今日の七座山

2010年7月23日(金)
一昨日に続いて七座山へ!
鹿屋体育大学教授の山本正嘉氏の著書「登山の運動生理学百科」によると、登山のためのトレーニングは登山がベストとあった。登山をやる方にはお薦めの本!
ジョギングしていたが、登山に切り替えることに・・・っということで七座山へ!
松座登山口から山頂(権現座)まで、今日は47分40秒・・・遅い!山頂に着いた時には、ほとんど恍惚状態!ランニングハイとか、クライミングハイとかという格好良い言葉では表せない。この歳になれば恍惚状態のようなものだ・・・!何か変ですか?

松座登山口!二ツ井山の会で設置した看板が落ちていた。少しヤブを開いて見えるようにした。
松座登山口

昨年の7月に咲いていたクルマユリが、今年も咲いていた。
クルマユリ

クルマユリと同様、やはりヤマユリも咲いていた。花の部分が重く頭を垂れていた。
ヤマユリ

帰宅してシャワーを浴び、夕食を食べていたら、横っ腹が変だなーっと感じた。さわったらこんなムシがビターっとくっついていた。爪で挟んでバシー!っと引っこ抜いた。緑色の枠は1cmの方眼です。この状態でまだ生きていました。結構硬い身体してます。このムシは何だろう?ご存じの方!教えてください!あちこちのヤブを切り開いた時にどっからかシャツの下へ入ったのだろうか?長袖シャツと手袋を履いていたし、蚊やハエやアブが多く、後ろ半分にネットもかぶっていたのだが・・・?
ムシ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

cinemaと久々の七座山

2010年7月18日(日)~21日(水)
連休の18日と19日は野暮用があり、秋田市で時間をつぶすことに・・・シニアだから映画料金は1000円だから安い!5月下旬に見たマットデイモンの「グリーンゾーン」以来の映画鑑賞・・・
18日はルミエール秋田で「アデル」・・・(個人的な評価5段階で2)
その後、TOHOシネマズ秋田で「プレデターズ」・・・(個人的な評価5段階で2)
19日はルミエール秋田で「インセプション」・・・(個人的な評価5段階で5)

そして、今日(21日)は暑さの中、午後から久々に七座山へ
登山口の松座口は少しヤブになっていた。笹などを折りながら進む。蜘蛛の巣は手に持った笹で払いながら進む。
暑くて汗がポタポタ落ちる。昨年登っていた時より10分ほど長くかかり山頂に着く。汗びっしょり!水分補給は、全行程で500mlのスポーツドリンク2本。暑いのは不得意だ~!もっと高い山へ行くべきだな~!
七座山の半分ほどをぐるっと巻く道が、途中で通行止めになっていた。仁鮒から松座の登山口までは問題ない。松座登山口から旧天神荘寄りの場所らしい。いつ復旧するのだろうか?


箕座の展望台から、いつもの鷹巣方面の風景。日沿道が、この写真の右手を進み大館能代空港ICへつながれば便利なんだが・・・でも、計画さえない!
takanosuhoumen

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

再び岩木山赤倉コースへ

2010年7月13日(火)
先日の雷による撤退のリベンジということで行って来ました。山頂からの展望は最高でした!

毎日、天気をチェック!13日火曜日は日本海に弱く小さな高気圧が発生しそうだということで準備!
朝5時13分、能代市の自宅を出発。こんな早朝から散歩をする人が少なからずいる。畑で仕事をする人も・・・
秋田青森県境の白神山地には暗雲が!そして所々路面が濡れている・・・少し不安になる。
サンクス深浦関店に寄る頃には、遠く岩木山が見えホッとする。赤倉神社前に着いたら、相模ナンバーと青森ナンバーの車2台が駐車していた。
出発前にトラブル2回!準備して7時50分出発。前回と同じようにして登山道を辿る。蒸し暑い!ブナの樹林地は薄暗いが虫がいないのが幸い。伯母石でひと休みして9時出発。鬼の土俵を9時半出発。前回引き返した21番の観音様は9時46分通過。9時55分大開を通過後、木に腰掛けて休んでる方に挨拶して登り、10時21分赤倉御殿に着く。山頂がしっかりと見え、風も弱い。さっきの人が登って来て、ほぼ一緒に10時43分大鳴沢源頭に着いてミチノクコザクラを探したがまだつぼみが少しある程度だった。黒石から来た方だということだったが、花を探してあちこち歩いていたので、「お先に~!」っと言って登り始める。1550m付近の斜面にはミチノクコザクラが沢山咲いていた。
間もなく2人の方が下って行くのとすれ違う。最後の急坂を登り11時23分山頂の一等三角点に着く。
最高の展望だ!まず腹ごしらえ、岩陰でお湯を沸かしてカップラーメンとおにぎり
山頂には、8合目から来た人達だろうか?団体さんが山頂の鐘を鳴らしてバンザイをしている。青森市から来たという若い方に話しかけられて、聖観音まで赤倉コースを下るというので12時5分一緒に下る。聖観音像の前に着き、秋田県の山などについて少し話をして分かれる。赤倉御殿で展望を楽しみ13時10分下山開始。草がかぶって足元が良く見えない。慎重に下り、13時47分鬼の土俵通過。14時10分伯母石を通過。虫のいないブナの樹林帯を下って1番観音直下の赤倉神社に着いたら、小さなお堂の前におばあさんが座っていたので少し話をする。私の母と同年代と思われる。貴重な神社の話も聞いて下り、15時丁度に車に着く。
弘前へ向かい、さくら野の温泉に入り、モンベルに寄って修理に出していた登山靴を・・・っと言ったら修理は無料でした。能代の自宅には7時半頃に着き冷たいビールを

同じような内容ですが、こちらのサイトもご覧ください!・・・「山へ行こう!



山頂直下の斜面に咲いていたミチノクコザクラ。
ミチノクコザクラ


赤倉御殿から山頂方面を望む。雪が残っている所が大鳴沢源頭。下りで撮す。
赤倉御殿から山頂を望む


山頂からの展望動画。肉眼では、男鹿半島の本山(ちょっとびっくり!)、太平山、森吉山、秋田駒ヶ岳、八幡平、岩手山、早池峰山、十和田周辺の山々、青森市、夏泊半島・・・最高の展望でした。

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

岩木山(赤倉コース:雷で途中下山!)

2010年7月8日(木)
岩木山の赤倉コースには登山道上に石仏が連なっている!っということを知り、私が良く出掛ける秋田県三種町の房住山に似ているなっと思って出掛けることにした。
ところが、津軽地方は日本海にある低気圧に伴う寒気の影響ですっきりしない天気が続いていた。しびれを切らしいくらか天気の良い今日(7/8)出掛けることにした。
朝、6時過ぎ能代市の自宅を出発。国道101号線を北上。登山口の赤倉神社まで116kmあった。2時間あまりの時間を要した。鰺ヶ沢の街からは鰺ヶ沢スキー場方面に進み、岩木山環状道路に出たら左折し5.4km進み、右折して大石神社を過ぎ赤倉神社まで登る。環状道路から2km程だ。
準備して8時50分出発。神社脇の橋を渡る。参拝用の道なのか、樹林帯の中の広い緩斜面の道を登る。数分後、赤倉山神社が現れる。通過後も道の雰囲気は同じだ、更に、もう少し登ると赤倉神社の建物群が現れる。境内をおばあさんが杖を突いて歩いていたので挨拶をする。登山道は左に曲がり、神社群の左端から登りになる。石仏が登山道上に次から次へと現れる。9時50分「伯母石」(標高874m)に着いて10分ほど休み、岩が多くなった不安定な道を登りコメツガが多くなって10時30分「鬼の土俵」(標高1078m)に着く。展望が良いはずだが、ガスっていて良く見えない。少し休んで登り始める。笹藪をかき分け、更に登っていたら・・・ゴロゴロゴロガガガー・・・オットー!反射的にしゃがむ。落ち着いてから少し登ったら21番石仏があったので横で待機~!尾根の上のコメツガ群落の中・・・しばらく待機!雷は鳴り続ける。少しは予想していたが・・・どれくらい居たかは、はっきりしないが下山と判断して下る。11時8分「鬼の土俵」に戻る。雷は少し遠ざかってきたが・・・いつどうなるかわからない状況なので少し休んで下る。「伯母石」を通過して、登山口の赤倉神社には12時40分に着く。この頃には雷の音は聞こえなくなっていた。雨は降らなかった。昼のおにぎりを食べて、車のハンドルを握った。また近いうちに来よう!っと自分に言い聞かせて鰺ヶ沢の街を通過した。岩木山が霞んで山頂まで見えた。鰺ヶ沢の街はにわかに雨が落ちてきた。2時間ほどのドライブを楽しみ自宅には4時過ぎに着いた。
モンベルから「靴の修理が出来た・・無料だ!」っという電話があったようだ。

同じような内容ですが、こちらのサイトもご覧ください!・・・「山へ行こう!


写真の鳥居手前左に車を駐車。鳥居脇を登り左に曲がって進むと橋がある。
登山口赤倉神社


鳥居の左に橋の白い手すりが見える。ここで沢を越える。
橋


橋を渡って数分歩くと写真の赤倉山神社がある。
赤倉山神社


前の写真の神社から、更に緩い広い道を10分ほど登ると赤倉神社の建物群に突き当たる。突き当たったら左へ曲がって登って行くと登山道になる。小さな登山道案内の看板がある。
赤倉神社登山道入口


大きな岩と石仏群の伯母石。写真の位置の先にも岩や石仏が続く。
伯母石


標高1000mを越え台地に出ると「鬼の土俵」がある。土俵はないがこの場所の名前のようだ。この写真は下りで撮ったものなので上部の尾根が少し見える。登りでは全く見えなかった。
鬼の土俵


この写真が21番の石仏。この位置で雷の止むのを待ったが、待ちきれなかった。標高は1200mであった。ここから下山した。
21番石仏

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

登山靴修理と購入

2010年7月1日(木)
先日(6月26日)森吉山で壊れた登山靴!再度修理しました。前に剥がれたのは踵部分。今回剥がれたのはつま先の方。前回と同様の方法で修理しました。何回登山に利用出来るんでしょうか?前回修理後20回ほどは使っているので、今回もそれくらいは大丈夫かと思いますが・・・でも、超低山でしか使いません。たとえば七座山とか房住山とか・・・

コメントでご指導いただきました。ポリウレタンの底にビブラムがくっついているこんな靴で、接着剤とビスで固定しても!!!というご指摘・・・然りですm(_ _)m
正直、時々行っている七座山のトレーニングには使えるのかな?っと思っていました。・・・(>_<)
私の真似をしないようにしてください。危険です!廃棄処分が妥当かと思います。
以上、追記です。



下山に時間のかかる山はやルートの複雑な山は無理でしょう!っということで、今日ICI石井スポーツ秋田店で新しい靴を買ってきました。本当はハンワグのクラックセーフティGTXが欲しかったのですが!秋田近辺では、扱っている店は知りません。ネット上で調べても私の足のサイズは品切れです。仕方なく、今日購入したのはマインドルのバキュームGTXです。マインドルのアルタビアGTX方が良いのかと思っていたのですが在庫はありませんでした。
さあ!どこへ行こうかな?でも、この梅雨空ではなあ

踵部分に比べて少し短めのビスでとめました。接着剤はセメダインのスーパーXクリアを使用しました。この靴はKaylandのものです。
靴修理

マインドルのバキュームGTXです。この靴の人気度合いは、靴の名前で検索してネット通販の説明を見るとヨーロッパで大人気の・・・という注釈が付いています。ただ、踵を見てわかるようにワンタッチアイゼンは装着出来ません。だから冬は使えません。私は古い世代の人間ですから・・・ハンワグとかマインドル、ローバーのようなドイツの登山靴がはき慣れているのです。プラスティックブーツはスカルパを履いたことがありますが、スポルティバやガルモント、スカルパ等のイタリア製の靴は次回でしょう・・・?実は、今回修理した靴のKaylandはイタリアなんです矛盾しているな~m(_ _)m
靴購入

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

プロフィール

しょうすけ

Author:しょうすけ
長い間山歩きをしてきたけど、いささか疲れ気味。体力と気力を維持するのが当面の目標!
映画もスキー場もシニア料金の団塊世代。
右のリンクにある「山へ行こう!」のサイトもよろしくお願いします!
コメント等で激励をお願いいたしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード