと気の毒である(>_<)
水分を補給しながら八森地区のコンビニに!アイスとペプシコーラを買って帰路につく。ようやく汗が落ち着いてきたようだった。次は、どこの山へ行こうかな・・・?

<コースタイム>
登り(休憩を含む):二股コース
登山口駐車場08:48→記帳所08:55→二股分岐09:20→二股10:09→10:59(872m)標高点11:12→12:06山頂
下り(休憩を含む)マテコース
山頂避難小屋12:50→大峰分岐13:03→マテ分岐14:17→14:26最後の水場14:35→二股分岐14:59→記帳所15:20→15:25登山口駐車場


二股の1回目の徒渉地点。前方から手前側に渡る。ロープが張ってある。落ちても深くはない。今日は落ちた方が気持ち良かったかも?
futamata1


二股の2回目の徒渉地点。前方から手前側に渡る。ロープが張ってある。幅が狭い分流れが速く少し深いが落ちても大したことはない。
futamata2


二股の2度の徒渉の後は、延々と標高差760mの登りになる。何度も喘ぎ、途中から下ろうかなっと思ったりしながら山頂近くになったら、ニッコウキスゲが咲いていた。来て良かったな~!この時点ではヘロヘロだった。
santyoutyokka


いつものようにセルフタイマーで!向白神岳の尾根はくっきり!その奥の岩木山は山頂部が雲に隠れていた。八甲田山も山頂部は雲の中。この時点では風も無く暑くて避難小屋に避難して昼食を食べた・・・
santyou


避難小屋からマテコース下山路へ。主稜線上はニッコウキスゲやエゾイブキトラノオが沢山咲いていた。写真左手下は艫作岬と岩崎の集落。
syuryousen

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

昨日の田苗代湿原のパノラマ写真を追加

2011年7月7日(木)
昨日行ってきた藤里駒ヶ岳の田苗代湿原の写真にパノラマ写真を追加しました。
下の画像をクリックして拡大してみてください!
余り効果は感じません(>_<)
やはり実際に行かないと感動はイマイチ・・・
登山口駐車場からゆっくり歩いて10分ほど。今週末が限界かな?雨に煙る景色も良いかと・・・!湿原は3カ所に分かれていて、手前から2番目(真ん中)の湿原が一番広いですね。登山する人は登山靴でしょうが・・・湿原までだったら長靴が良いですね!所々でシャクナゲも咲き始めています。
以前と違って登山口駐車場まで、道は細いけどアスファルト舗装ですからぶらーっとお出かけは?

tanaesirositugenp.jpg

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

ニッコウキスゲの咲く藤里駒ヶ岳へ

2011年7月6日(水)曇り後晴れ
地元紙に記事が載っていたので気にはなっていた。田代岳の八方平のニッコウキスゲや白神岳のニッコウキスゲもそろそろかな・・・と思いながら、幾分体調不良もあって比較的イージーな藤里駒ヶ岳にした。
曇り空の中遅い出発。藤里町に入り延々と山奥を目指し岳岱を越え濡れた舗装道路を走って11時前、登山口に着く。沢山の人がいる。松本からいらしたというツアーの方々も。松O氏御夫妻ともバッタリ!
11時7分出発。間もなく田苗代湿原。一面にニッコウキスゲが咲いている。カメラを出して撮影!湿原より先へ進んだのはツアーの方々だけ。他の方々は戻って行った。植物を撮しながら登り始めたら、間もなくツアーの方々を追い越す。ガスに煙る誰もいない山頂に12時43分に着き、ひとりポツンと昼食を食べる。その後樺岱コースの方へ少し下って様子を見てくる。山頂に戻ったら松本からのツアーの方々が到着。信州のあこがれの山々の麓から秋田までいらしてくださったm(_ _)mご苦労様!メンバーには南岳で40年間勤務を頑張った方もいるとか!とても私には無理な事!北アルプスに来たら寄ってくださいということであった。新島々の事務所にいらっしゃるようだ。明日は森吉山だということであった。挨拶をして下山開始。下りは尾根道を下ることにする。間もなくガスが上がり前方に岩木山と尾太岳(おっぷだけ)が見えた。植物の写真を撮りながら下り、もう一度田苗代湿原へ戻って写真を撮る。14時24分登山口に戻る。松本からのツアーのバスが待っていた。今晩は大館の大滝温泉だとか・・・運転手さんに挨拶をして車に乗って帰路につく。峨瓏大滝を見て、ゆとりあ藤里の温泉(400円)に入り、国道7号線を自宅の能代市に向かった。

<コースタイム>
登山口11:07→田苗代湿原で写真三昧→12:43山頂(昼食・樺岱コースの確認)13:20→田苗代湿原に戻って写真撮影→14:24登山口


田苗代湿原のニッコウキスゲ
nikoukisuge

nikoukisuge2


ガスで霞む山頂の標柱と2等三角点の標石。
santyou1santyou2


植物は沢山!ギンリョウソウはいたる所に!イワウチワはごく一部にしか咲いていなかった。
ginryousuo
iwautiwa


下山後の登山口。入れ替わり立ち替わり車がやってくる。多くの人が田苗代湿原のニッコウキスゲ目当て!登山する人は少ない。青いマイクロバスが松本からのツーの方達のバス。ネットで調べたところ、株式会社ロータリー旅行関係者の方々だと思ったが・・・
tozanguti

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

半夏生の田代岳へ

2011年7月2日(土)晴れ
今日は半夏生!田代岳では半夏生に9合目湿原のミツガシワの生育状態を見て稲の作況を占うという・・・
前の日に下記リンク先のブログを拝見したら!宮司さんが前日に田代岳山頂神社に登って泊まりだということであった。イヤー会いたいなー!元気な顔を拝見に!っと出掛けることになった。幸い天気も良さそうだ。
秋田県北秋田市(旧鷹巣町)綴子の綴子神社宮司のブログ!をご覧ください。どういう関係かって?下の文章をたどってください。

荒沢口はきっと沢山の車で混雑かと思った。薄市沢からの縦走路は途中で熊さんと会うのがイヤだった。ということで大広手口から登り始めた。大広手口も結構な車!
こんな時期に登ったのは1998年以来だ!登るにつれて汗がポタポタと落ちて眼鏡も汚れる。何人かを追い越し4合目で荒沢コースと合流すると人が増えた。やっとの思いで9合目湿原!良い天気!山頂ドームが良く見える。だが冬の景色と全く違う。途中のコースも積雪期に見るのと異なり少し戸惑った。
9時52分ようやく山頂神社に着いて神社に向かってお参りしてから神社内を拝見したら宮司さんがいらっしゃる!変わっていない(*^_^*)!懐かしくて思わず名前を呼んでしまった!私を見て思い出してくれたようだ!しばしご挨拶が続き御札を頂く。感謝m(_ _)m2人で写真を撮って、私は烏帽子岳へ向かう。暑かったので少し躊躇したが決めてきたことなので・・・
刈り払いがしっかりなされて歩きやすい。誰とも会わずに雷岳を通過。次の烏帽子岳への登りで喘ぐ。八方平でニッコウキスゲが咲き始めていた。来週辺りが最高でしょうか?そこで大集団と遭遇。薄市沢からの縦走路登山だそうだ。大館からの人達であった。帰りにユップラ(田代地区の温泉)でも会う。ようやく烏帽子岳山頂に着いて昼食のおにぎりを食べた。帰りはきっと辛いだろうなと思いながら出発。雷岳の登りと田代岳山頂への登りで何度も喘ぐ。暑い!とにかく暑い!暑さは苦手だ!山頂部に着いたらすごい人!その中に知人が(^_^)v大館市主催の清掃登山に来たのだということだった。村さんご苦労様m(_ _)m相変わらず行動的だね!
神社に寄って宮司さんに帰りのご挨拶(*^_^*)!と思って行ったら・・・これ持っていきませんか?と一升瓶を出された。お酒のお話を聞いて有り難く頂くことにしてザックに入れ「お元気で~!」とルンルンで下山開始。下山後、お酒の説明を理解してもらえそうなお二人にお裾分けした。今日は久々に良い出会いがあった。今日も感謝!

<コースタイム>
大広手登山口08:20→9:52田代岳山頂10:03→10:30雷岳山頂→10:52八方平→11:05烏帽子岳(昼食)11:31→11:41八方平→12:05雷岳→12:25田代岳山頂12:40→14:02大広手登山口

ようやく9合目湿原だ!曇りがちだった天気も晴れて良い天気になっていた。
9goume

9合目湿原から山頂ドームを望む。青空が綺麗だ!ミツガシワの花がが余り咲いていない(>_<)
santyou3

この2人の関係は?
向かって右が私で左が宮司さん!宮司さんの高校時代の青春の1年間、私も同じ教室で一緒させていただきました。と言っても歳が違いすぎますね?懐かしいな~!お顔は全然変わっていませんでした…が、お父さんになりました。右の写真は頂いた貴重な日本酒。山仲間の2人にもお裾分けしましたが、大事に頂きます(^_^)v
santyou1santyou2

山頂から烏帽子岳を目指したが・・・大変そう!前方が雷岳で、その左奥が烏帽子岳。
kaminariebosi

烏帽子岳山頂手前の八方平のニッコウキスゲ。花はまばらにしか咲いていないがつぼみは沢山あった。来週辺りかな?写真の奥に烏帽子岳山頂が見える。
nikoukisuge

烏帽子岳山頂から雷岳と右奥に田代岳山頂。これを戻るのかと思うと気が遠くなる。積雪期の方がまだ楽だ!
ebosikara

山頂から下りの途中で9合目湿原を撮す。いつ来ても気持ちの良い風景。
9goumesitugen

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード